サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/1/18更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

☆実際の医薬品/医療関連の文章を英訳しながら取り組むことで、必要な要素が身についていく!
☆その英語、本当に伝わりますか?”伝わる表現”とは何か?にとことんこだわったセミナー
☆Google翻訳などのネット検索はどのくらい使えるのか?

【Zoom開催セミナー/見逃し配信あり】
<きちんと読む・書く・伝える「伝わる表現」にこだわる>
英文メディカルライティングの基本
-名詞・動詞のキホン/インターネット・AI翻訳との付き合い方/今後に繋がる学習法-

講師

R&Aメディカル 代表 森口理恵 先生
通訳・翻訳・メディカルコミュニケーター 池上小湖 先生

講師紹介

<森口先生プロフィール>
■経歴
翻訳者。R&Aメディカル代表。京都薬科大学薬学部薬学科卒業。
大学卒業後、香料会社の調香研究室に勤務。その後転職、医薬文献検索担当者(サーチャー)として勤務、医薬翻訳・開発業務支援企業にて社内翻訳者兼翻訳コーディネータとして活動。1990年に翻訳専業に転じ、R&Aメディカルの代表翻訳者として、医薬・健康関連文書の英日・日英翻訳を行う。1992年より各種翻訳教育機関の通学コースや通信教育コースで医薬翻訳の講座を担当、テキスト執筆、セミナーなど医薬翻訳の指導にも携わる。著書に『まずはこれから!医薬翻訳者のための英語』(イカロス出版)がある。

■専門および得意な分野・研究
医学論文、会議資料、各種学会の診断治療ガイドライン、企業のプレスリリースなど、医薬関連文書の英日・日英翻訳。

■本テーマ関連学協会での活動
日本翻訳連盟(JTF)会員。会報誌での連載、連盟主催の会議での講演など。
日本翻訳者協会(JAT)会員。協会主催のイベント(JTF、IJET、JATPharmaなど)での講演。


<池上先生プロフィール>
■経歴
通訳・翻訳・メディカルライター。京都薬科大学薬学部生物薬学科卒業後、マサチューセッツ薬科大学大学院臨床薬学教室の博士課程にて学位取得。幼少期より教育の大半は米国で受け、母語は英語。
大学院ではハーバード大学医学部付属病院で臨床研修、ダナ・ファーバー癌研究所で臨床薬理試験を卒論テーマで実施。帰国後、虎ノ門病院薬剤部、外資系製薬企業2社での研究開発業務を経て、サイマルアカデミーで通訳研修後、1990年よりフリーランスの通訳・翻訳者となる。児童書翻訳に専念した時期を経て、2013年より医療・医薬分野の通訳・翻訳に復帰した。2015年秋より京都薬科大学、神戸女学院大学大学院、神戸薬科大学大学院などで、医薬翻訳、薬学英語、メディカルライティングの非常勤講師となる。2018年より心療内科クリニックにて相談臨床薬剤師として勤務。訳書に『朝のひかりをまてるから』(小峰書店)、『臓器移植〜命のおくりもの〜』(文溪堂)、『4つの要素がわかると料理は最高に美味しくなる SALT FAT ACID HEAT 塩、油、酸、熱』(世界文化社)など。

■専門および得意な分野・研究
臨床系日英医薬翻訳、児童書の翻訳。大学・企業などのプレスリリース(原稿、想定Q&A、PPTなど)、医薬・医療の行政関連文書(ワクチン関係、薬価制度など)、学会発表用・投稿用原稿、大学病院ウェブサイト、国立大学大学院パンフレットなどの英訳。GCP監査、日本の製薬企業向け、病院向けプレゼンやワークショップなどの逐次通訳。日本市場・情勢把握のための文献検索並びにレポート作成、研究協力などのメディカルライティング。

■本テーマ関連学協会での活動
日本翻訳者協会(JAT)の医薬分科会JATPharmaの運営委員長。関西を中心に勉強会などの開催・発表に携わる。医学英語教育学会のJASMEEなどの会員。


