医療機器 IVD QMS

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
4月
5月
6月
7月〜

化学・電気系 その他各分野
4月
5月
6月
7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/3/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆品質マネジメントシステム構築に向けた「QMS省令」のポイントを徹底的に整理!
☆薬機法改正の影響など、旬な話題も含めて、分かり易く解説します!
☆実務経験が浅いご担当者様も、安心してご参加ください!

医療機器・体外診断用医薬品における
新QMS省令の具体的な解釈と実践
QMSの具体的な要求事項,組織・管理体制,設計管理,リスク管理,
バリデーション,適合性調査他
 ISO13485:2016との関連性を踏まえ運用の実際を解説。

講師

公益財団法人ふじのくに医療城下町推進機構
ファルマバレーセンター 事業推進部 技術コーディネータ
神谷千寿 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
1. 1974年テルモ株式会社入社
2.国内工場に於いて医療機器の開発,生産技術,品質保証(品質保証責任者)と医療機器の開発から商品化までの一貫した業務を担当。又本社品質保証部において医療機器,医薬品の品質保証を担当。
3.その後、中国での医療機器生産拠点の責任者として工場建設,品質・技術基盤構築,拡大,運営,現地販売促進に
取り組む。帰任後、国内工場に於いて血液バックのベトナム生産拠点の設立、体制整備支援に取り組む。
2016年9月退社。
4.現在、公益財団法人ふじのくに医療城下町推進機構 ファルマバレーセンターに於いて、中小企業の医療機器事業化コーディネートと関連セミナーの講師を担当している。

■専門および得意な分野・研究
医療機器の製品開発,品質保証
医療機器生産工場の建設,立上げ,運営
医療機器各国規制

■本テーマ関連学協会での活動
医療機器産業参入セミナー講師(静岡県,山口県)
医療機器事業化セミナー講師(静岡県)
医療機器事業化セミナー講師(長野県)

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『医療機器/体外診断薬の薬事/製造』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2020年4月24日(金) 12:30-16:30
●会場  [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館 10階第1会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■受講対象者様
・医療機器事業分野への新規参入
・製造業・製造販売業の取得検討(業許可申請)
・医療機器の設計及び開発部門
・品質保証/品質管理部門 など
 ※同対象以外に、情報収集といったお客様のご参加も大歓迎です。

■講座のポイント
 本講座では、QMS(品質管理システム)の実務経験のない受講者の方にも、QMSについて、具体的事例に基づきわかりやすく解説いたします。
又、その際の各要求事項については、ISO13485::2016との比較を交えながら解説する構成としております。
 特に医療機器分野への新規参入企業の方々には聞きなれない「設計管理システム」,「リスクマネジメント」に関しては、体制構築に必要な要求内容,考え方,手順の詳細を具体例に沿って説明いたします。
 又、適合性調査についても過去の 指摘事例集をもとに何が問題であり指摘となったのか、又どのようにしたら指摘を受けなくなるのかをお話しいたします。

■受講後、習得できること
・医療機器・体外診断用医薬品における新QMS省令の体系的な理解
・新QMS省令の具体的な解釈と対応
・医療機器の設計管理,リスクマネジメントの運用(具体的事例)
・新QMS省令とISO13485:2016との比較
・薬機法改正の影響

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・厚生労働省令169号 医療機器及び対外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令(QMS省令)
・厚生労働省令第135号 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品の製造販売後安全管理の基準に関する省令(GVP省令)
・ISO 14971:2019 医療機器リスクマネジメント
・ISO 13485:2016 医療機器品質管理システム

■講演中のキーワード
・QMS
・ISO13485
・QMS適合性調査
・設計開発管理
・リスクマネジメント
・バリデーション

セミナー内容

1.はじめに
 1.1 医療機器と一般商品の違い
 1.2 医療機器に関する法律・規制の概要

2. QMSの基礎知識
 2.1 QMS省令の背景と目的
 2.2 QMS省令の構成
 2.2 QMSはなぜ必要?
 2.3 QMSの適用範囲
  (医療機器、体外診断用医薬品の品質と安全性確保の為、製品のライフサイクルをカバー)
 2.4 必要な組織と人員
   2.4.1 各責任者の役割
   2.4.2 各責任者の兼務

3. QMS省令の全体構成(要求事項)
 3.1 第2章 医療機器等の製造管理及び品質管理に係る基本的要求事項
 3.2 第3章 医療機器等の製造管理及び品質管理に係る追加的要求事項

4. QMSの要求事項と運用の実際
 4.1 第2章 医療機器等の製造管理及び品質管理に係る基本的要求事項
  ISO13485:2016との関連性を踏まえ運用の実際を解説
   4.1.1 第1節 適用
   4.1.2 第2節 品質管理監督システム
   4.1.3 第3節 管理監督者の責任
   4.1.4 第4節 資源の監督管理
   4.1.5 第5節 製品実現計画
   4.1.6 第6節 測定,分析及び改善
 4.2 第3章 医療機器等の製造管理及び品質管理に係る追加的要求事項
   4.2.1 第65条 登録製造所の品質管理監督システム
   4.2.2 第67条 品質管理監督文書の保管期限
   4.2.3 第68条 記録の保管期限
   4.2.4 第70条 製造販売後安全管理基準との関係

5.QMS体制構築のステップ
 5.1 QMS体制構築の流れ
 5.2 今すぐできること(意識の変換)
 5.3 経営者(トップ)に課せられた責任と役割
 5.4 作成すべきルール(基準書,手順書)を知る
 5.5 QMSに係る文書体系を決める
 5.6 作成/保管すべき記録を知る
 5.7 QMS組織を構築する
 5.8 QMS組織の登場人物の役割と権限の整理
  具体的に誰が何を承認するのかが重要
 5.9 文書管理基準・手順等の作成
  先ず品質マニュアル、文書管理基準書等、主な文書を、機能別に作成

6.適合性調査での指摘事例とその対応

7.その他
 7.1 薬機法改正の影響
 7.2 事業化事例の紹介
  医療機器の事業化のためには、QMS体制構築が必須

<質疑応答>

セミナー番号:AA200446

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.