ヘルスケア デジタル セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/9/11更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆医薬品,医療機器等の企業にとって「デジタル化」が経営にもたらす意味合いとは?
☆デジタルヘルスの潮流を体系的に理解し、戦略策定⇒実行に繋げるポイント!
☆具体的な課題も抽出の上、マーケティングの実際を解説します!

ヘルスケア業界(製薬・医療機器企業など)における
デジタル化
の進展と成果実現へのチャレンジ
〜本格的なビジネスモデル転換・収益化への道のり〜

講師

アーサー・D・リトル・ジャパン株式会社
パートナー 大原聡 先生
シニアコンサルタント 小野伊織 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【大原聡 先生】
■経歴
 アーサー・ディ・リトル(ADL)のヘルスケア・プラクティスの日本リーダー。25年以上のコンサルティング経験を持ち、ADLに勤務する以前は、グローバル戦略コンサルティングファームのパートナーを務め、国内系コンサルティング企業の設立に参画。加えて、投資銀行業務やベンチャー経営も経験。
早稲田大学政治経済学部卒業
シカゴ大学経営大学院(Booth)にてMBAを取得。

■専門および得意な分野・研究
 医薬・医療機器、消費財、素材、ICTなどの業界を担当し、全社戦略、新規事業開発、M&A、ポートフォリオ管理、組織再編、業務・システム改革などを支援。デジタル活用やイノベーション創出も手掛ける。

【小野伊織 先生】
■経歴
 アーサー・ディ・リトル(ADL)のヘルスケア・プラクティスのコアメンバー。ADLに参画する以前は、日系医療機器メーカーに勤務(事業開発部門、欧州事業責任者など)。
早稲田大学第一文学部卒業
カリフォルニア大学バークレー校 Innovation & Entrepreneurship course修了
Vlerick Business SchoolにてMBAを取得。

■専門および得意な分野・研究
 製薬・医療機器を中心としたヘルスケア業界。全社成長戦略、新規事業開発、研究開発ビジョン、マーケティング・営業改革、M&A/ライセンシングなど、幅広い分野での戦略立案から実行支援に従事。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年12月5日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・王子]北とぴあ8階802会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 ヘルスケア業界でもデジタル技術活用への取組みが加速しているが、事業収益への貢献はこれからである。デジタル化で果実を得るには、医療技術や制度などの外部要因に加え、戦略施策や業務・組織といった内部要因が整備されることが前提となる。未来環境の不確実性を踏まえた戦略方針を持ち、デジタル世界の特性にそった自社のビジネスモデルの見直しと機動的な組織体制づくりが成功の鍵となる。
 本セッションでは、医薬品・医療機器メーカーにとってデジタル化がもたらす変革機会を抽出し、メリットを享受するための要件や採るべきアクションについて考察を行う予定である。

■受講後、習得できること
・デジタルヘルスの潮流の体系的な理解
・デジタルヘルスが企業にもたらす収益機会と論点の把握
・デジタルヘルス戦略策定と実行に向けた重要視点の獲得
・デジタルヘルスの検討と推進アプローチの整理

講演中のキーワード
・デジタルヘルス 戦略
・デジタルヘルス ビジネスモデル
・ヘルスケア ソリューション
・ヘルスケア プラットフォーム
・デジタル AI

セミナー内容

1. ヘルスケア業界の構造変化の可能性
 1.1 デジタリゼーションの果たす役割
 1.2 デジタルヘルスのビジネスモデルと提供価値
 1.3 既存業務の刷新
   1.3.1 営業・マーケティングプロセスの刷新
   1.3.2 創薬・研究・開発プロセスの刷新
 1.4 新たな収益源の獲得
   1.4.1 デジタルケアソリューションの開発
   1.4.2 対象となるスコープの広がり
 1.5 医療エコシステムの形成
   1.5.1 ネットワーク型医療システムへの変化
   1.5.2 データ収集分析プラットフォームの提供

2. 進化への具体的課題と解決アプローチ
 2.1 プロダクトビジネスモデルの進化
   2.1.1 Webサイトによる顧客関係の強化
   2.1.2 RWEやウェアラブルデータの活用
 2.2 ソリューション・プラットフォームビジネスモデルの構築
   2.2.1 領域のフォーカスとベネフィットの拡張
   2.2.2 プラットフォーム開放とプラットフォーム連携
 2.3 収益化手法の確立
   2.3.1 マネタイズモデルの多様化
   2.3.2 事業性評価とリスク管理
 2.4 不確実な未来への対応
   2.4.1 シナリオプランニング
   2.4.2 EHRとPHRの将来シナリオ

3. デジタルトランスフォーメーションの実行要件
 3.1 包括的な変革の検討
 3.2 デジタル推進組織の構成
 3.3 デジタルプレイヤーとの提携
 3.4 アジャイル的なプロセス運営
 3.5 デジタル化推進のリーダーシップ

<質疑応答>

セミナー番号:AA191240

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.