臨床検査値 読み方 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆経験豊富な講師による、臨床検査値の読み方セミナー!
☆基準範囲と臨床判断値、検査項目の生体内での位置、生理的変動のメカニズムなど!
☆製薬企業・薬剤師・看護師・研究職などの方にオススメの内容です!

【体系的にポイントを解説】
臨床検査値の読み方セミナー2020

講師

昭和大学 大学院保健医療学部
昭和大学病院臨床病理診断科 教授 医学博士
福地邦彦 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
2006年〜2013年3月 臨床病理学 教授
2013年4月〜2014年3月 病理学 臨床病理診断部門 教授
2014年〜現在 昭和大学病院 臨床病理診断科 教授
2014年〜現在 昭和大学大学院 保健医療学研究科 教授

■専門および得意な分野・研究
臨床検査医学、病態医化学、臨床微生物学

■委員歴
2010年〜2014年 臨床検査医学会 臨床検査点数委員会 委員
2001年〜現在 日本臨床検査医学会 評議員
2004年〜現在 認定臨床微生物検査技師制度審議会 審議会委員
2005年〜現在 日本臨床検査標準協議会 ISO/TC212国内検討委員会委員
2012年〜現在 臨床検査医学会 利益相反委員会 委員
2013年〜現在 遺伝子分析科学認定士 試験実行委員長
2013年〜現在 日本臨床検査医学会 臨床病理編集委員会
2014年〜現在 日本臨床検査 臨床検査専門医試験委員
2016年4月〜現在 日本臨床検査医学会 臨床病理 編集委員長

■本テーマ関連学協会での活動
・微生物学会
・日本化学療法学会
・日本感染症学会
・日本臨床検査医学会

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年2月14日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・浮間舟渡]板橋区立企業活性化センター2階第1研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 臨床検査で得られるデータは客観性があり、その多くが定量値として示されるため「ある物質」の生体への影響を評価する場面で信頼を持って利用される。値であるため、効果や副反応を判定するための閾値とするカットオフ値を決めることも多い。
 薬物投与後の検査値変動を見た際、ASTが高値であれば肝ダメージがある、BUNが高値であれば、腎機能が低下している、などが推測される。一方、これらの値は上昇の程度、他の検査データとの関連を見ることで、他の理由による上昇の場合がある。これを理解する上で、広く利用されている検査項目の生体内での位置付けと異常値となるメカニズムについて理解を深めることを目的とする。

■受講後、習得できること
基準範囲と臨床判断値の意義がわかる
検査項目それぞれの代謝上の位置がわかる
検査値変動のメカニズムがわかる
検査値の中等度の変動の理由を挙げることができる

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・臨床検査のガイドラインJSLM2018

■講演中のキーワード
・基準範囲
・パニック値
・逸脱酵素
・黄疸
・偽血小板減少
・生理的変動

セミナー内容

1. 基準範囲とは。カットオフ値、臨床判断値:診断閾値、治療閾値、予防閾値の決め方。パニック値

2. 生理的変動、人為的変動、偽血小板減少

3. 異常値の出現機構:逸脱酵素として高値となるもの。器官の機能障害で異常値を示すもの。

4. 肝臓関連検査
 1) 肝臓の解剖生理学
 2) 逸脱酵素 AST, ALT, LDH などの代謝上の位置と高値となるメカニズム
 3) 肝機能低下による異常を示す、ビリルビン、アルブミン、血液凝固因子の変動メカニズム
 4) 胆道系異常を反映する検査項目:ALP, γGTP

5. 腎臓関連検査
 1) 腎臓の解剖生理学
 2) 濾過装置の異常、尿細管の異常 それぞれで変動する項目が異なる。
   血液:BUN、クレアチニン、他 尿:タンパク、β2ミクログロブリン、他
 3) BUNの軽度上昇は腎機能障害以外でも頻繁に起きる。その機構は。
 4) 尿検査の意義: 尿量、pH、比重、尿タンパク、沈渣

6. 貧血の検査
 1) 赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値、 赤血球恒数(MCV, MCH, MCHC)、血清鉄、TIBC、フェリチンによる貧血の判定
 2) 薬物による溶血の機序:血管内溶血と血管外溶血
 3) 黄疸の鑑別

<質疑応答>

セミナー番号:AA200235

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.