RPA 働き方改革 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
4月
5月
6月
7月〜

化学・電気系 その他各分野
4月
5月
6月
7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/4/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

○ロボティック・プロセス・オートメーションの導入で業務がどこまで変わるのか?
○RPAの基本と普及の背景、活用事例や導入企業の課題、
 成功するアプローチ手法など丁寧に解説します!
○実際の運用に向けて、留意すべきポイントを正しく整理しましょう!

RPA導入による真の働き方改革
〜いまさら聞けないRPAの基本から、成功・失敗企業の違いまで〜

講師

アビームコンサルティング株式会社
戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル 安部慶喜 先生
戦略ビジネスユニット シニアマネージャー 高山一樹 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【安部 慶喜 先生】
■経歴
 2000年入社。製造業、卸売業、サービス業、運輸など幅広い業種における経営改革、働き方改革、人財改革、業務改革、制度改革、デジタル改革等を支援。特にRPA領域では、グローバルの専門チームの統括責任者として、200社以上の企業に3,000体以上のロボット導入を指揮。
 日経新聞、日経産業新聞などの新聞各紙への取材記事掲載や、NHK、日経ビジネス、日経コンピュータ、週刊ダイヤモンド等の媒体への寄稿・インタビュー多数。著書『RPAの威力』『RPAの真髄』を執筆。
 その他、「プレゼンテーション」「ドキュメンテーション」の研修講師など、数多くの啓蒙・教育活動も行う。

■専門および得意な分野・研究
・経営改革(事業改革、組織改革、経営管理改革、システム統合、グループ経営改革、調達改革)
・業務改革(全社業務改革、RPA導入、シェアードサービス、チェンジマネジメント)
・戦略人事(制度改革、人材開発)
・コスト削減(間接材、物流費、人件費)
・財務・経理における改革全般(IFRS、内部統制、BPR、決算早期化、連結決算強化)

■本テーマ関連学協会での活動
一般社団法人「日本RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)協会(英文名:Robotic Process Automation Association Japan、以下日本RPA協会)」とのRPA利用実態調査の共同実施

【高山 一樹 先生】
■経歴
 外資系コンサルティング会社などを経て、2017年入社。総合商社、金融業、広告サービス業、情報サービス、製造業(自動車、化学、建機、複合機)など幅広い業種向けにおける全社業務改革(BPR、機能強化、業務集約構想等)、事業企画立案、戦略人事等を支援。最近はRPA導入プロジェクトも数多く手掛けている。
 『RPAの威力』『RPAの真髄』執筆協力。

■専門および得意な分野・研究
・経営改革(事業改革、組織改革、経営管理改革、システム統合)
・業務改革(全社業務改革、RPA導入、シェアードサービス、チェンジマネジメント)
・戦略人事(制度改革、人材開発)

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

機械学習・ディープラーニング・人工知能関連セミナー・書籍一覧
品質管理・分析関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年6月6日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 2016年頃から普及が始まったRPAは業種を問わず、大企業から中堅中小企業まで幅広く活用が普及しています。その使い方も進化し、人間では出来なかった業務を正確・スピーディーに遂行し付加価値を生む存在へと変わってきています。
 本セッションでは、 数多くのRPA全社展開を支援してきたアビームコンサルティングが、RPAの概要と普及の背景をご説明します。その上で、具体的なRPA活用事例や2018年に実施したRPA利用実態調査から分かる導入企業の課題と、成功するRPA展開のアプローチ、RPAの運用におけるポイントをご説明いたします。

■受講後、習得できること
・RPA概要及びRPAが広く普及し続けている背景についての理解
・自社でRPA活用業務を選定する際のポイント
・RPAの効果を最大化するためのアプローチ方法
・RPA展開時に検討すべき運用・統制ルールのポイント

■講演中のキーワード
・働き方改革
・直下型RPA改革
・RPA運用・統制ルール
・ロボットとの協働による新しい働き方

セミナー内容

【安部 慶喜 先生】
1.RPAの概要と普及の背景
 @ RPA(Robotic Process Automation)とは
 A 求められる生産性向上
 B 真の働き方改革
 C RPAのデモンストレーション

2.RPA市場動向調査の結果
 @ RPA導入状況の変化(業界別・企業規模別)
 A RPA本格導入における課題と各社の解決策

【高山 一樹 先生】
3.RPA導入事例
 @ 具体的なRPA活用業務事例

4.RPA展開アプローチ
 @ 直下型RPA改革と現場型RPA改善
 A 成功するRPA展開のアプローチ

5.RPA普及に伴い見えてきたリスク 〜運用統制ルール〜
 @ 運用統制ルール整備に対する課題感
 A 企画・開発に関わるポイント
 B 運用・保守に関わるポイント

6.ロボットとの協働による新しい働き方
 @ ロボットとの協働による余力の創出と担い手の最適化
 A 人間の余力を活用する方向性

<質疑応答>

セミナー番号:AA190645

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理


半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.