知財,特許,医薬品,モダリティ,ポートフォリオ,LCM,セミナー,講習会,ヘルスケア

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜

  ・7月大阪開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/5/10更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として3.5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


★低分子一辺倒の時代から、モダリティ多様化時代へ。知財戦略も時代に合わせたアップデートが必要です!
★抗体医薬、ペプチド医薬、核酸医薬、再生医療、ゲノム治療などの
モダリティ多様化に加え、AI、IoT、Xaasなど、考慮すべき要素が増加している現代における、知財戦略のポイントと問題点とは?

モダリティー多様化時代の知財戦略
〜抗体医薬、ペプチド医薬、核酸医薬、細胞医薬、再生医療、ゲノム治療、デジタルヘルス製品…次々現れる治療・予防モダリティーシフト・拡大の中で医薬・ヘルスケア分野の知財戦略はどうあるべきかを考える〜

講師

山本特許法律事務所 特許グループ 付記弁理士 博士(薬学) 駒谷剛志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
1969年 大阪生まれ
1992年 東京大学薬学部卒業(同年薬剤師国家試験合格(登録済、現漢方薬生薬認定薬剤師))
F. Hoffmann-La Roche研究員 (スイス、バーゼル) [非臨床部門、循環器系部門、皮膚科部門、感染症部門を歴任]を経て
1998年 東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程修了(博士(薬学))
同年  山本秀策特許事務所入所
2000年 弁理士登録
2004年 侵害訴訟代理付記登録
2012年 英国知財専門誌Pharmaceutical Patent Analyst Editorial Board(現任)
2012年 国際知的財産保護協会(AIPPI)特別委員会(Special Committee;現、常設委員会(Standing Committee))TRIPS部会(現任)
2013年 知的財産管理技能士登録(1級、特許)
2013年 大阪大学大学院技術アセスメントコースG-TEC2013修了(首席)
2014年 山本特許法律事務所 (改組・転籍)
2014年 大阪大学大学院ベンチャーアセスメントコースG-TEC2014修了
2014年 知的財産管理技能士登録(1級、ブランド)
2015年 同(1級、コンテンツ)
2016年 認定薬剤師登録(漢方薬生薬)
2017年 AIPE知財アナリスト認定、AIPPI常設委員会(Standing Committee)Q166(GRIP-TK委員)(現任)
    日本製薬医学会・EU PharmaTrain認定 製薬医学コース修了
    大阪大学国際医工情報センタークリニカルリサーチプロフェッショナルコース修了
2018年 UNITTライセンスアソシエート研修終了(応用)
    AIPPI TRIPS 常設委員会(SC)副委員長(Vice Chair)就任
2019年 製薬医学認定士登録

■専門および得意な分野・研究
業務:知的財産権実務(特許、特許延長登録、商標、意匠、実用新案、品種登録、微生物寄託等の出願、権利取得、中間処理、審判、訴訟(侵害訴訟含む)、外国出願、調査、コンサルタント)、デューデリジェンス、知財アナリシス、知財教育、知財関連の薬事業務調査・コンサルタント、薬事申請(FDA等)支援、研究開発コンサルタント、ベンチャー・スタートアップ支援、戦略・ポートフォリオ・ランドスケープ策定
Technology Assessment, Venture Assessment

