染料 調色 色調評価

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
8月
9月
10月
11月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

*ヘアカラー製品開発において、ベース作りから色作り、色調評価まで…開発技術のノウハウお伝えします。
*過去ご好評いただいているヘア製品シリーズ。今回は“実際の開発技術”に焦点を当て、研究開発実務担当者にオススメの内容構成です!!

ヘアカラー製品の開発技術-カラー処方・色調づくり編-

講師

dkm institute 化粧品開発コンサルタント 三栖大介 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
1986年3月 大阪大学工学部工学研究科前記課程(修士)修了
1986年4月 花王株式会社入社、1991年から1999年にかけてドイツ・ゴールドウェル社に出向
2002年3月 日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)入社
2006年9月 日本ロレアル入社
2015年8月より現職(株式会社ビューティーエクスペリエンス)
一貫してヘアケア製品開発に従事、主にはヘアカラー、パーマなど。

■専門および得意な分野・研究
・有機合成化学
・ヘアカラー製品開発
・パーマネントウェーブ製品開発

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年10月4日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん6階中会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名38,000円 + 税、(資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき28,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント 
ヘアカラーの開発は多くの色調を取り扱うことの複雑さだけではなく、要素技術やノウハウを結集して作業にあたる必要がある。また、その技術やノウハウが各社固有のものとなっており、横断的に書かれた書物もないことから知識の習得もままならないのが現状である。本講座ではヘアカラーの処方や色調作りに焦点をあて、ヘアカラー技術者の方々の知識習得の助けとしたい。
■受講後、習得できること 
・ヘアカラー処方技術開発のノウハウ
・ヘアカラー色調開発のノウハウ
・ヘアカラー染料に関する知識

■講演中のキーワード
ヘアカラー開発、ヘアカラー技術、ノウハウ、色調、ヘアダイ

セミナー内容

■講演プログラム 

1.ヘアカラーの始まり
 @ ヘアカラーはいつ始まったのか
 A 古代のヘアカラーの技術
 B 中世のヘアカラー技術
 C 近代ヘアカラーの幕開け
 D 日本は鉄漿で染めていた
 E 日本のヘアカラーの歴史

2.ヘアカラーの処方作りはなぜ大変なのか
 @ 要求される性能
 A いろいろな知識が必要
 B 情報が無い
 C ヘアカラー開発のフロー
 D ヘアカラーの法規制

3.ベース作りは簡単ではない
 @ 1剤に要求される性能とは
 A 2剤に要求される性能とは
 B 安定性の要請―薬機法の要請
 C 熱力学的な考え方
 D 粘度の設定が難しい
 E 1剤2剤の混合が簡単ではない
 F 塗りやすさは大事
 G 流しやすさは意外と大事
 H コンディショニングのノウハウ

4.色作りが大事な作業
 @ 酸化染料の構造
 A 染色反応の基礎
 B インド染料って何
 C インド染料の構造と色調の関係
 D 各酸化染料の役割―メインとサブ
 E 染毛に与える要素
 F 調色―職人技なのか?
 G 調色設計―こう来るとこうやる
 H 色落ちは避けられないけど
 I 色調作りのマネージメント法

5.色調評価を怠るとよい製品は生まれない
 @ 色調評価は開発のモノサシ
 A 塗れない人は開発できません
 B 塗りのコツ
 C ΔEの落とし穴

6.アンモニアとの戦い
 @ アンモニアは臭い
 A アンモニアはなぜ臭い?
 B アンモニア臭低減技術の紹介

7.最後に
 @ 私はヘアカラー処方に向いているのかな?
 A 大筋と細かさのバランスが大事! 

セミナー番号:AA191001

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.