【Zoomセミナー】経皮吸収
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  CN燃料最新動向
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

医薬・機器・化粧・食品系セミナー

☆医薬品から化粧品まで、"経皮吸収評価"に携わる幅広い方にオススメ。
☆皮膚の構造や経皮吸収に影響を与える要因、試験の流れまで基本的な事項を丁寧に解説したうえで、最新技術についても可能な限り紹介します。

<基本知識から試験の流れを網羅する>
経皮吸収入門セミナー
-評価パラメータ/経皮吸収に影響を与える要因/In vitro・In vivoにおける評価法など-

<会場開催セミナー>

講師

日光ケミカルズ株式会社 中央研究所医薬品グループ チーフ 吉田大介 先生

講師紹介

■経歴
2001年 三笠製薬株式会社
2008年 ニッコールグループ株式会社コスモステクニカルセンター
2017年 ニッコールグループ株式会社ニコダームリサーチ
2022年 ニッコールグループ日光ケミカルズ株式会社(現)

■専門および得意な分野・研究
製剤、経皮吸収

■本テーマ関連学協会での活動
日本薬剤学会経皮投与製剤FG執行部(2020〜2021年度)

日時・会場・受講料

●日時 2022年10月20日(木) 13:00-16:30
●会場 都内近郊の会場を予定※決定次第お知らせします 
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催するセミナーです。※感染拡大防止対策にご協力下さい  
 ・セミナー会場での現金支払いを休止しております
 
 ※新型コロナウイルスの感染防止の一環として当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
 

セミナーポイント

■講座のポイント 
有効成分の経皮吸収性は基剤と皮膚の状態に大きく依存するため、成分や基剤の物理化学的特性、皮膚の構造を理解しなければならない。また、試験法や試験ツールもいろいろ存在するため、製品の開発段階や目的にあった試験条件の設定が重要となる。本セミナーでは、経皮吸収の第一歩として基礎を学びたい方に、経皮吸収の考え方や評価法について、写真や動画も使いわかりやすく解説する。

■受講後、習得できること 
・経皮吸収の基礎
・経皮吸収の必要性
・経皮吸収の実験と解析方法
・三次元皮膚モデルを用いた評価法

■参加対象者・こんな方におすすめ
・医薬品・化粧品開発で経皮吸収業務に携わっている方、これから携わる方
・経皮吸収の各評価法、データの読み方でお困りの方
・三次元皮膚モデルを用いた評価を行っている方
・経皮吸収を化粧品のコンセプトとして考えている方

■講演中のキーワード
経皮吸収、三次元皮膚モデル、ヒト摘出皮膚

セミナー内容

■講演プログラム

1 はじめに
 1-1 経皮吸収とは
 1-2 経皮吸収技術・評価の必要性
 1-3 医薬品外用剤と化粧品の違い
 
2 経皮吸収の基礎
 2-1 皮膚の構造
 2-2 成分の経皮吸収経路
 2-3 経皮吸収の評価指標
 2-4 経皮吸収の評価パラメータ
 2-5 皮膚透過速度と皮膚中濃度
 2-6 経皮吸収に影響を与える要因
  ・薬物物性
  ・皮膚状態
  ・吸収促進剤
  ・外部エネルギーを利用した皮膚透過促進
  ・基材の影響
  ・活量の概念
  ・活量を考えた製剤設計の例

3 In vitroにおける経皮吸収試験・評価
 3-1 一般的な経皮吸収評価の流れ
  3-1-1 試験条件の設定
  ・皮膚膜の選択
  ・レシーバー液の選択
  ・適用方法
  3-1-2 試験実施
  ・フランツセルへの設置
  ・レシーバー液のサンプリング
  3-1-3 測定
  ・定量と観察
  3-1-4 解析
  ・累積透過量の算出方法
  ・透過パラメータ算出
  ・累積透過量・皮膚中量から得る情報
 3-2 皮膚モデルを用いた評価の流れ・評価例
 3-3 ヒト摘出皮膚を用いた評価の流れ・評価例
 3-4 皮膚モデルとヒト摘出皮膚の違い
 3-5 イメージング評価
  ・蛍光物質を用いた評価とその注意点
  ・リポソームを用いた浸透評価例
  ・分析機器を用いた評価

4 In vivo(ヒト・動物)における経皮吸収試験・評価
 4-1 血中濃度測定による評価
 4-2 テープストリッピングによる評価

5 さいごに
 5-1 海外ガイドラインの比較
 5-2 最近の経皮吸収/皮膚透過促進に関するトピックス

セミナー番号:AA221065

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.