危険要因 適合性確認 食品安全

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

HACCP入門編(9月10日)のみ参加↓

HACCP入門編(9月10日)/HACCP実務編(9月11日)両日参加↓

★2020年のHACCP義務化へ向けて、今何をすべきか
★食品に関わる企業の方必見のセミナーです!

2020年HACCP義務化対応セミナー 入門編

講師

関西大学 化学生命工学部 特任教授 広田鉄磨 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

1979年 ネスレ日本就職。製造と開発部門を歴任。
1999〜2001年 ネスレグローバルスタッフとしてアメリカオハイオ州のR&Dでプロジェクトマネジャー
2001〜2005年 ネスレグローバルスタッフとしてシンガポールR&Dで熱殺菌マネージャー
2005〜2010年 ネスレグローバルスタッフとしてシンガポール品質保証センターで ISO22000(のちにGFSI承認規格)導入支援マネージャー
2010〜2015年 ネスレ日本にもどり 品質保証部で二者監査、品質保証システムの構築・維持
2015年〜関西大学 化学生命工学部 特任教授 食品安全、リスクマネジメントなどを担当

■専門・得意分野
・食品安全とくにHACCP及び食品安全マネジメントシステム
・食品安全を啓蒙する団体 (一社)食品品質プロフェッショナルズを結成し 代表理事を務める
・経営と一体となった経営支援のための食品安全、経営全体からみたリスクマネジメントとしてHACCP/食品安全マネジメントシステムという立ち位置をとった理論展開に定評がある

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『化粧品・医薬部外品・食品』 関連セミナー・書籍一覧へ

9月11日 『2020年HACCP義務化対応セミナー 実務編』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2019年9月10日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階G会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
『HACCP入門編(9月10日)』のみのお申込みの場合
  1名46,440円(税込(消費税8%)、資料、昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円

『HACCP実務編(9月11日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名71,280円(税込(消費税8%)、資料、昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき60,480円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

2020年のHACCP制度化を受けて 業界ではHACCPの導入に余念がないように見えるが、誤解に基づいた 有効性には疑問符がつくHACCPが目立っている。経営資源を投入して構築するHACCPであれば そこにはかならず費用対効果の検討がしっかりとなされるものでなければならない。この講演では 投資に見合う成果をいかに上げていくのか 受講の方々に指針を提供することを主眼としている。

■受講後、習得できること 
・有効性のあるHACCPとはどのようなものかの理解
・自社で展開すべきHACCPは 費用対効果の面から 適合性確認であるべきか 認証であるべきかの理解
・人材育成は 最大の難関であるが しかし それこそが 最大の効果を上げるものであることの理解

セミナー内容

1 なぜHACCPをやらないといけないのか
1.1 日本の食品安全は巷間で信じられているほど立派なものではな い
1.2 過去の日本におけるHACCP導入の試みは全て失敗に終わった
1.3 そして後のないトライとしての今回の制度化

2 HACCPには 適合性確認でカバーできるものと 認証によるもの がある
2.1 適合性確認と認証の差
2.2 自主的な適合性確認か、監査会社(または行政)による適合性 確認か、認証会社による認証(ISO22000、SQF 、FSSC22000な ど)か?それぞれにかかる費用と 費用対効果の比較、自分の 事業所では どれがいいのかの議論

3 適合性確認または認証に向かっていくとして、準備段階で必要とさ れる資源
3.1  人的資源
3.2  設備
3.3  資金

4 何が適合性確認・認証取得の成否を分けるか
4.1 準備の進め方
4.2 コンサル、監査会社・認証会社の選び方

5 一般的なHACCPであれ、適合性確認であれ、ISO22000、SQF 、 FSSC22000など認証であれ 一番難しいのが危害要因分析
5.1 危害要因分析の失敗例
5.2 ビジュアライゼーションという考え方の紹介

6 何が適合性確認・認証の有効性確保の成否を分けるか

6.1 有効性をどこに求めるか
6.2 費用対効果を何に求めるか
6.3 費用対効果をどう計測するか

7 最後は やはり人
7.1 素養
7.2 研修:各研修機関・コースの大まかな評価
7.3 経営陣の人材育成への支援

HACCP入門編(9月10日)のみ参加↓

HACCP入門編(9月10日)/HACCP実務編(9月11日)両日参加↓

セミナー番号:AA1909A0

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.