老化物質 AGEs セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
6月
7月
8月
9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/29更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

@:抗糖化研究の最新情報、血糖値や糖化最終生成物(AGEs)の測定方法!
A:糖化による老化・疾患の発症メカニズム、抗糖化素材の探索!
B:ヒト臨床試験による有用性評価法、産学連携による製品開発事例など!
 →詳細はプログラム項目をご参照ください。

【皮膚AGEs測定実習を含む】
糖化ストレス研究の最新情報と
抗糖化食品・化粧品開発
への応用展開
〜老化原因物質AGEsの基礎からアンチエイジング製品の開発・臨床評価事例まで〜

講師

同志社大学
生命医科学部 糖化ストレス研究センター
チェア・プロフェッサー教授 農学博士
八木雅之 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
京都工芸繊維大学繊維学部卒業。
京都工芸繊維大学大学院繊維学研究科修士課程修了。
京都府立大学大学院農学研究科博士課程修了。
1990〜1992年:株式会社ワイエムシィ研究部にてHPLCカラムの分析アプリケーション開発を担当。
1992年〜2011年:アークレイ株式会社の研究開発部門および新規事業部門にて、糖化アミノ酸分解酵素を使ったHbA1c測定試薬、糖尿病患者向け健康食品や化粧品、抗糖化食品素材、混合ハーブエキス「AGハーブMIX」の研究開発などを担当。
2011年〜2015年:同志社大学大学院生命医科学研究科糖化ストレス研究センター講師を経て准教授。糖化のメカニズム、抗糖化素材に関する研究、産学連携研究を展開。
2015年〜2016年:エイキット株式会社生命医科学検査センターゼネラルマネージャー、糖化ストレス研究所所長。食品・化粧品等の抗糖化作用評価を中心としたin vitro評価試験やヒト臨床試験等の受託サービス事業を統括。
2016年〜現在:同志社大学生命医科学部 糖化ストレス研究センター教授。糖化ストレス測定、抗糖化素材の機能性に関する研究、抗糖化作用の産学連携研究、「糖化は老化」をキーワードに抗糖化に関する情報を発信している。

■専門および得意な分野・研究
・糖化の生体影響、抗糖化作用の測定評価に関する研究
・抗糖化素材・製品の研究開発
・アンチエイジング医学に関する研究
・クロマトグラフィーによる分離分析

■本テーマ関連学協会での活動
・日本抗加齢医学会 評議員
・糖化ストレス研究会 理事
・日本ハーブ療法研究会 世話人

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年8月18日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第1特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 近年、健康・美容分野では糖化ストレスの抑制を訴求する機能性表示食品や指定医薬部外品が登場し、抗糖化が必須効能になってきた。さらに皮膚AGEs測定機が複数登場し、体の糖化度評価が身近になった。
 本セミナーでは抗糖化研究の最新情報、血糖値や糖化最終生成物(AGEs)の測定法、糖化よる老化や疾患の発症メカニズム、抗糖化素材の探索法、ヒト臨床試験による有用性評価法、産学連携による抗糖化製品開発・評価事例などを解説・紹介する。
 さらに数機種の皮膚AGEs測定機を使って、各機種の操作法、測定値、測定意義の違いなどを実習する。

■受講後、習得できること
・糖化ストレスやAGEsが老化や疾患に及ぼす影響
・皮膚AGEs測定機による測定データの評価法
・抗糖化の機能性訴求に向けたin vitro試験および臨床評価試験のポイント
・抗糖化研究および市場の最新情報と抗糖化の今後の展望

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・機能性表示食品制度
・人を対象とする医学系研究に関する倫理指針ガイダンス

■講演中のキーワード
・糖化ストレス
・AGEs測定
・血糖値
・抗糖化
・アンチエイジング

セミナー内容

1. 抗糖化の認知
 @化粧品・食品
 Aマスコミ情報
 B糖化の認知度

2. 糖化ストレスとAGEs
 @糖化ストレスとAGEs
 A生体内糖化反応
 BAGEs受容体
 C食品中AGEs(外因性AGEs)

3. 糖化ストレスの測定と評価法
 @血糖値(自己測定)
 A血中糖化タンパクおよび糖化反応中間体
 B血中AGEs
 C角層中AGEs(テープストリップ法)
 D角層中OPH活性測定(テープストリップ法)
 E食品中AGEs(外因性AGEs)

4. 【実習】皮膚中AGEs測定
 @皮膚中AGEs蓄積量の測定法の解説
 A前腕部の皮膚中AGEs蓄積量測定
 B指先の皮膚中AGEs蓄積量測定
 C実習で測定した結果解析

5. 糖化ストレスが関与する疾患と老化

 @糖尿病合併症、動脈硬化、骨粗鬆症などの疾患
 A皮膚老化、見た目の老化

6. 糖化ストレス抑制作用試験法
 @糖化ストレスを抑制するには
 A抗糖化in vitro試験
 Bヒトを対象とする臨床試験

7. 糖化ストレス対策素材と課題
 @食後高血糖抑制作用素材
 AAGEs生成抑制作用素材
 BAGEs架橋切断作用素材
 COPH活性増強作用素材
 D抗糖化作用物質の注意点

8. 産学連携による抗糖化製品の開発事例(5例程度)
 @食後高血糖抑制作用を有する製品
 AAGEsの生成抑制作用を有する製品
 BAGEs分解促進作用を有する製品

9. 今後期待される糖化ストレス対策のポイントと市場展開

<質疑応答>

セミナー番号:AA200834

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化粧品処方

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.