医薬品開発 QMS セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/10/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆効果的なQMS(品質マネジメントシステム)構築に必要な実務!
☆ISO9001、ICH-GCP、リスクベースドアプローチといったキーワードを含めて、
 事例検討と共に、ゆっくりと丁寧に解説いたします!

徹底解説
「コンメンタール医薬品開発QMSマニュアル」【2日間】

講師

アンテレグループ合同会社 代表社員
オフィスアンテレ薬剤師行政書士事務所 代表
一般社団法人クリニカルリサーチ審査センター 理事
新見智広 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
 ファイザー、ガルデルマ、そーせい等の日米欧のグローバル製薬企業にて20年以上、医薬品開発、薬事、PMS及びマーケティングの経験をした。その後、医薬品・医療機器開発、医事・薬事法務及び品質マネジメント(ISO9001)等に関するサポート及びコンサルタント業務を行い現在に至る。

■これまで経験した主な業務
@日米欧、大規模から中小規模の異文化環境下での医薬品及び医療機器の開発業務
Aローカル及びグローバルプロジェクトマネジメント
B部門責任者として組織マネジメント及びピープルマネジメント
C製薬会社、CRO、SMO、セントラルラボ及び倫理委員会といった医薬品開発の全てのキープレーヤー
Dシニアマネジメントとしてのビジネスマネジメント
Eメディカル領域(医療機関、製薬会社、医療機器会社、CRO、SMO)を対象とした医薬品開発の実施のための品質マネジメントシステム(QMS)の導入支援及びISO認証取得コンサルテーション
FQMS(ISO9001)審査員及び技術専門家
Gヘルスケアビジネス法務(会社法・商法・民法・行政法・薬機法・医療法等)
H医療機器、化粧品等の製造業/製造販売業許可、品目届出等の各種申請/届出に関する業務

■専門および得意な分野・研究
・医薬品・医療機器開発(特に皮膚科,感染症,循環器の領域に多くの経験)
・医薬品開発の品質マネジメント(ISO9001)
・企業法務(会社法・商法・民法・行政法・薬機法・医療法等)

■本テーマ関連学協会での活動
・日本行政書士会連合会会員
・東京都行政書士会会員
・日本品質管理学会(JSQC)会員
・QMS (ISO9001)審査員
・Research Quality Association (RQA)会員
・NPO日本医薬品安全性研究ユニット「薬剤疫学論文を読もう会」会員
・元日本QA研究会(JSQA)国際委員会副委員長及びGCP部会幹事

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年12月7日(月) 10:30-16:30
      2020年12月8日(火) 10:30-15:00
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第3講習室 →「セミナー会場へのアクセス」

