腸内フローラ 臨床 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
10月
11月
12月
2020年1月〜

化学・電気系 その他各分野
10月
11月
12月
2020年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/10/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

「腸内フローラ(腸内細菌叢)っていったい何だろう?」
「どんな活用方法があるの?」
「構造や解析方法など詳しく知りたい!」
という方におすすめのセミナー。
腸内フローラの基礎から応用まで詳しくご説明致します!!

腸内フローラの可能性:健康維持と疾患予防
〜基礎から臨床の最新情報を探る〜

講師

東京農業大学 生命科学部 分子微生物学科 教授 薬学博士 野本康二 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
昭和54年3月 東京農工大学農学部獣医学科卒業、獣医師
(株)ヤクルト本社に入社、同・中央研究所入所
平成26年9月 (株)ヤクルト本社を定年退職
平成26年10月〜 (株)ヤクルト本社中央研究所 常勤嘱託(特別研究員)
平成29年3月 (株)ヤクルト本社を退社
平成29年4月〜 東京農業大学生命科学部分子微生物学科 教授
この間、
昭和57〜59年 九州大学生体防御医学研究所免疫部門(野本亀久雄教授)研究生
昭和63〜平成元年 科学技術庁放射線医学総合研究所薬理化学部(色田幹雄
および平成5〜6年 部長)研究生
平成元年〜4年 米国コロンビア大学癌センター、Dr. I.B.Weinstein研究室
post doctoral fellow
平成9〜11年 国立国際医療センター研究所適正開発・移転研究部
(竹田美文所長)研究生
平成17年4月〜 順天堂大学大学院プロバイオティクス研究(ヤクルト)講座
客員教授
昭和62年9月 静岡薬科大学(現 静岡県立大学薬学部)より薬学博士号
を拝受

■専門および得意な分野・研究
・ヒトおよび家畜の腸内フローラの構造ならびに機能の解析
・プロバイオティクス(シンバイオティクス)の基礎ならびに臨床的研究

■本テーマ関連学協会での活動
日本腸内細菌学会、日本細菌学会、日本感染症学会、日本食品微生物学会、International Scientific Association of Probiotics and Prebiotics

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『化粧品・医薬部外品・食品』 関連セミナー・書籍一覧へ
『GLP/研究開発/非臨床試験』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年10月25日(金) 10:00-17:00
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館5階580 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名43,000円 + 税、(資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき33,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
我々の内在性共生微生物生態系である腸内フローラの構成とその恒常性維持のメカニズムとは?この腸内フローラの恒常性の破たんが宿主の健康に与える影響や、特徴的な腸内フローラの破たんが誘導する疾患とは? 最も大きな要因と考えられている食事、特に炭水化物の役割など、について各論的にわかりやすく解説する。さらに、プロバイオティクスやプレバイオティクスの保健作用について多くの臨床研究報告を紹介するとともに、腸内フローラやプロバイオティクスの基礎・応用研究の現状と問題点、およびその解決策について解説する。
さらに、内在性の新規なプロバイオティクス菌発掘の可能性と研究開発のポイントを提言する。

■受講後、習得できること
・ 健康の維持増進における腸内フローラの効果的な制御法
・ プロバイオティクス、プレバイオティクスの潜在的な機能性に関する情報
・ 腸内フローラと腸内環境との相互作用
・ 臨床領域における腸内フローラ異常と疾患との特異的な関係
・ 新たなプロバイオティクスやプレバイオティクス、シンバイオティクス製品開発のための戦略

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・ 国内外の臨床機関のガイドライン
・ 各国の食品の保健作用表示に関する規制

■講演中のキーワード
・ 腸内フローラの構造と機能
・ 恒常性
・ 健康
・ 疾患予防
・ 作用メカニズム
・ プロバイオティクス
・ プレバイオティクス

セミナー内容

1)腸内フローラの構造
 ・腸内フローラの基本構造:数、種類、住み分け、腸管の部位による差異など

2)腸内フローラの解析方法
 ・培養法:好気培養、嫌気培養、選択培養、集密培養
 ・分子生物学的方法:次世代シークエンサーを利用した解析、定量的PCR(RT-PCR法)、FISH法、メタゲノムによる機能性解析、などの精緻な解析

3)腸内フローラの恒常性とその規定要因
 ・腸管免疫
 ・腸管上皮の統合性
 ・腸内環境:有機酸濃度、pH、腐敗産物濃度、胆汁酸
 ・様々な疾患(消化器、免疫、精神・神経系、生活習慣病など)における特徴的な腸内フローラの異常

4)栄養と腸内フローラ
 ・肥満と腸内フローラ
 ・複合炭水化物:食物繊維
 ・プレバイオティクス(各種オリゴ糖)
 ・腸内環境:腸内代謝、有機酸、腐敗産物、胆汁酸、pH

5) 腸内常在有用菌
 ・ビフィズス菌
 ・Faecalibacterium prausnitzii
 ・Akkermansia muciniphila

6) 腸内常在の日和見有害菌
 ・大腸菌、Clostridium perfringens, C. difficile、ブドウ球菌など

7)プロバイオティクス
 ・プロバイオティクスの定義
 ・プロバイオティクスの保健作用
 ・食品におけるプロバイオティクス利用の具体例
 ・プロバイオティクスの作用メカニズム:免疫調節の可能性
 ・プロバイオティクスの最近の基礎ならびに臨床研究の情報

8)臨床領域におけるプロ(シン)バイオティクスの利用
 ・消化器外科
 ・救命救急
 ・小児外科・新生児科
 ・腸管外:口腔、膣

9) 新規なプロバイオティクス開発のポイント
 ・常在性細菌の可能性と限界
 ・便微生物移植の将来性
 ・腸内定着性:colonization resistanceとは
 ・生菌と死菌:菌体成分や特異的構造
 ・適正な摂取量とは
 ・菌株特性:作用メカニズムとの関連
 ・身体状況とリンクする的確なバイオマーカー
 ・ヒト以外の動物における腸内フローラ
 ・腸内フローラによる薬物代謝

質疑応答

セミナー番号:AA191076

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.