機械図面 読み方 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/7/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆JIS製図ルールの基本、図面中の注記や記号の意味・使い方など!
☆設計製図に必要な「図解力」を身に付けるための「超入門カリキュラム」です!
☆実務経験・講演実績の豊富な講師ですので、安心してご参加ください!

知識ゼロからはじめる!
機械図面の読み方【入門研修:演習付】

〜設計製図LEVEL00〜

講師

Material工房・テクノフレキス 代表
長野県南信工科短期大学校 非常勤講師
南箕輪村キャリア教育推進協議会 委員(非常勤職員)
藤崎淳子 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
 長野県上伊那郡在住の設計者。
 1980年代より、工作機械・工具販売商社、樹脂材料・加工品商社、プレス金型メーカー、基板実装メーカーなどの勤務経験を経てモノづくりの知識を深める。
 紆余(うよ)曲折の末、2006年にMaterial工房・テクノフレキスを開業。
 現在も、従業員は自分だけの「一人ファブレス」看板に、現場打ち合せ、設計、部品加工手配、組み立て、納品を一人でこなす。
 数ある加工手段の中で、特にフライス盤とマシニングセンタ加工の世界にドラマを感じており、切削加工の魅力をもっと多くの人へ伝えたいと考えている。
 また、「ママさん設計者シリーズ」と称した、モノづくり初心者にやさしい技術コラムの執筆と、製造現場に向けた次世代モノづくり人材育成活動として、3Dツールを活用した一気通貫モノづくりの講習を行っている。

Material工房・テクノフレキス
http://www.techno-flexis.com/

【WEB媒体での執筆一覧】
http://www.techno-flexis.com/category13/

【講習実績】
2017年5月 新しい3D統合ツールFusion360概要セミナー (富山県高岡市)
2017年10月 3D CADによるデジタルモノづくり講座 (南箕輪中学校 科学技術部)
http://www.vill.minamiminowa.nagano.jp/site/shigoto/handosupinaa.html
https://ina-dani.net/topics/detail/?id=49949
2017年10月〜2018年2月 3DCADと基板CADによるエレメカ一気通貫講座
(長野県工業技術総合センター)
2018年5月 Fusion360によるデジタルモノづくり講座 (上田千曲高等学校 機械科)
2018年7月 AUTODESK社オンラインセミナー「Fusion360×EAGLEの連携基礎講座」
2018年8月〜9月 Fusion360による一気通貫実践授業16コマ(長野県南信工科短期大学校)
2018年9月 Fusion360基礎講座 (浜松地域イノベーション推進機構)
2018年9月 ITmediaバーチャルEXPO2018秋 メカ設計部門 切削実演講習
2019年1月 技術研修会「3次元ツール基礎セミナー」(長野県上伊那産業振興会) 
2019年1月 Fusion360基礎講座 (浜松地域イノベーション推進機構)全2回
2019年1月〜2月 製造現場のための3Dツール活用基礎講座 全2回
(群馬県両毛ものづくりネットワーク)
2019年2月 Raspberry PiとFiotによるカンタンIoT講習&ワークショップ
(浜松地域ノベーション推進機構)全2回
2019年2月 Fusion360による現場実務的CAD/CAM授業(長野県南信工科短期大学校)
2019年6月〜9月 Fusion360による一気通貫実践授業18コマ
(長野県南信工科短期大学校) 
2019年7月 Fusion360による設計製造一気通貫基礎 全5回
(豊橋市中小企業人材育成支援研修)
2019年8月 3Dツールを使ったカンタンものづくり体験講座(金沢大学)
2019年8月〜9月 Fusion360による設計製造一気通貫基礎講座 全3回(関東精密)
2019年10月 Fusion360による設計製造一気通貫基礎 全5回(上伊那産業振興会)
2019年11月〜12月 デジタルものづくり基礎講座 全4回
(浜松地域イノベーション推進機構)
2019年11月〜12月 Fusion360による設計製造一気通貫基礎講座 全3回(大塚鉄工所)
2020年1月 設計製図LEVEL00 (日刊工業新聞社 名古屋支社)
2020年2月 設計製図LEVEL00 (東京都内2箇所)
この他、工作機械メーカー、部品加工メーカーにおける社内研修の実績あり。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年8月21日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第1特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」

※新型コロナウイルスの感染防止の一環として昼食の配布は中止させて頂きます。
 尚、受講料につきましては下記より、1,100円(税込)差引致します。
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 近年、3DCADによる設計製造プロセスの合理化が進められています。
 大抵の3DCADには、作成した3Dモデルから2次元図面を作成する機能が備わっているため、昔に比べて製図作業は楽になってきていると言えます。
 しかし、単に3Dモデルを2次元化しただけでは、図面とは呼べません。
 図面とは、設計者の意図を伝える手段ですから、製造に必要な情報を的確に指示しなくてはなりません。
 また、図面には、投影図以外にも形状を表すためのさまざまな記号や注記が散りばめられており、その使い方にも決まりがあります。図面を正しく読むためには、まず正しい製図の作法を知っておく必要があるのです。
 本講座は、知識ゼロの方や製図のルールを一から学び直したい方に向けて、実務でよく用いられるJIS製図の作法を解説しながら、基本的な“図解力”を身につけていただく超入門カリキュラムです。

■受講後、習得できること
・JIS製図ルールの基本。
・図面に描かれている注記や記号の意味と、その使い方。
・紙図面を見て立体形状をイメージできるようになる。

■講演中のキーワード
・図面の読み方
・JIS製図
・3DCAD
・設計
・製造

セミナー内容

1. 図面とはなに?
  ・ものづくりにおける図面の役割を理解する

2. 実力診断テスト1(○×クイズ)
  ・現状の知識を○×クイズで確認する

3. 図面の決まりごとを知る
  ・JIS製図ルールの基本的概念を知る
  ・用紙サイズと尺度
  ・表題欄の見方
  ・図面に描かれているさまざまな要素の意味を理解する

4. 投影図から形状をイメージする
  ・立体を平面に表現する「投影法」を理解する。
  ・第一角法と第三角法の違い
  ・投影図から形状を読み取るトレーニング

5. 図面に描かれている注記や記号の意味を知る

  ・寸法補助記号の意味を理解する
  ・特殊記号の意味を理解する

6. 演習問題
  ・フリーハンドによる立体図と平面図の作成

7. 実力診断テスト2(○×クイズ)
  ・講習によって習得した知識を冒頭と同じ○×クイズで確認する

8. 質疑応答

セミナー番号:AA200835

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.