日時・会場・受講料

●日時 2022年2月24日(木) 12:30-16:30
●会場 会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■講座のポイント 
日々の業務で英語に触れる機会の多い医学・製薬業界ですが、英語を書くことに苦手意識を持たれる方も多いのも実情です。自分が書いた英語が果たして通じているのかがわからないというのも、英語を外国語とする私たちに共通する悩みです。通じる英語を書く第一歩は、まず書きたいことを整理して、平易な文章で書いてみること。参考になる文章を見つけ出し、応用することも大切です。セミナーでは、医薬品の基本情報や臨床関連の文章を題材に英訳に取り組んでいただきながら、メディカルライティングに必要な要素を学んでいただきます。英語を書くときに頼りたくなる自動(AI)翻訳ですが、このようなシステムがどの程度頼りになるのか、使うとすればどういう付き合い方をすべきか、という点についても話し合います。英語が外国語の翻訳者(森口)が英訳の取り組み方を説明し、英語を母語とする翻訳者(池上)が通じる英語表現のヒントを提案します。

■事前演習について
セミナーでは、事前課題の文章の訳しかたを説明する形で進めます。実際に文章を訳していただくことで、翻訳のポイントが実感しやすなりますので、ぜひ取り組んでみてください。事前課題を訳して提出いただきました場合は、講師が拝見し、当日簡単なコメントをつけてお返ししますが、提出は必須ではありません。提出いただかずにセミナーのみ出席いただくことも可能です。


■講座について
講座は勉強会形式で行い、区切り区切りで質問を受け付けます。「こう表現したいがどうか?」や「ここの解釈が難しい」などのコメントをいただきましたら、随時講師からお返事を差し上げます。ふるってご参加ください。
本セミナーは「Zoomミーティング」を使用して開催いたします。
マイク・カメラを使用できる環境でご受講ください。ぜひ積極的なご質問をお願いいたします。


■受講後、習得できること 
・ 書きたいことを整理するテクニックを身に付ける
・ 「伝わる英語(文書)」を書くコツを学ぶ
・ インターネット検索で英文ライティングのヒントを探る方法を学ぶ
・ インターネット上で利用できる自動(AI)翻訳との付き合い方を知る

■講演中のキーワード

伝わる英語、コミュニケーションにつながる英語
英「作」文ではなく英「借」文:
Googleで文例検索
資料の活用法
AI翻訳は使える?

セミナー内容

■講演プログラム 
※プログラム順序は当日までに変更される可能性がございます

1. 事前課題の解説
 1.1 取り上げた疾患の背景知識
 1.2 読んでおきたい資料とその探し方

2. 事前課題の講評
 (医薬品の基本情報や臨床関連の文章を題材に)
 2.1 その英語は情報不足です
 2.2 伝えたいことを整理しましょう
 2.3 名詞:可算名詞か不可算名詞か
 2.4 英語は数にうるさい言語です
 2.5 動詞の取捨選択で読みやすく、印象的な文章に
 2.6 インターネット検索を文例集として活用
 2.7 インターネット上の辞書は有用?
 2.8 AI翻訳は有用? 通じる?
 2.9ネイティブチェッカーが校正可能なレベルとは?

3. 今後の学習へのヒント

 3.1 文例を収集しましょう
 3.2 日本語と英語の違いを知ることが第一歩です
 3.3 情報を伝える順序を考えましょう
 3.4 シンプルでグローバルな英語を目指しましょう
 3.5 センテンスは短く、欲張らない
 3.6 一文からなるパラグラフはありえない
 3.7 バラグラフは論理的に組み立てる
 3.8 Parallelismを意識する
 3.9 混同しやすい言葉は要注意!

4. 生活の一部として実践する
 4.1コンマ、ダッシュなど、正しく使い分ける
 4.2 コロンとセミコロン、うまく利用してグンと読みやすい文章に
 4.3 書きたい内容を正しく理解していますか?
 4.4 1日5分からでもいい。「英語曝露療法」を始めよう
 4.5 変化を表す表現を集めてみよう
 4.6 図表に使われる表現に注目してみよう


 

セミナー番号:AB220283

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.