医薬品開発 GCP セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/12/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

「医薬品開発における基礎を幅広く学習したい!」
「まだ初心者なので基礎から学びたい!」
「実務を経験しているが、改めておさらいしつつ今までわからなかった所も抑えたい!」
という方におすすめのセミナー。
1日で医薬品開発に関する広範囲の領域を学習できます!!

1日で学べる医薬品開発の基礎
 〜薬機法・ICHガイドライン・治験・GCP監査・臨床研究法など幅広く解説〜

講師

MORE Medical株式会社 代表取締役社長 竹本勇一 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
1975年3月 大阪府立大学大学院(獣医学科家畜病理学)卒業
1975年4月 大日本製薬株式会社 総合研究所入社
1988年9月 同社 開発部に異動(課長補佐)
2001年6月 同社 臨床開発部 部長
2002年6月 同社 市販後調査部 部長
2005年6月 同社 開発業務部 部長
2007年10月 同社退社
2007年11月 クロノバ株式会社入社(大阪事業所長)
2008年9月  同社退社
2008年10月 MORE Medical株式会社入社(大阪事業所長)
2009年1月  同社 取締役就任
2009年12月 同社 代表取締役就任 
2019年2月  同社 現在に至る

■専門および得意な分野・研究
【基礎】
・毒性病理学
・薬物動態
【臨床】
・抗癌剤
・抗アレルギー剤
・中枢神経系薬剤

■本テーマ関連学協会での活動
製薬協の研究開発部会(トランスレーショナルリサーチ) 

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年2月7日(金) 10:30-16:30
●会場 [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館9階第2研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
医薬品開発の基礎について、1日で一通りの知識を習得できるセミナー。
導入として病気の歴史、薬の歴史について古代から現在に至る経緯を説明した後、現在の薬の開発状況を法令やガイドラインに基づいて詳しく解説する。また、あらゆる医薬品の開発に付きまとう臨床検査値の読み方についても触れたい。
全般的な知識を身に着けたい初学者はもちろん、実務者で部分的にわからないところがある方や、改めて基礎をおさらいしたい方にもおすすめの内容となっている。

■受講後、習得できること
・医薬品の歴史
・GCP、GPSP、GVP
・臨床検査値の読み方
・SOP、手順書の作り方
・モニターの心得

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・薬機法、臨床研究法

■講演中のキーワード
・くすりの歴史、医薬品、開発治験、臨床研究、モニタリング、監査、臨床検査値、
 薬機法、臨床研究法、GCP、GVP、GPSP

■過去の開催時に頂いた主なご感想
・わかりやすく、興味深い内容も多くきけたので、非常に満足させて頂きました。
・竹本先生の語り口がとてもききやすく、楽しい講義でした。ありがとうございました。

セミナー内容

1 くすりの誕生と今後の展望
 1.1 病気、薬の歴史
 1.2 薬の今後の展望

2 薬機法概論(改正により変更になる可能性あり)
 2.1 法令の構成
 2.2 薬事法の変遷
 2.3 改正薬事法(平成14年)
 2.4 医療機器の安全対策の抜本的見直し
 2.5 生物由来製品の安全確保対策の充実
 2.6 医療機関からの副作用等報告制度
 2.7 医師主導の治験
 2.8 薬機法各論
  2.8.1 薬機法の構成
  2.8.2 目的
  2.8.3 医薬品ってなに?
  2.8.4 製造販売の承認と許可
  2.8.5 医薬品の製造販売の承認を取る
  2.8.6 医薬品の安全を守る
  2.8.7 再審査と再評価
  2.8.8 オーファンドラッグ
  2.8.9 再生医療等製品

3 ICHガイドライン
 3.1 ICHとは?
 3.2 ICHの目的
 3.3 ICHの役割とガイドライン
 3.4 ICHガイドラインの構成
 3.5 臨床に関するガイドライン
 3.6 法令の構成はどうなってるの?
 3.7 臨床上の安全性
 3.8 総括報告書
 3.9 用量-反応関係
 3.10 民族的要因
 3.11 GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)
 3.12 臨床試験
 3.13 複合領域(M:Multidisciplinary)にかかわるガイドライン
 3.14 CTD(コモン・テクニカル・ドキュメント)

4 治験の流れ
 4.1 標準的な治験の流れ
 4.2 治験薬概要書(目的、記載事項など)
 4.3 治験実施計画書(記載事項など)
 4.4 治験の計画の届出(治験計画届・治験計画変更届)
 4.5 治験の依頼から終了まで
 4.6 SDV(source Data Verification) 症例報告書の記載内容を確認
 4.7 治験総括報告書(記載事項など)

5 治験概論 ―試験結果のまとめ〜申請資料作成〜承認申請―
 5.1 医薬品開発における主な資料
 5.2 症例報告書
 5.3 「原資料」とは
 5.4 症例報告書(記載内容、品質管理、記載内容の登録)
 5.5 チェックリストに基づく点検
 5.6 データの取扱い
 5.7 統計解析
 5.8 治験総括報告書
 5.9 治験薬概要書
 5.10 論文
 5.11 CTD(コモン・テクニカル・ドキュメント)

6 GCP監査とは(治験の必要性とGCP)
 6.1 GCPについて
 6.2 GCP監査
 6.3 治験データの信頼性
 6.4 GCP監査で抑えるべきポイント
 6.5 企業治験と医師主導治験の比較

7 PMS(Post Marketing Surveillance 市販後調査)
 7.1 PMSの目的および必要性
 7.2 PMSの経緯(GVP,GQP,GPSP)
 7.3 PMSの3つの制度
 7.4 対象医薬品の指定と再審査期間
 7.5 医薬品の副作用・感染症情報収集システム
 7.6 副作用等情報の伝達・提供
 7.7 GPSPの要点
 7.8 市販直後調査の手順

8 臨床研究法の概要
 8.1 制定の背景
 8.2 目的・公布
 8.3 規制区分
 8.4 対象範囲
 8.5 内容
 8.6 特定臨床研究の実施
 8.7 臨床研究法における報告

9 臨床検査について
 9.1 肝機能
 9.2 腎機能
 9.3 心電図

質疑応答

セミナー番号:AA200263

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.