糖化 抗糖化 AGEs

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/4/8更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

糖化 抗糖化 AGEs


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 


@製品の企画・開発に必要なヒントを導き出します!
A市場・動向の情報収集といった観点でも、ご満足頂けるセミナーです!
B企業にご所属の方・個人様を問わず、ご参加をお待ちしております!

基礎から学ぶ!
糖化ストレス・AGEs生成メカニズム
抗糖化食品・化粧品開発への応用
〜アンチエイジング医学の最前線を知り、次世代のトレンドを作る〜
<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>

講師

同志社大学
生命医科学部 糖化ストレス研究センター
チェア・プロフェッサー教授 農学博士
八木雅之 先生

講師紹介

■経歴
京都工芸繊維大学繊維学部卒業。
京都工芸繊維大学大学院繊維学研究科修士課程修了。
京都府立大学大学院農学研究科博士課程修了。
1990〜1992年:株式会社ワイエムシィ研究部にてHPLCカラムの分析アプリケーション開発を担当。
1992年〜2011年:アークレイ株式会社の研究開発部門および新規事業部門にて、糖化アミノ酸分解酵素を使ったHbA1c測定試薬、糖尿病患者向け健康食品や化粧品、抗糖化食品素材、混合ハーブエキス「AGハーブMIX」の研究開発などを担当。
2011年〜2015年:同志社大学大学院生命医科学研究科糖化ストレス研究センター講師を経て准教授。糖化のメカニズム、抗糖化素材に関する研究、産学連携研究を展開。
2015年〜2016年:エイキット株式会社生命医科学検査センターゼネラルマネージャー。食品・化粧品等の抗糖化作用評価を中心としたin vitro評価試験やヒト臨床試験等の受託サービス事業を統括。
2016年〜現在:同志社大学生命医科学部 糖化ストレス研究センター教授。糖化ストレス測定、抗糖化素材の機能性に関する研究、抗糖化作用の産学連携研究、「糖化は老化」をキーワードに抗糖化に関する情報を業界・マスコミ等で発信している。

■専門および得意な分野・研究
・糖化の生体影響、抗糖化作用の測定評価に関する研究
・抗糖化素材・製品の研究開発
・アンチエイジング医学に関する研究
・クロマトグラフィーによる分離分析

■本テーマ関連学協会での活動
・日本抗加齢医学会 評議員
・糖化ストレス研究会 理事
・日本ハーブ療法研究会 世話人

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2021年4月23日(金) 10:30-16:30
●会場 会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■講座のポイント
 近年、健康・美容分野で糖化ストレスが注目されている。糖化は老化対策において酸化と並ぶ必須項目になった。皮膚AGEs測定機は複数の機種がある。しかしその違いは明確でない。血中AGEsの測定法は研究開発が進んでいる。
 本セミナーでは抗糖化研究の最新情報、血糖値、血液・皮膚AGEsの測定法、AGEs測定機の機種間差、糖化よる老化や疾患の発症メカニズム、抗糖化素材の探索法、ヒト臨床試験による有用性評価法、産学連携による抗糖化製品の開発・評価事例など、抗糖化製品の企画・開発に必要な情報を解説する。

■受講後、習得できること
・糖化ストレスやAGEsが老化や疾患に及ぼす影響
・皮膚AGEs測定機による測定データの評価法
・抗糖化の機能性訴求に向けたin vitro試験および臨床評価試験のポイント
・抗糖化研究および市場の最新情報と抗糖化の今後の展望

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・機能性表示食品制度
・人を対象とする医学系研究に関する倫理指針ガイダンス

■講演中のキーワード
・糖化ストレス
・AGEs測定
・血糖値
・抗糖化
・アンチエイジング

セミナー内容

1. 抗糖化の認知
 @化粧品・食品
 A糖化の認知度(マスコミ情報)

2. 糖化ストレスとAGEs
 @糖化ストレスとAGEs
 A生体内糖化反応
 BAGEs受容体
 C食品中AGEs(外因性AGEs)

3. 糖化ストレスが関与する老化と疾患
 @皮膚老化、見た目の老化、毛髪の老化
 A糖尿病合併症、動脈硬化、骨粗鬆症、認知症などの疾患など

4. 糖化ストレスの測定と評価法
 @血糖値(自己測定法)、糖化タンパク(HbA1c)
 A糖化反応中間体(3DG)
 BAGEs(ペントシジン、CML)
 C角層中AGEs(テープストリップ法)
 D角層中OPH活性測定(テープストリップ法)
 E食品中AGEs(外因性AGEs)

5. 皮膚中AGEs測定
 @前腕または上腕部測定(AGE Reader)
 A指先測定(AGEsセンサ)
 B測定値、測定意義の違い

6. 糖化ストレス抑制作用試験法
 @糖化ストレスを抑制するには
 Ain vitro抗糖化試験法
 Bヒトを対象とする臨床試験の準備と設計

7. 糖化ストレス対策素材の探索と課題
 @食後高血糖抑制作用素材
 AAGEs生成抑制作用素材
 BAGEs架橋切断作用素材
 COPH活性増強作用素材
 D抗糖化作用物質の注意点

8. 産学連携による抗糖化製品の開発事例(5例程度)
 @食後高血糖抑制作用を有する製品
 AAGEsの生成抑制作用を有する製品
 BAGEs分解促進作用を有する製品

9. 今後期待される糖化ストレス対策のポイントと市場展開

<質疑応答>

セミナー番号:AB210441

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.