■本テーマ関連学協会での活動
所属学会等:日本弁理士会、アジア弁理士協会(APAA)、国際知的財産保護協会(AIPPI)、日本薬学会、日本薬剤師会、米国科学振興会(AAAS)、日本知財学会、知的財産管理技能士会、日本製薬医学会、大学技術移転協議会(UNITT)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年7月12日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
医薬・医療技術産業分野ではこのところ、治療・予防モダリティーシフト・多様化の時代を迎えており、低分子一辺倒の時代から、抗体医薬、ペプチド医薬、核酸医薬、細胞医薬、再生医療、ゲノム治療と次々異なる形態の治療・予防手段が現れ、それに伴い知財戦略も変容を見せているが、Society 5.0時代になり、デジタルヘルス・未病・ヘルスケアなどの登場、そして製薬分野との複合・融合が猛スピードで促進しています。
このようなモダリティーシフト・多様化の中、これを支えるべき知財戦略は大きく変わりつつあります。モダリティー多様化時代には、従来の低分子型の医薬品知財ライフサイクルマネジメント(LCM)を行うだけでは全く不足で、今後は、抗体医薬、核酸医薬における中分子の医薬品知財LCMはもとより、デジタルヘルス、AI/IoT/XaaSなどの従来は医薬品LCMでは考慮されてこなかった他分野の知財戦略を複合させて考慮する必要があり、そのための知財戦略は、単に、AI/IoT/XaaSを含む情報・電子分野の知財戦略を移植しただけでは足りないため、ひと工夫もふた工夫も必要と考えられます。
本講演では、そのような近い将来(というより現実におきつつある)知財戦略革命の在り方を受講者の皆様と一緒に考えていければと思い、いくつものヒントとなるTipを検討し、20年後にも耐えうる知財ポートフォリオの在り方を皆様と検討したいと考えています。

■受講後、習得できること
・モダリティーシフト・多様化時代に耐えうる知財戦略
・特にデジタルヘルス時代を迎えた、製薬企業やスタートアップ・ベンチャーが備えるべき知財戦略やそれに基づく事業戦略
・モダリティーシフト・多様化時代に備えた、環境の理解

■受講対象
・製薬・医療・ヘルスケア分野の経営企画担当者
・製薬・医療・ヘルスケア分野のベンチャー起業を考えている人、ベンチャー起業者
・製薬・医療・ヘルスケア分野のアカデミア知財/産官学連携担当者で改革を起こしたい人
・製薬・医療・ヘルスケア分野の従来型の知財部からの脱却を図りたい人

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・知財法(特許法、不競法等)
・薬機法
・臨床研究法
・医療ビッグデータ法
・知財関連条約

■講演中のキーワード
知財、戦略、モダリティー、ポートフォリオ、特許、グローバル

セミナー内容

1.治療モダリティーとは
 1-1.従来型治療モダリティ 〜低分子医薬
 1-2.21世紀の第一次モダリティソフト 〜治療モダリティの変化多様化 -抗体医薬、ペプチド医薬、核酸医薬、細胞医薬、再生医療、ゲノム治療-
 1-3.Society 5.0を見据えた、第二次モダリティシフト 〜デジタルヘルスケア時代・未病段階での予防医療・健康産業

2.知財戦略論 総論
 2-1.知的財産の意義
 2-2.事業・経営戦略と知財戦略
 2-3.ランドスケープとポートフォリオ、未来予測に向けて
 2-4.モダリティーと知財戦略
 2-5.データ流通の自由化と規制 〜知財戦略に与える影響

3.モダリティー多様化時代の知財戦略
 3-1.知財戦略の基礎
 3-2.知財戦略の歴史的変遷
 3-3.現在の知財戦略が抱える問題
  3-3-1.低分子型医薬品知財LCMとIT系の知財戦略の違いから来る問題
  3-3-2.複合領域ビジネスにおける複数領域の知財戦略の違いから来る問題 〜互いが事業会社でない問題
  3-3-3.医療系の知財におけるパテントプール/標準必須特許はあるか?
  3-3-4.情報知財(データ保護権)と医療ビッグデータの問題:特許で「抑えきれない」問題をどうするか
 3-4.知財戦略における近未来対策 〜データ保護等

4.グローバル対応
 4-1.知財制度の世界的展望
 4-2.米国におけるモダリティー多様化対策
 4-3.欧州におけるモダリティー多様化対策(可能であれば、Brexit後をにらみ)
 4-4.中国・韓国・アジアにおけるモダリティー多様化対策

5.まとめ・総論

<終了後、質疑応答>

セミナー番号:AA190734

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.