リアルタイムPCR 定量PCR セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/2/14更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

★リアルタイムPCRの原理、リアルタイムPCRによる遺伝子の定量法・遺伝子発現量の解析・遺伝子タイピング等を、わかりやすく解説。


リアルタイムPCR
の原理と基礎

講師

国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 室長 理学博士 北條浩彦 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■主経歴
平成2年: 九州大学大学院医学系研究科博士課程修了、理学博士取得
平成3年〜4年: 東京大学医科学研究所、助手
平成4年〜9年: アメリカ合衆国国立衛生研究所(NIH)、国立ガン研究所(NCI)、研究員
平成9年〜14年:東京大学大学院医学系研究科、人類遺伝学教室、助手
平成14年〜現在:国立精神・神経医療研究センター、神経研究所、室長

■専門・得意分野
ヒトを含めた哺乳動物の機能性RNA(マイクロRNA、siRNA(RNAi))の研究

■本テーマに関わる主要著書
・北條浩彦 (2018) PCRを用いた遺伝子の定量法.ぶんせき 524: 308-314.
・原理からよくわかるリアルタイムPCR完全実験ガイド(編集:北條浩彦)、2013、羊土社、(東京).
・リアルタイムPCR実験ガイド(編集:北條浩彦)、2008、羊土社、(東京).

■本テーマ関連の専門学会・協会・団体活動等
日本分子生物学会、日本人類遺伝学会、アメリカ人類遺伝学会、Oligonucleotide Therapeutic Society(OTS)

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『GLP/研究開発/非臨床試験』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2020年3月12日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第1グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 リアルタイムPCRは、「定量PCR」とも呼ばれる遺伝子(遺伝情報)の量を測る技術です。複雑な生命体の設計図である遺伝子(遺伝情報)の量をどうやって測るのか?
 本講座では、遺伝子(遺伝情報)の物質としての理解からその検出原理、そして量的な測定までの一連の流れに沿って各段階を詳しく解説いたします。

■受講後、習得できること
・物質としての遺伝情報の理解
・PCRの原理(目的の遺伝情報を増やせるメカニズムの理解)
・リアルタイムPCRの理解(遺伝情報の量的な解析の理解)
・リアルタイムPCRの長所と短所の理解

セミナー内容

■講演プログラム

1.生命の設計図、遺伝情報について
 1.1 セントラルドグマ(遺伝情報の流れ)とは
 1.2 核酸の構造、その1:DNA
 1.3 核酸の構造、その2:RNA
 1.4 DNAの複製
 1.5 RNAの転写

2.PCRの原理
 2.1 遺伝子解析にはクローン化(コピー化)が必要
 2.2 遺伝情報のクローン化方法(イーコーライさんにお願いする?しない?)
 2.3 デート中に思いついたDNA増幅法
 2.4 PCRの普及に温泉が関与?!

3.リアルタイムPCRの原理
 3.1 リアルタイムPCRは増幅過程を測定する
 3.2 増幅しているDNAを見えるか(可視化)
 3.3 増幅過程のDNA、大事な(意味のある)部分は何処?
 3.4 リアルタイムPCRの重要なキーワード「Ct値」って何?
 3.5 鋳型DNAの濃度が変わると、Ct値はどうなる?

4.リアルタイムPCRによる遺伝子の定量法
 4.1 検量線を使った定量法
 4.2 ΔΔCt法を使った定量法
  4.2.1 Δって何?
  4.2.2 ハウスキーピング遺伝子とは
  4.2.3 ΔΔCt法を用いる場合の条件(鉄則)
  4.2.4 ΔΔCt法による遺伝子発現量の相対定量

5.リアルタイムPCRによる遺伝子発現量の解析
 5.1 メッセンジャーRNAの発現量を測定したい
 5.2 マイクロRNAの発現量を測定したい
 5.3 遺伝子発現量解析で注意するポイント(リアルタイムPCRの限界)

6.リアルタイムPCRを用いた遺伝子タイピング
 6.1 対立遺伝子とは、病気になりやすい遺伝子を持っている?持っていない?
 6.2 リアルタイムPCRを用いた遺伝子タイピング

(質疑応答)

セミナー番号:AA200366

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.