サイバーセキュリティ NIS指令 GDPR

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/9/11更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

*その他 機械学習・ディープラーニング・人工知能: 関連セミナー、書籍はこちら:

☆本セミナーの主な構成は以下の通りです(※詳細はプログラム項目をご参照ください)
 ●欧州NIS指令と日本のサイバーセキュリティ基本法の位置付け
 ●欧州GDPRと日本の個人情報保護法の関係 ●医療分野におけるサイバー事故事例
 ●医療機器・IoT、その他分野のサイバーセキュリティ規制動向と取り組み など。

EU加盟国における「欧州NIS指令」の現況と
「一般データ保護規則(GDPR)」
への対応策
 〜医療機器・IoTなどを対象としたサイバーセキュリティ規制動向と今後の展望〜

講師

奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域
サイバーレジリエンス構成学研究室 教授 博士(工学) 門林雄基 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
 大阪大学大型計算機センターなどを経て、平成29年より奈良先端科学技術大学院大学 教授。同年、サイバーセキュリティ分野における対策力向上を目的として「サイバーレジリエンス構成学研究室」を設立。
 この他、国立研究開発法人 情報通信研究機構においてサイバーセキュリティ国際標準化に従事し、国際電気通信連合 電気通信標準化部門において20件のサイバーセキュリティ国際標準成立に携わる。平成21年 総務省情報通信国際戦略局長表彰「情報セキュリティ促進部門」。平成24年 日本ITU協会賞 国際活動奨励賞。平成29年 日本ITU協会賞 功績賞。
 現在、独立行政法人 情報処理推進機構において、産業分野のサイバーセキュリティ人材育成を行う「産業サイバーセキュリティセンター」に構想段階から関与し、社会人を対象とした1年間の人材育成プログラムに従事している。

■専門および得意な分野・研究
サイバーセキュリティ国際標準
サイバーセキュリティ分野における人材育成
サイバーレジリエンスに関する研究開発

■本テーマ関連学協会での活動
 平成29年より2年間、欧州委員会 Horizon2020プログラムの日欧 ICT 協調課題である「サイバーセキュリティとプライバシに関する研究・イノベーション」に取り組むEUNITYプロジェクトの日本側代表を務め、政策・産業・研究の3分野での現状分析と抽出を行なった。EUNITYプロジェクトでの法制面への取り組みとして、欧州のNIS指令や一般データ保護規則(GDPR)と我が国の法制度・組織との国際比較に携わる。
 また独立行政法人 情報処理推進機構 産業サイバーセキュリティセンターにおいて、欧州のサイバーセキュリティ専門機関を訪問しての海外派遣演習を担当し、NIS指令や一般データ保護規則(GDPR)に対応した取り組みの実相についても現地専門家との意見交換を行い、産官学へのフィードバックを行なっている。

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『医療機器/体外診断薬の薬事/製造』 関連セミナー・書籍一覧へ
『海外薬事・市場・制度』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年10月7日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)1階A会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名38,000円 + 税、(資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき28,000円 + 税
 ※消費税につきまては講習会開催日当時の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 近年、個人情報漏洩やランサムウェア被害などのサイバー事故が相次いでおり、医療分野においても数多くの被害事例が報告されています。このため日欧においてサイバーセキュリティ法制ならびにプライバシ法制の整備が進められています。
 本講座ではまず、欧州NIS指令と日本のサイバーセキュリティ基本法の位置付けについて学び、日欧におけるサイバーセキュリティ法制の概要を理解します。次に、欧州GDPRと日本の個人情報保護法の関係について学び、日EU経済連携協定の下でのプライバシ法制の相互運用における残課題についても学びます。また医療分野におけるサイバー事故事例をもとに課題抽出を試みます。最後に、医療機器・IoTに対するサイバーセキュリティ規制動向について紹介し、これらに資する国内外の取り組みについて学びます。

■受講後、習得できること
・欧州NIS指令と日本のサイバーセキュリティ基本法の位置付け
・欧州GDPRと日本の個人情報保護法の関係
・医療分野におけるサイバー事故事例
・医療以外の分野におけるサイバーセキュリティ検討動向
・医療機器・IoTに対するサイバーセキュリティ規制動向と今後の展望

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・サイバーセキュリティ基本法
・個人情報保護法
・NIS指令 (DIRECTIVE (EU) 2016/1148)
・一般データ保護規則 (REGULATION (EU) 2016/679)

■講演中のキーワード
・サイバーセキュリティ庁
・インシデント報告義務
・重要インフラ
・分野別の対策ガイドライン
・IoTサイバーセキュリティ認証

セミナー内容

1. サイバーセキュリティ法制
 1.1 日欧におけるサイバーセキュリティ法制の概要
 1.2 欧州NIS指令と日本のサイバーセキュリティ基本法の位置付け
 1.3 サイバーセキュリティ庁と重要インフラ
 1.4 NIS指令におけるインシデント報告義務
 1.5 我が国におけるインシデント報告義務
 1.6 上場企業におけるインシデント報告義務
 1.7 現行法によるIoT機器メーカーの訴訟動向

2. プライバシ法制
 2.1 欧州GDPRと日本の個人情報保護法の関係
 2.2 日EU経済連携協定の下でのプライバシ法制の相互運用における残課題

3. 医療分野におけるサイバー事故
 3.1 医療分野におけるサイバー事故事例
 3.2 医療分野におけるサイバー事故事例からみる医療分野の課題
 3.3 サイバーセキュリティ担当者の人材育成
 3.4 組織と体制面での取り組み

4. 他分野における取り組み
 4.1 医療以外の分野におけるサイバーセキュリティ検討動向
 4.2 分野別の対策ガイドライン
 4.3 サイバーセキュリティ担当者の人材育成
 4.4 組織と体制面での取り組み

5. 医療機器・IoTに対するサイバーセキュリティ規制動向
 5.1 医療機器・IoTのサイバーセキュリティ向上に資する国内の取り組み
 5.2 医療機器・IoTのサイバーセキュリティ向上に資する国外の取り組み
 5.3 IoTサイバーセキュリティ認証にむけた取り組み

6. 総括と今後の展望
 6.1 規制、ガイドラインとベストプラクティス
 6.2 規制、体制、人材育成
 6.3 国際標準と地域標準
 6.4 産業競争力の強化にむけて

<質疑応答>

セミナー番号:AA191035

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.