※新型コロナウイルスの感染防止の一環として当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
●受講料 1名66,000円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき55,000円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 ICH-GCPに新しく取り入れられた品質マネジメントシステム(QMS)の概念は、製品やサービスの品質マネジメントのグローバルスタンダード(国際標準)であるISO9001として、既に世界中に広く普及し、確立している考え方(の一部)です。
各局の対応の状況を見てみると、ICHが2016/11/9にICH-E6(R2)を発出後、EMAが2017/6/14、やや遅れてFDAが2018/2/28、順次改訂ICH-GCPの運用を開始しています。
 これに対し日本では、EMAとのレギュレーションラグ2年以上の2019/7/5、J-GCPといわれる省令GCPの本文には手を加えず、GCPガイダンスその他の通知を利用した形での運用を開始させています。そして、それに対する業界の反応を見ると、「品質マネジメント」でも「リスクベーストアプローチ」でもなく、「リスクマネジメント」と「イシューマネジメント」を行うことが、さも新レギュレーション対応であるかのような動きがあります。
 改訂ICH-GCPのメッセージは、「efficiency=効率」です。そしてこの「効率」こそ、欧米と比較した場合の、日本の治験や医薬品開発の弱点であったはずです。したがって、われわれは、今般の改訂ICH-GCPを契機として、この「効率」改善に向けた取り組みを行わなければならないはずです。つまり、われわれがまず取り組むべきは、「リスクマネジメント」でも「イシューマネジメント」でもなく、「リスクベーストアプローチ」を基本方針とした「品質マネジメント」なのです。
 以上のような考え方を理解するには、ISO9001の知識が必須となります。そこで本講座に先立ち開催された医薬品開発QMSセミナー(What編セミナー)で、ISO9001の基本的な考え方、改訂ICH-GCPが要求するQMS、リスクベーストアプローチ、プロセスアプローチ、Built in Quality等の概念を解説しました。
 その後、セミナーの受講生から、何をすべきか(What)は理解できたので、次にどのようにやるべきか(How)を教えて欲しいとのご相談を多くいただきました。通常、QMSのHowについては、一般論で解説することは不適切であり、各組織との1:1のコンサルテーションが必要になりますが、QMS運用の第1歩としてISO9001の理解をより深めるために、医薬品開発担当者向けのISO9001の解説書として、「コンメンタール医薬品開発QMSマニュアル」を刊行しました。さらに、今般、特にISO9001の初学者向けに、「コンメンタール医薬品開発QMSマニュアル」を徹底解説することを目的として、本講座(How編セミナー)を開催する運びとなりました。
 What編セミナー、How編セミナー、そしてコンメンタールの3本セットにより、医薬品開発QMSやGCPリノベーション(刷新)の意義を本質的に理解し、日本の治験や医薬品開発の「効率」改善につながるための品質マネジメントへと導くことを目標とします。
 なお、本講座は、過去にWhat編セミナーを受講されていることを前提としていますが、未受講の方は、本講座をより有効に活用されるため、後日でも受講されることをお勧めします。

■受講後、習得できること
・ 医薬品開発QMSの本質的理解
・ 本当に組織のためになる品質マネジメント
・ 日本の治験や医薬品開発の「効率」改善につながる品質マネジメント

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・ ISO9001/ISO19011/ISO31000
・ ICH-GCP/ICH-E6(R2)
・ 医薬品医療機器等法/J-GCP

■講演中のキーワード
・ 医薬品開発
・ 品質マネジメントシステム
・ QMS
・ ISO9001
・ ICH-GCP
・ リスクベーストアプローチ

セミナー内容

1. Terminology
 1) 「Quality」について
 2) 「Management」について
 3) 「System」について

2. 徹底解説「コンメンタール医薬品開発QMSマニュアル」
 1) まず第一にやるべきこととは?
 2) 医薬品開発のステークホルダーとは?
 3) QMSの範囲はR&D部門だけでOK?!
 4) QMSを確立するって具体的に何をしたら良いの?
 5) JDがない会社はなぜ潰れる!?
 6) 医薬品開発担当者にとっての顧客とは?
 7) 品質方針は経営方針?!
 8) リスクベーストアプローチとリスクマネジメントを混同していませんか?!
 9) 品質目標とは?アクションプランとは?
 10) 変更からオプションへのパラダイムシフト?!
 11) 人的資源管理?!
 12) 組織の知識?!
 13) 正しい会議のやり方とは?!
 14) ムダな文書に振り回されている会社は潰れる!?
 15) 医薬品開発本部のミッションを忘れるな!
 16) Built in Qualityの仕組みとは?
 17) ベンダーマネジメントの仕組みとは?
 18) 治験はバリデーションだった!?
 19) エラーの90%はヒューマンエラー!?
 20) 不適合なアウトプットとは?
 21) KGIとは?KPIとは?
 22) 4つのパフォーマンスとは?
 23) 内部監査は誰がリードする?
 24) マネジメントレビューはなぜ重要なのか?

3. おわりに
 1) 医薬品開発QMSの成功例
 2) 医薬品開発QMSの失敗例
 3) まず第一にやるべきこととは?

<質疑応答>

セミナー番号:AA201251

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

ドローン

寺子屋統計教室

Spice回路シミュレータ

腸内細菌叢

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.