晶析 セミナー 講習会 化学工学 結晶 攪拌 スケールアップ 核発生 粒径制御

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/2/14更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

★理論/考え方といった基礎的なところから晶析を一日速習!
★これから始める方、もう一度基礎から学び直したい方、おススメです!(受講対象の欄をご参照ください。)

【入門セミナー】
晶析操作における結晶品質制御法の基礎
〜抑えておくべき基礎知識から、実務で使える技術/コツまで〜

講師

新潟大学 工学部工学科化学システム工学プログラム 准教授 博士(工学) 三上貴司 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
2010年3月 早稲田大学大学院先進理工学研究科応用化学専攻博士後期課程修了・博士(工学)
2010年4月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科・助教
2013年4月 新潟大学工学部化学システム工学科・准教授
2017年4月 新潟大学工学部工学科化学システム工学プログラム・准教授(改組に伴う配置換)

■専門および得意な分野・研究
化学工学、晶析工学(特に、回分冷却晶析や反応晶析による粒径分布制御)

■本テーマ関連学協会での活動
化学工学会、分離技術会

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

化学工学関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2020年3月13日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第2講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
晶析操作の難しさは、複数の晶析現象が同時に進み、かつ結晶の性状が時々刻々と変化する中で、希望に適う品位の結晶を生産しなくてはならない点にあります。現象と品質を決める最重要因子が過飽和度であり、これを希望品質に適うように操作制御することが肝要となります。晶析操作において要求される品質基準が高まっている今、多少なりとも理論的な素養を身につけ、曲がりなりにも活用し、少しでも先を見越して前に進むことが、問題解決に至る近道となるのではないでしょうか。この講座では、結晶化現象と結晶品質制御に関する基礎知識に加えて、晶析操作を扱う上で欠かせない撹拌理論の初歩を分かりやすく丁寧に解説します。受講の際、詳しい解説文が記載された投影資料をお渡ししますので、講習後も講師の解説を思い出しながら復習することができます。

■受講後、習得できること
・晶析操作を取り扱う上で最低限必要となる基礎知識
・晶析操作における粒径分布制御の具体的な指針
・晶析操作における結晶形態制御の具体的な指針
・結晶多形現象の基礎知識と結晶多形制御の考え方
・撹拌操作とスケールアップの重要知識

■受講対象
・晶析全般の基礎知識について学びたい方、あるいは学び直したい方 ・晶析操作における粒径制御法や多形制御法に関する理論的素養を身につけたい方
・撹拌やスケールアップの基礎知識について学びたい方、あるいは学び直したい方
・晶析についてお悩みの方(お答えできる範囲でご相談を承ります。)

■講演中のキーワード
核発生、結晶成長、粒径制御、多形制御、バッチ晶析、反応晶析、撹拌、スケールアップ

講演プログラム

1.晶析操作の概要
 1-1 晶析操作の定義
 1-2 晶析操作の目的
 1-3 晶析操作の利用例
 1-4 晶析操作の長所
 1-5 晶析操作の短所
 1-6 晶析操作の原理
 1-7 晶析操作の種類
 1-8 晶析操作の方式

2.晶析基礎現象
 2-1 溶解度の熱力学的定義
 2-2 溶解度の測定法と整理法
 2-3 単純共晶系相図の読み方
 2-4 固溶体系相図の読み方
 2-5 過溶解度と準安定域
 2-6 過飽和度の表現法
 2-7 核発生の分類
 2-8 一次核発生の原理
 2-9 古典核発生理論
 2-10 二次核発生の原理
 2-11 二次核発生の対応策
 2-12 核発生速度の測定法と整理法
 2-13 結晶成長の原理@(表面拡散成長モデル)
 2-14 結晶成長の原理A(渦巻き成長モデル)
 2-15 結晶成長の原理B(境膜成長モデル)
 2-16 結晶成長速度の表現法
 2-17 結晶成長速度の測定法と整理法

3.晶析操作における粒径分布制御
 3-1 単分散化制御の要件
 3-2 制御冷却法
 3-3 シーディング法
 3-4 多段冷却法
 3-5 滴下冷却法
 3-6 交互冷却法
 3-7 制御供給法
 3-8 ダブルジェット供給法
 3-9 高分子添加法
 3-10 晶析造粒法

4.晶析操作における結晶形態制御
 4-1 結晶形態の分類
 4-2 晶相および晶癖変化
 4-3 不純物添加法
 4-4 結晶多形現象
 4-5 多形転移機構
 4-6 溶液媒介転移の原理
 4-7 シーディング法
 4-8 テンパリング法

5.撹拌とスケールアップ
 5-1 撹拌混合の作用機序
 5-2 代表的な撹拌翼
 5-3 フローパターン
 5-4 邪魔板の効果
 5-5 撹拌特性
 5-6 動力特性
 5-7 スケールアップの考え方
 5-8 スケールアップの基準

<終了後、質疑応答>

セミナー番号:AA200333

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.