細胞農業 培養 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/12/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆よりコンパクトな資源循環を実現する食料生産・消費・再資源化システムとは?
☆培養肉の作り方、技術的課題、社会実装、関連業界の見通し、未来ビジョンなど!
☆第一線で活躍する講師が、詳細を丁寧に解説いたします!

「細胞農業」が描く未来と「細胞培養」技術による
「食品(人工肉)」開発・生産の最前線
〜市場予測・関連規制・技術要件・製造管理・今後の展望など〜

講師

非営利活動法人日本細胞農業協会 代表理事 博士(農学)
五十嵐圭介 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
2015年 Shojinmeat Projectに参入
2017年 東北大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 博士課程 修了
2017年 株式会社リバネス 入社
2019年 株式会社リバネス 退社
2019年 インテグリカルチャー株式会社 入社
2019年 非営利活動法人日本細胞農業協会 設立

■専門および得意な分野・研究
 博士号取得時の専門は植物分子遺伝学。イネの大量生産を目指し、ハイブリッドライス作出基盤の基礎研究を行った。食料生産の資源循環の効率化・コンパクト化がこれからの社会には必要であると感じ、細胞農業の研究の中でも中心となる培養肉の研究開発を行っている。

■本テーマ関連学協会での活動
2018年 株式会社リバネスにて小中学生向け細胞農業実験教室の講師を担当
第2回細胞農業会議(2019年3月開催)の運営
2019年 第3回アグリプラットフォームコンソーシアムミーティングにて講演
サイエンスアゴラ2019 シンポジウムのパネルディスカッション登壇

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年2月6日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・駒込]滝野川会館3階303集会室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 生物は細胞で構成されています。これまで私達人類は、生物を育てることで食料を生産するという農業活動を行ってきました。細胞農業では、生物を構成する細胞を直接増やすことで農業生産活動を行う考え方です。
 現在、世界の農業は大規模化が進み、生産地と消費地が遠く離れ、資源の移動が起こることで資源の不均一化が起きつつあります。それを解決するためには、よりコンパクトに資源が循環する食料生産・消費・再資源化のシステムが必要です。細胞農業による食料の工業的生産が実現すれば、よりコンパクトかつ持続可能な食料生産を行う社会となると考えられます。

■受講後、習得できること
・現在の農業生産が直面している課題が理解できる
・細胞農業がどのように行われるのかが理解できる
・細胞農業が関連する業界分野が見えてくる
・細胞農業が実現するにあたる課題がわかる

■講演中のキーワード
・細胞農業
・培養肉
・細胞培養
・純肉
・フォアグラ

セミナー内容

・世界の食料生産事情
・代替タンパク質による食料供給の可能性
・細胞農業とは
・培養肉の一般的な作り方
・エネルギー効率から見る細胞農業のメリット
・世界の細胞農業ベンチャーの紹介
・培養肉開発の歴史的経緯
・培養肉開発における技術的課題
・細胞農業の経済的意義
・細胞農業が消費する資源を現行農業と比較
・国内における細胞農業関連企業と社会実装の見通し
・関連する業界分野の見通し
・世界各国の法整備の現状と培養肉が社会実装されるために解決すべき課題
・ベジタリアンやヴィーガンに対する培養肉の印象
・生命倫理から見た培養細胞の捉え方
・一般市民に対する説明を行うことの意義
・消費者需要を確立するために必要と考えている認識
・細胞農業が社会実装されることで実現しうる未来のビジョン


<質疑応答>

セミナー番号:AA200249

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.