RWD ビッグデータ セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
8月
9月
10月
11月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

「RWDなどの医療に関するビッグデータって、どのように有効活用できるの?」
「JADER、DPCデータ、NDBオープンデータ、FAERSはそれぞれどういったものなの?」
「データ活用の具体的方法や留意点を詳しく知りたい!」
という方におすすめのセミナー。
様々なビッグデータの特徴や効果的な利用方法がわかります!!

公開リアルワールドデータ(RWD)の実践的活用
〜安全性情報分析とエリア分析への応用〜

講師

MarkeTech Consulting 代表 武藤猛 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
京都大学大学院工学研究科(航空工学専攻)修了。製造メーカー、外資系コンピュータメーカー(SEおよびコンサルタント)、およびITコンサルティング会社(コンサルタント)を経て、2005年11月より独立(MarkeTech Consulting)。

■専門および得意な分野・研究
製薬企業を中心に、約25年間、コンサルティングに従事。営業・マーケティング分野の多数のコンサルティング実績がある。主なテーマは、データ分析を通じた戦略立案、業務改革の提言と実践支援、講演、営業研修。

■主な著書・論文
・「NDBオープンデータを活用した医薬品エリアマーケティング」(共著)、技術情報協会(2019年)
・「MRの生産性アップと最適配置戦略」、アンドテック社(2012年)
・「1人でできる!医師ターゲティング」(共著)、メディカル・パブリケーションズ(2008年10月)
・「地域包括ケア時代のエリアマーケティング」、ファームステージ(2018年2月号)
・このほか、Monthlyミクス、医薬経済、SASユーザ総会で多数の製薬営業&マーケティング関連論文を発表

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年10月16日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階D会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名38,000円 + 税、(資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき28,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
本講演の目的は、公開リアルワールドデータ(RWD)を製薬企業の安全情報分析とエリア分析に活用いただくノウハウを提供することです。公開RWDとして、副作用データJADERやDPCデータに加えて、2016年からはレセプトデータの集計データであるNDBオープンデータが毎年公開されています。またアメリカでは以前から膨大な副作用データFAERSが公開されています。公開データのメリットは何と言っても無償で、また利用目的に制限がないことです。JADER、FAERS、DPCデータ、NDBオープンデータについて、そのデータ加工から活用までの具体的方法や留意点を詳しく解説します。事例として、JADERとFAERSについては抗凝固薬における副作用シグナル算出法、NDBについては抗ウイルス薬のエリアマーケティング、DPCデータについては、地域医療ネットワーク、特に地域医療の中核となるハブ病院を発見し、ターゲティングの精度向上に役立てる活用事例をご説明します。最後、公開RWDのメリットと限界、市販の市場データとの使い分けについてご説明します。

■受講後、習得できること
・製薬企業で利用可能な公開リアルワールドデータの詳細を習得できます。
・JADERデータ、FAERSデータ、NDBオープンデータ、DPCデータの入手から加工および分析方法までを習得できます。
・各データの分析結果を、安全性情報分析や地域医療時代の医薬品マーケティングに具体的に活用し、MR活動を効果的にする考え方を習得できます。

■講演中のキーワード
・リアルワールドデータ
・医療ビッグデータ
・JADERデータの活用法
・FAERSデータの活用法
・NDBオープンデータの活用法
・DPCデータの活用法

セミナー内容

1.リアルワールドデータ(医療ビッグデータ)の概要
 ・公開リアルワールドデータ(RWD)の特徴と種類

2.医療情報DBと副作用DBの概要と安全性情報分析の考え方
 ・MID-NET(医療情報DB)とJADER(副作用DB)の概要
 ・JADERの入手法から分析用データの作成まで
 ・特定薬剤の副作用シグナルの考え方とその算出方法

3.副作用DB・JADERの活用事例:抗凝固薬等の安全性情報分析
 ・安全性情報分析の手順
 ・対象薬剤:抗凝固薬およびその比較薬
 ・時系列副作用シグナルの算出結果とその解釈

4.FDAの副作用DB・FAERSの概要とその活用事例
 ・FAERS Public Dashboardを活用した簡便な副作用シグナル算出方法
 ・対象薬剤:抗凝固薬およびその比較薬
 ・時系列副作用シグナルの算出結果とJADERの結果との比較

5.公開情報・データを活用したエリア分析の考え方
 ・地域医療の動向とエリア分析
 ・公開情報・データを活用したエリア分析

6.NDBオープンデータ活用事例:抗ウイルス剤のエリアマーケティング
 ・NDBオープンデータの概要
 ・データの入手法から分析用データの作成まで
 ・対象薬効領域:抗ウイルス剤(およびその詳細薬効分類領域)
 ・都道府県別エリアバリューマトリックス(AVM)の作成とその解釈

7.DPCデータ活用事例:地域医療のハブ病院の発見
 ・DPCデータの概要
 ・データの入手法から分析用データの作成まで
 ・対象薬効領域と疾患領域:血液凝固阻止剤と循環器系疾患
 ・特定都道府県を対象とした地域医療のハブ病院の発見手順と事例

8.まとめ−公開リアルワールドデータ活用のメリットと留意点
 ・公開リアルワールドデータ活用のメリットと適した分野
 ・公開リアルワールドデータの留意事項と限界

質疑応答

セミナー番号:AA191071

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.