初学者のためのタンパク質/プロテオーム分析入門セミナー
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
1月
2月〜
  ヘルスケア系
11月
12月
1月
2月〜
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  半導体CMP
  ・  間葉系幹細胞
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

☆医療分野にも益々大きな影響を与え続けているプロテオミクス!
☆本講座では、データ解析により多くの時間を割きつつ、
 具体的な実例も交えて、一連の流れや勘所等を丁寧に解説いたします!
☆会場では個別のご相談/ご質問も大歓迎です。
 休憩中や講義終了後(後日を含む)等、遠慮なくお声がけください。

初学者のためのタンパク質/プロテオーム分析入門
〜ペプチド断片の質量分析の原理と実例〜
<東京・会場開催セミナー>

講師

株式会社メディカル・プロテオスコープ
取締役、生体分子解析部部長(兼任)
博士(薬学)
川上隆雄 先生

講師紹介

■経歴
埼玉県川越市出身。さいたま市在住。東京理科大学大学院薬学研究科博士後期課程を修了(1997年)。その後、日本グラクソ株式会社(現グラクソ・スミスクライン株式会社) 研究本部、東京医科大学臨床プロテオーム研究寄附講座などを経て現職。

■専門および得意な分野・研究
・プロテオミクスにおける技術開発全般
・タンパク質化学

■本テーマ関連学協会での活動
・日本プロテオーム学会研究開発功績賞(共同受賞)(平成25年9月)
・日本プロテオーム学会理事(平成27年1月〜平成29年12月、令和3年1月〜令和5年12月)
・日本プロテオーム学会編集委員会委員(令和3年1月〜令和5年12月)

日時・会場・受講料

●日時 2024年2月9日(金) 13:00-17:00  ※途中、小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第1グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

■講座のポイント
 プロテオミクス (Proteomics) は、発現タンパク質群の動態(プロテオームProteome)を包括的に分析することによって生命現象の全体像をつかむ学問です。現在のプロテオミクスは基礎研究ばかりでなく医療の分野にもインパクトを与え続けています。
 プロテオームの分析技術の中では、ペプチド断片の分離と質量測定を基盤にした方法手順がもっとも普及しています。この方法は微量タンパク質の同定や定量分析にもその長所が活かされています。
 本セミナーでは、おもにプロテオミクスの実施例を挙げながら、質量分析を用いたタンパク質分析の一連の流れを把握していただけるような構成にしました。データ解析の解説にも多くの時間を割く予定です。

■受講後、習得できること
本講座を受講すると、次に挙げる事項の理解が容易になります。
・試料調製の勘所
・プロテオミクスで用いられる液体クロマトグラフィーと質量分析
・タンパク質同定計量情報の構造
・タンパク質の翻訳後修飾の分析
・プロテオームデータの解析と視覚化の要領
・医学や生物学におけるプロテオミクスの活用
・分析計画の立て方
・論文投稿の注意点

■講演中のキーワード
・Bottom-up proteomics
・Label-free proteomics, LFQ
・MAプロット
・ボルケーノプロット Volcano plot
・False discovery rate, FDR
・jPOST

セミナー内容

1. 質量測定を基盤とした分析
 1.1. 質量分析の威力
 1.2. ペプチド断片を測る
 1.3. 液体クロマトグラフィーとタンデム質量分析を連結した測定系 (LC-MS/MS)
 1.4. 試料調製における注意点
 1.5. プロテアーゼによるタンパク質の分解
 1.6. 標識法と非標識法
 1.7. 翻訳後修飾の分析: リン酸化とNグリコシル化を中心に

2. 質量分析と液体クロマトグラフィー
 2.1. 質量分析部のいろいろ: イオントラップ、三連四重極、qTOF、他
 2.2. 測定データの取得方法: DDA、DIA、選択イオンモニタリング
 2.3. 測定データ取得の高速化と高深度化: プロテオームの「ビッグデータ」
 2.4. 逆相液体クロマトグラフィーによるペプチド断片の分離展開

3. LC-MS/MS測定データの処理と解析
 3.1. 一般的な処理手順: 同定情報と計量情報の統合
 3.2. ペプチド/タンパク質の同定
  ・アミノ酸配列データベース検索の原理
  ・偽陽性ヒットの検証: Target-Decoy検索とFalse discovery rate (FDR)
  ・複数のタンパク質におけるペプチド同定情報の共有
 3.3. タンパク質組成の試料間計量比較
  ・計量値の正規化
  ・比較計量値の散布図: MAプロットとボルケーノプロット

4. おもな情報解析の手法
 4.1. 膜結合タンパク質の予測
 4.2. Gene ontology (GO) の活用: 尤度解析
 4.3. クラスター解析(階層クラスタリング)
 4.4. 主成分分析
 4.5. ウェブ上の情報解析ツール

5. 分析実験と情報解析の実例(リン酸化プロテオミクス)

6. プロテオームの分析計画から論文投稿まで
 6.1. 計画策定に当たっての注意点
 6.2. 選択肢としての分析の外注
 6.3. 公共リポジトリへのプロテオームデータの登録

7. 質疑応答&個別質問・相談

上記のプログラム項目と内容は一部変更する場合があります。
あらかじめご了承いただけると幸いです。

セミナー番号:AA240227

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.