医薬品 プロジェクトマネジメント セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜

  ・7月大阪開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/5/10更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

○医薬品開発に要求される実践的なマネジメントスキルとは?
○講師の長年にわたる経験から導き出した答えを, 豊富な事例と共に解説します!
○円滑に業務を進めるにあたり, 悩み・課題を解決へと導きます!

医薬品開発における
効果的なプロジェクトマネジメント

〜リスク管理・交渉スキル・グローバル対応・
コミュニケーション・チームマネジメントなど〜

講師

元 アステラス製薬株式会社 梶井寛 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
・動物薬の開発
・ライセンス業務
・臨床開発業務
・臨床Stageのプロジェクトリーダー
・臨床開発前のStageのリーダー

■専門および得意な分野・研究
・薬学修士
・MBA

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『GCP/GVP/メディカルライティング』 関連セミナー・書籍一覧へ
『GLP/研究開発/非臨床試験』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年6月12日(水) 10:00-17:00
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第2講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 本セミナーでは数多くのプロジェクトマネジメントを担当した講師が、18年間の現場経験を踏まえ、教科書的な紹介ではなく、現場の実態に即した経験に基づく対応・対処方法について紹介します。
 プロジェクトマネジメントという言葉を聞くと、タイムマネジメントやコスト管理を想像される方が多いと思います。しかし、その両ファクターはソフトの裏打ちがあって、初めてハード部分が活かされます。例えば、臨床試験(FSI)が〇週間前倒しで達成した場合、確かにこのこと自体は喜ばしいことです。しかし、実際にはpivotal 臨床試験間で、社内合意が得られなければ、半年程度の期間は瞬く間に過ぎ去り、数週間の前倒しは一瞬のうちに消し去られます。一つでもプロジェクトを経験した方なら、ハード面のスケジュール管理よりも、ソフトスキルの重要性を身に染みて感じておられることでしょう。
 その中でも、プロジェクトマネジメントにおけるコミュニケーションが最も重要と考えます。相手がこちらの考えを理解しなければ、その先の合意はありえませんし、普段の信頼関係の形成が円滑なコミュニケーション、または、タイムリーな情報共有にも繋がります。そのコミュニケーションスキル・交渉スキルの身に着け方について伝授します。
 また、早期に、プロジェクトを市場に送り出すためのスケジュール管理が重要となりますが、プロジェクトのスケジュール遅れが生じやすい要因をいくつかに分類することは可能です。その分類に沿い、遅れやすい要因を未然に防ぐことができれば、最短で承認申請にこぎつけることができます。但し、ここでも一番重要な点は、チーム内の円滑なコミュニケーション力です。どんなに高額な費用をかけてデータ管理システムを作ったとしても、個々のデータを作るのは、『人』です。懸案事項を処理する優先順位は常に変動しますし、各懸案事項が独立したものでない場合も多いです。つまり、管理システムには俯瞰的に判断する機能がないことは理解しておく必要があります。究極的には、担当者同士が、信頼関係を構築し、小さな問題で処理できるように相互扶助を働かせることが重要となります。
 プロジェクトマネジメントには、『効率性』についてよく語られます。先進国の中で、日本企業の生産性が低いと言われます。何故、日本企業の生産性が低いのか、生産性を向上させるためにはどのような対応が必要なのか、人材育成にはどのような点に注意し、どのような点を伸ばしていけばよいかについても触れていきます。

■受講後、習得できること
・リスク管理も含めた俯瞰的なプロジェクトマネジメントが可能
・実践的且つ効率的な仕事ができるようになる
・グローバル開発の極意が明らかとなる

■講演中のキーワード
・グローバルコミュニケーション
・プロジェクトスケジュール管理
・交渉スキル開発
・質問力の向上
・効率の良い仕事
・共同開発のポイント

セミナー内容

1. プロジェクトマネジメントとそのマネージャーが持つべきスキル
  ・プロジェクトマネジメントの必要性
  ・有能なプロジェクトリーダーとは?
2. タイムラインマネジメント
3. 大切な3つの視点
  ・情報の捉え方は人(部署)により変わる
4. 心の持ち方
5. 洞察力を養う
6. バイアスの排除
7. 効果的にプロジェクトを進めていく上でのコミュニケーションの重要性

  ・迅速なトラブル及びクレーム処理
8. コミュニケーション能力開発
9. KOLと良好な関係を築くためのコミュニケーション

  ・KOLは何故必要なのか?
  ・適切なKOLの選定
  ・当局への相談
10. 質問力
11. 個々の能力の見極め方
12. 依頼仕事を確実に実施してもらう
13. グローバル開発の必要性
14. グローバルビジネスにおける日本人の強みと弱みは?

  ・グローバルビジネスで生き抜く4つのスキルとは?
15. あなたのグローバル感覚は?
16. 交渉テクニック

  ・自分が決定の代替者となる
  ・相手にストレスを与えずに説得する
  ・反対給付の価値向上の具体例
17. グローバル交渉に向けて
  ・日本人は何故、グローバル環境で苦戦を強いられるのか?
  ・日本人の勘違い
  ・英語のニュアンス
18. 開発プロジェクトスケジュールが遅れる原因分類と防止法
  ・実態に合わない開発計画
  ・あまいタイムラインマネジメント
  ・コミュニケーション不足
  ・リスクの特定が曖昧
  ・合意形成に手間取る
19. 仕事の効率化
20. 人材育成の留意点

  ・企業の目的と人材育成との関係性
  ・創薬における効率の考え方
  ・MECEの概念
21. 新たに加わったプロジェクトの評価方法
22. 会議を行う際の留意点
23. チーム合意

  ・自分自身がブレないリーダーとなる
  ・合意形成で1番重要なこと
24. 共同開発の場合の合意形成方法
  ・問題解決に向けたアプローチ
25. 医薬品の市場予測
  ・既存領域と新規領域
  ・薬価算定方法
26. まとめ

<質疑応答>

セミナー番号:AA190638

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.