サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/6/1更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

★Microphysiological Systemの創薬での効果的な活用のヒントを、事例を交えて概説!


薬物動態・安全性研究及びトランスレーショナルリサーチにおける
MPS
の活用現況と展望

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

アステラス製薬(株) 研究本部 薬物動態研究所 所長 博士(薬学) 長坂 泰久 先生

講師紹介

■経歴
1996年3月 東京理科大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
1996年4月 山之内製薬株式会社(現アステラス製薬株式会社)入社
       臨床薬理研究所代謝研究室(後に代謝研究所)に配属
2002年11月〜2004年9月
       Yamanouchi Europe B.V.(オランダ)に研修派遣
2014年3月 博士(薬学)取得(昭和薬科大学)
2016年4月 アステラス製薬株式会社 薬物動態研究所 薬物作用解析研究室 室長
2017年4月 アステラス製薬株式会社 薬物動態研究所 システムズ薬理研究室 室長
2020年〜  アステラス製薬株式会社 薬物動態研究所 所長

■専門および得意な分野・研究
薬物動態学、薬動力学、トランスレーショナルリサーチ

■本テーマ関連学協会での活動
日本薬物動態学会(代議員、第34回年会実行委員長、Directors Initiative Session代表世話人 [Modeling & Systems Pharmacology]、研究動向調査WG委員 [2017〜19年])、HAB研究機構理事


日時・会場・受講料

●日時 2021年9月10日(金) 13:00-15:30
●会場 ※会場での開催は行いません
●受講料 1名33,000円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき22,000円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

■講座のポイント
 近年、医薬品のモダリティが多様化する中で、医薬品開発の困難さが一層増してきています。そのような背景の下、従来用いられてきた各種の試験系(ex.病態モデル動物、2Dの単一細胞培養系、酵素発現系)に加え、ヒトの組織・病態を模倣した試験系、即ちMicrophysiological System(MPS)への期待感が高まりを見せています。一方で、一言にMPSといってもその内容は多岐にわたっており、具体的に医薬品開発の何に役立つのか、未だ漠然としたイメージしか掴めない研究者の方々も多いと思われます。
 本講座では、まずMPSがどういう試験系であるのか、また医薬品の研究開発においてどのように活用されうるのか、様々なMPS系の最新の研究事例を交えながら概説します。また、MPSに対する規制当局の捉え方、産官学連携の取り組み事例をご紹介した上で、周辺の先端技術との関連性にも言及しながら、MPS研究の将来展望と期待される効果について、ご参加の皆様と一緒に議論させていただければと思います。

■受講後、習得できること
・MPSがどういう試験系であるか、その発展の背景
・MPSの最新の活用事例・研究開発動向
・MPSを効果的に活用する上での留意点

セミナー内容

*一部、内容変更の場合あり。

1.自己紹介
2.Microphysiological System(MPS)の概略
 2.1 そもそもMPSとは?
 2.2 MPSが注目を浴びる背景
 2.3 様々なMPSの例(デバイス含めて)
3.MPSの研究事例紹介
 3.1 薬物動態・安全性研究での活用事例
 3.2 薬理研究(MoA解明など)、トランスレーショナルリサーチでの活用事例
 3.3 他の先端技術との組み合わせ
4.レギュラトリーサイエンス、産官学連携について
 4.1 米国での動き
 4.2 欧州での動き
 4.3 国内状況
5.MPS研究推進における課題と今後の展望
 5.1 「臨床予測性向上」の示す意味
 5.2 In vivo vs in vitro
 5.3 Nice to have? Must to have?
 5.4 系構築に要する期間とテーマ・PJ活用のタイミング
 5.5 Context of Useの大切さ
 5.6 今後の展望と期待

(質疑応答)

セミナー番号:AF210968

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.