バイオ医薬品 CDMO セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/10/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆委受託サービスの全体像・CDMO選定のポイント・技術移転時の注意事項など!
☆第一線の現場で活躍する講師が、分かりやすく解説いたします!

バイオ医薬品原薬製造委託をより活用頂くために
CDMOとの協業・リスク管理〜

講師

AGC株式会社
千葉工場 医薬品部 バイオ医薬課 課長
宮田雄一郎 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
【学歴】
2006年 東北大学 工学部 生物化学工学科卒業
2008年 東北大学大学院 工学研究科 バイオ工学 博士課程前期修了
【職歴】
2008年 キリンファーマ株式会社 (現 協和キリン株式会社) 製造本部 生産技術研究所 製品開発
担当にて抗体開発品のダウンストリームプロセス開発業務 (技術移転元) に従事
2011年 協和発酵キリン株式会社 (現 協和キリン株式会社) 生産本部 バイオ生産技術研究所
GMP製造グループ(現:高崎工場)に異動 大スケールの抗体原薬製造の生産管理 (技術移転先) に従事
2018年 AGC株式会社 化学品カンパニー ライフサイエンス事業本部 AGCバイオロジクス
プロジェクトマネジメントグループに転職。受託プロジェクトのマネジメント業務に従事
2019年 AGC株式会社 千葉工場 医薬品部 バイオ医薬課 へ異動。動物細胞生産設備の立ち上
げプロジェクトに従事
2020年 AGC株式会社 千葉工場 医薬品部 バイオ医薬課 課長として バイオ医薬品原薬製造現
場の製造監理ならびに技術営業に従事
現在に至る

■専門および得意な分野・研究
・タンパク質工学
・カラムクロマトグラフィ―による分離精製
(特にProtein Aアフィニティークロマトグラフィー、及びイオン交換クロマトグラフィー)
・タンパク質溶液のろ過 (限外ろ過、および精密ろ過)
・バイオ医薬品製造工程におけるウイルス関連規制
・CHO細胞を用いた抗体製造プロセスの大スケール製造
・シングルユース技術

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年12月8日(火) 13:00-16:00
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第4講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名36,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき25,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 医薬品業界は引き続き再編と構造改革の最中にある。新薬開発を目指す企業は、創薬力を磨くため研究開発へリソースを集中すると言われており、当社バイオ医薬品原薬受託製造事業 (CDMO) への問い合わせ数の増加はその見立てを裏付ける。一方で委受託は基本的に個別サービスであり、また製造の課題対応など調整要素が多く、迷いや煩わしさという点で負担感が小さいとはいえない。サービスを提供する側とサービスを享受する側の相互理解を進める目的で本講座を設けさせて頂き、技術移転およびプロセス開発に必要なリソースの最小化を狙い、ストレスの少ない委受託に繋がることを期待している。聴講対象は、バイオ医薬品原薬CDMOとの協業経験の少ない、調達や購買担当の方や技術移転元になりうるプロセス開発担当の方を想定する。

■受講後、習得できること
・バイオ医薬品原薬の委受託サービス(CDMO)の、おおよその全体感をつかむことができる
・CDMO選定の際に配慮すべきポイントを理解することができる
・技術移転元/移転先の両岸からプロジェクトを見据えることができる
・技術移転時に注意すべきポイントの幾つかを理解することができる

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・Contract Manufacturing Arrangements for Drugs: Quality Agreements Guidance for Industry, FDA (2016)

■講演中のキーワード
・バイオ医薬品
・原薬
・タンパク質
・委託
・受託
・培養
・精製
・技術移管
・技術移転

セミナー内容

1. バイオ医薬品原薬の委受託製造サービス概要について
2. 標準的なプロジェクトスケジュール
3. プロジェクト進行について

  ・ 受託契約前
  ・ 受託契約後から初回GMP製造まで
  ・PPQ (プロセスバリデーション)
  ・上市後の製品供給まで
4. 製造プロセス開発について
5. 製造プロセス技術移転について
6. 製造プロセス技術移転中に生じうるトラブル、配慮すべきポイントの整理

  ・使用する原料、ならびに関連トラブル
  ・ 使用する設備、分析装置
  ・ 製造行為の再委託
  ・文書作成、文書回覧
7. 分析法開発について
8. 分析法技術移転について
9. 分析法技術移転中に生じるトラブル、配慮すべきポイントの整理

  ・分析装置の違い
  ・分析法バリデーション
  ・ 実施での立ち合い確認
10. プロセスバリデーション(PPQ)、上市生産に向けた活動
11. 製造サイトの訪問、監査について注意点


<質疑応答>

セミナー番号:AA201249

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

ドローン

寺子屋統計教室

Spice回路シミュレータ

腸内細菌叢

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.