化粧品GMP ISO22716 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/4/8更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

化粧品GMP ISO22716 セミナー


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

ISO22716について、身近な例等から考えるワークも交えてイメージしながら学習できます!
初心者にも理解を深めやすくなっております!
また、実務者にとっても品質向上の手助けになる内容です!

ワークと事例で学ぶISO22716(化粧品GMP)
〜現場での実践を目指し、化粧品GMPの肝を理解する〜


<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

元(株)資生堂 掛川工場・大阪工場 技術部長 鈴木欽也 先生

講師紹介

■経歴
1980年早稲田大学理工学部卒業後、且草カ堂に入社。掛川工場で検査、処方開発・生産技術開発を担当(約11年間)。その後、本社生産技術部で海外事業戦略、海外工場建設、生産技術移転、海外薬事対応、海外原料・資材・製品調達の業務を担当(約10年間)。中国北京工場の取締役工場長(約3.5年間)、掛川工場技術部長、大阪工場技術部長を担当(約6年間)、潟Rスモビュティー執行役員 品質管理部長としてベトナム工場、中国工場を建設。その後、潟fィー・エイチ・シーさいたま岩槻工場の工場長でメーキャップ製品の工場改修・立上げを実施した。
過去、米国OTC製品の化粧品業界で日本国内初のFDA査察を受け入れ、指摘事項ゼロ件での対応、ヒアルロン酸のヨーロッパ原薬登録・米国FDA登録、ヒアルロン酸の原薬工場棟の増設を責任者として推進した。
2017年から埼玉県中小企業診断協会に所属し、外国人労働者の活用、中小企業の経営革新計画の作成、専門家派遣による事業展開支援の活動を実施中。
公害防止管理者(水質1種、大気1種)、中小企業診断士(埼玉県正会員)、FR技能士、ターンアラウンドマネージャー(事業再生、(一社)金融検定協会認定)

■専門および得意な分野・研究
・エナメル製品、スキンケア製品の処方開発・生産技術
・分析化学(化粧品のクレーム品の分析、他社製品の分析)
・国内薬事、海外薬事およびISO22716や米国cGMP対応。
・海外事業展開支援、経営革新・事業承継支援、健康経営支援(中小企業診断士)
・トヨタ生産方式による工程改善(5S、工程設計)、品質管理(中小企業診断士)

■本テーマ関連学協会での活動
・西日本化粧品工業会の化粧品技術講習会:2013年、2014年´化粧品における品質保証の取り組み’、2020年‘化粧品におけるスケールアップの方法’のテーマで講演

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2021年4月27日(火) 10:30-16:30
●会場 会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■講座のポイント
本セミナーでは、多くの化粧品製造所で見られる雛形をコピーしただけの手順書や内部監査や外部監査において記録の記載漏れの指摘や書籍の書かれている事項の抜けに止まっていることに疑問を感じられている方々や新たに化粧品の品質保証の業務に携わることになった方々を対象に、GMPの要求事項の表面的な解説ではなく、身近な事例を基に、誰がやっても、何時やっても、高い品質の化粧品を作るために、どのようなことを押さえれば良いかについての肝について理解して頂くことを目的に、ワークを通して学んで頂きます。
GMPの理解する上では、逐次解説ややるべき事の解説に先立ち、品質リスクがどこに潜んでいるのか? 行うべき目的は何か? の本質的な理解が重要です。その展開方法は各製造所の実態にあった形で展開され、有意義な活動に結び付くものと考えます。
『何をしなさい』ではなく、『この事項ではどんな品質リスクがあるの?』、更に、『その対応方法は、ヒューマンエラーが起きないの?、衛生的であることが確保できるの?、高い品質を確保できるの?』の仕組み化について、講師の経験を参考に一緒に考えます。

■受講後、習得できること
・ISO22716(化粧品GMP)運用の必要性の理解
・形骸化しないGMP体制の体制作り
・品質リスクに対する標準化の進め方
・効果的な化粧品GMP監査の進め方

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・ISO22716(化粧品)GMP
・薬機法
・化粧品の表示に関する公正競争規約
・GMP事例集(2013)

■講演中のキーワード
・化粧品GMP(ISO22716)
・化粧品の品質管理
・化粧品の製造管理、品質管理、衛生管理
・品質リスク
・化粧品GMPの手順書、基準書

セミナー内容

1.化粧品に関するGMPの位置付け
 1)化粧品の品質保証について
 2)薬機法の要求事項とGMPの位置付け
 3)GMPの目的と3原則

2.品質保証の考え方と品質システム
 1)ISO9001:2015の基本要件
 2)ISO9001:2015とISO22716の違い
 3)研究段階における品質保証とは
 4)設計研究部門における品質保証

3.GMPの要求事項の各論
 1)標準書の作り方
  @「インスタントコーヒーの入れ方と味がバラツク要因」を例に考える
  A「納豆ラーメンのレシピと味がバラツク要因」を例に考える
  B 品質リスクアセスメントに基づく標準化の進め方
 2)GMPの各項目で留意すべき事項

  @授業員
  A構造設備
  B機器
  C原料および包装材料
  D生産
  E最終製品 
  F品質管理室
  G規格外品の処理
  H廃棄物
  I逸脱
  J苦情及び回収
  K変更管理
  L内部監査
  M文章化
 3)モデル企業で学ぶ監査のポイント

4.各管理基準書のポイント
 1)製造管理基準書
 2)衛生管理基準書
 3)品質管理基準書

5.手順書の作り方の基礎
 1)GMPの要求事項の読み方
 2)手順書への落とし込み方法

6.監査の充実に向けて
 1)監査での確認の進め方
 2)GMP体制の充実と経営効果の評価

質疑応答

セミナー番号:AB210464

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.