ヘルスケア DX セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
6月
7月
8月
9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/29更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

市場ニーズ、法規制、ビジネス・フローなどを含めて、重要ポイントを詳説いたします!
 @薬機法などを踏まえたユーザー要件とシステム要件の洗い出し
 Aセキュリティ対策 BUI設計を踏まえた開発 Cユーザー体験(UX)の構築
 D導入から利用継続までの運用サイクル構築 など!

ヘルスケアビジネスにおける
デジタル・トランスフォーメーション(DX)対応
〜サービスの立ち上げから実際の開発・運用に至るまで〜

講師

株式会社メディエイド
代表取締役社長CEO
矢島弘士 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
1996年 東京工業大学電気電子工学科卒業
1998年 東京工業大学大学院理工学研究科電子物理工学専攻修士課程修了
日本電信電話(株)アクセスサービスシステム研究所、(株)野村総合研究所、スプリームシステム(株)を経て、2009年に株式会社メディエイドに入社。
株式会社メディエイドに入社以来、がん患者SNS「ライフパレット」の企画・運用を行う一方で、様々なヘルスケア領域におけるシステム案件の企画フェーズからシステム構築・運用にいたるプロジェクト・マネージャーや、コンサルティング活動などを行ってきた。2017年には、これまで蓄積したノウハウを活用し、自社のPHRコミュニケーション・プラットフォーム「パレット」の企画から立ち上げ、その拡大を行ってきた。2016年より取締役COO、2019年より代表取締役社長CEOに就任。
また2020年4月には、ヘルスケア領域において、これまで株式会社メディエイドで構築をしてきた自社プラットフォームに依存をする形ではなく、より幅広い企業などにデジタル・トランスフォーメーション(DX)の企画・構築の支援をするために株式会社Uh-m(ウーム)も立ち上げ、DX支援コンサルティング活動を幅広く行う。

■専門および得意な分野・研究
ヘルスケア領域におけるデジタルを活用した様々なヘルスケア・サービスの企画やシステム開発

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年9月3日(木) 12:30-16:30
●会場 都内近郊の会場を予定 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 ヘルスケア領域におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)によって、様々なデジタル技術を活用したサービス立ち上げの機会が増えてきていると考えています。デジタル技術を活用したサービスを立ち上げるにあたっては、様々なデジタル技術を中心に据えて考えるのではなく、市場ニーズからサービス概要を描き、そのサービスを実現するビジネス・フローを詳細化し、そのビジネス・フローとデジタル技術を「融合」させていくことが重要であると考えています。その「融合」の中でユーザー視点と技術視点、さらには法的な面からの担保が必要となります。
 そのようなことも踏まえてヘルスケア領域におけるDXでは、@薬機法などの法的な視点を踏まえたビジネス・フロー作成によるユーザー要件とシステム要件の洗い出し、A機微情報を扱うシステムであるということを踏まえたセキュリティ対策、B患者および医療従事者等が利用してもらえるようなUI設計を踏まえた開発が必要になると考えています。また実際にサービスが利用され、ヘルスケア・アプリを活用した事業が回るようにするためには、C利用者がシステムを利用してもらうまでのユーザー体験(UX)の構築、D利用ログを活用した現状把握と対策といった導入から利用継続までの運用サイクルの構築も必要となってきます。
 本講座では、ヘルスケア領域における変化とデジタル技術の変遷、そのような変化の中で生まれてきた様々なヘルスケア領域におけるデジタル・サービスなどを取り上げつつ、具体的にヘルスケア領域におけるシステムを開発する際に考慮すべきポイント、そして具体的な開発プロセスなどをご紹介します。

■受講後、習得できること
・ヘルスケア領域における概要
・ヘルスケア領域におけるデジタル技術の動向
・ヘルスケア領域におけるデジタル・サービス開発の実際

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・医療情報ガイドライン(3省3ガイドライン)
・医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)

■講演中のキーワード
・デジタル・トランスフォーメーション(DX)
・デジタルヘルスケア
・モバイルヘルス
・PHR(Personal Health Record)
・医療情報ガイドライン(3省3ガイドライン)

セミナー内容

1. ヘルスケア領域における概要

2. ヘルスケア領域におけるデジタル技術の動向

3. 関連法規制・ガイドライン
 3.1 医療情報ガイドライン(3省3ガイドライン)
 3.2 薬機法
 3.3 改正個人情報保護法

4. デジタル・トランスフォーメーション構築のポイント

5. ヘルスケア領域におけるシステム開発のポイント
 5.1 ビジネス・スキーム
 5.2 ビジネス・フロー設計
 5.3 ユーザー要件とシステム化要件
 5.4 ソフトウェア設計
 5.5 UI設計
 5.6 セキュリティ設計
 5.7 開発・試験
 5.8 システムリリース
 5.9 利用者への告知・拡大
 5.10 利用者フォロー

6. まとめ

<質疑応答>

セミナー番号:AA2009J5

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化粧品処方

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.