サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
9月
10月
11月
2021年12月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
9月
10月
11月
2021年12月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/9/10更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

★過飽和溶解する製剤の設計指針や薬物吸収機構を詳細に解説!
★理解度を深めるため、最後に重要ポイントをおさらいします!


過飽和を利用した難水溶性薬物経口吸収改善
〜効果的に過飽和状態を創り出す製剤設計法および消化管内の溶解状態を正しく反映した評価法について〜

<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

国立研究開発法人物質・材料研究機構 機能性材料研究拠点
医療応用ソフトマターグループ グループリーダー
医薬品関連マテリアルズオープンプラットフォーム プラットフォーム長
(併任)筑波大学大学院数理物質科学研究科 物質・材料工学専攻 教授
工学博士 川上 亘作 先生

講師紹介

■主経歴
1994.04-2005.03 塩野義製薬(株) 研究所
2000.03      工学博士(京都大学)
2001.08-2002.07  米国コネチカット大学薬学部 客員研究員
2005.03-2006.12 万有製薬(株) 研究所
2006.12-     物質・材料研究機構

■専門および得意な分野・研究
物理薬剤学(非晶質,可溶化,溶解度,結晶多形など),コロイド・界面化学,熱分析

■最近の研究テーマ
過飽和型製剤の評価,非晶質物性の制御, DDS粒子設計

■本テーマ関連学協会での活動
American Association of Pharmaceutical Scientists(経口吸収フォーカスグループ執行部), Controlled Release Society,International Society of Drug Delivery Sciences and Technology (APGI), European Colloid & Interface Society,日本薬学会,日本薬剤学会(評議員,フォーカスグループリーダー,他),日本DDS学会(評議員),日本化学会(コロイドおよび界面化学部会(役員,事業企画委員長、他),有機結晶部会),日本熱測定学会(幹事),粉体工学会,化学工学会


日時・会場・受講料

●日時 2021年9月28日(火) 10:30-16:30
●会場 ※会場での講演は行いません
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■講演ポイント
 医薬品の開発現場が難水溶性薬物で溢れるようになってから20年以上が経ち、そのための経口製剤技術も熟成されてきたかのように見える。しかしながら難水溶性薬物のための過飽和型製剤の溶解・吸収挙動に関する知見は近年頻繁に塗り替えられており、もはや10年前の常識は通用しなくなっている。消化管内における溶解度と吸収量には一切相関はなく、吸収予測のためには薬物の溶解状態を適切に把握しなければならない。
 本講演では、難水溶性薬物の開発技術を一通り解説したのち、特に過飽和型製剤の開発と評価に焦点を当てる。

■受講後、習得できること
・難水溶性薬物への対処法およびその考え方
・溶解度の正しい測定法
・結晶多形に関する基礎知識
・塩、共結晶に関する基礎知識、評価法
・様々な可溶化法
・難水溶性薬物のための各種製剤技術に対する理解
・過飽和型製剤に対する正しい溶出試験法
・過飽和に関する詳細な理解
・人工消化管液に対する理解
・溶解状態と膜透過性の関係に対する理解
・非晶質の物理安定性に関する知識と評価法
・非晶質物性の調製法依存性や経時変化に対する理解と評価法

セミナー内容

1.はじめに
 1.1 難水溶性薬物が創出される背景
 1.2 難水溶性薬物の開発手法概論
2.溶解度と膜透過
 2.1 溶解度の考え方
 2.2 正しい溶解度測定法
 2.3 スクリーニング溶解度と平衡溶解度
 2.4 膜透過性評価法
 2.5 薬物の粘膜層拡散
3.原薬形態の変更による溶解性改善
 3.1 結晶多形の基礎と熱力学
 3.2 準安定形の溶解度
 3.3 塩と共結晶
4.難水溶性薬物の可溶化
 4.1 溶解度のpH依存性
 4.2 補助溶媒、界面活性剤による可溶化
 4.3 界面活性剤と生体の相互作用
5.難水溶性薬物のための製剤技術
 5.1 自己乳化型製剤
 5.2 非晶質固体分散体
 5.3 ナノ結晶製剤
6.過飽和型製剤からの経口吸収
 6.1 古い常識にとらわれた溶出試験からの脱却
 6.2 溶解状態と膜透過性の関係
 6.3 人工消化管液への薬物の溶解
 6.4 過飽和から生じる液液相分離
 6.5 非晶質製剤の溶出性と経口吸収性の関係
 6.6 非晶質化が理由ではない固体分散体の吸収改善例
 6.7 自己乳化型製剤の経口吸収予測
 6.8 自己乳化型製剤におけるステルス効果
7.非晶質製剤の安定性
 7.1 結晶化の基礎
 7.2 結晶化傾向と等温結晶化の関係
 7.3 結晶化に対する表面効果
 7.4 原薬と製剤の結晶化予測
 7.5 結晶化度評価法
 7.6 構造緩和
8.講義のまとめ
(質疑応答)

セミナー番号:AF210982

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.