未来工業 セミナー 講習会 職場改善 働き方改革

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


第1回(9月13日)のみ参加↓

複数回お申込み↓

日本一のホワイト企業との呼び声高い"未来工業(株)"の本社・工場を見学出来ます!
★未来工業(株)取締役社長
山田雅裕氏によるご講演も決定!
★定員43名(先着順)/申し込み締切 9月6日(金)

『働き方改革』のリーディングカンパニー 未来工業(株)から学ぶ!
『従業員が喜び、顧客が感動し、会社が儲かる』

未来工業(株)本社・工場 見学セミナー

講師

トータルマネジメントシステム研究所 代表 角川真也 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
中堅部材メーカーにおいて間接業務改革・5S・QC サークル・改善提案活動等の事務局担当時、未来工業(株)創業者故山田昭雄氏の講演を聞き大変感動する。後日、同社茨城工場を2度見学し感服する。その後、一従業員の立場で自社の未来工業化にチャレンジ、研究と試行錯誤を重ねた結果、間接業務の「見える化」活動(トップダウン)、改善報告活動・5Sサークル活動・職場快適化サークル活動(ボトムアップ)を立ち上げ、会社に大きな利益をもたらす。独立後はそれらの経験を活かし、自社未来工業化手法である『組織マネジメントシステム』『自立型人財育成システム』を開発、その普及活動(セミナー、コンサルティング)に従事している(「角川真也」でHP検索可)。著書『R&D部門の働き方改革とその進め方』(共著)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年9月13日(金) 10:00-17:30
●会場 [愛知・名古屋]ウインクあいち9階906 →「セミナー会場へのアクセス」
●本講座は職場改善/御社未来工業化シリーズセミナー(全4回)の第1回として開催いたします。
 < 全4回のラインナップ >
 ・第1回:9/13 『未来工業(株)本社・工場 見学セミナー』
 ・第2回:10/4 『総務・経理・管理部門の「見える化」による生産性向上方法
 ・第3回:11/8 『自ら課題を発見し、解決する『自立型人財』育成方法
 ・第4回:12/6 『『自立型人財』が育つ!改善報告活動のすべて

■受講料(資料・昼食付) ※消費税についてはセミナー開催日当時の税率が課税されます。
<全4回申込の場合のみ>
8月30日(金)までに全4回参加のお申込を頂いた場合のみ90,000円+税でご参加頂けます。
※1社2名以上同時申込は、さらに税込10,000円+税 引き

参加形態区分価格(税込)1社2名以上同時申込
1講座のみの参加1回、2回、3回、4回・・・43,000 + 税33,000 + 税
2講座の参加1・2回、1・3回、1・4回、2・3回、2・4回、3・4回、・・・66,000 + 税56,000 + 税
3講座の参加1・2・3回、2・3・4回・・・84,000 + 税74,000 + 税
全講座(4講座)の参加1・2・3・4回100,000円 + 税90,000 + 税

※申込時に参加形態(第○・○回参加)を申込備考覧に記載下さい。
※各回、別の方が受講いただくことも可能です。
※1社2名以上同時申込は、同時申込、同形態(講座数、参加日)でのお申込にのみ有効です


学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。
 →「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


*日程変更等ございました場合は、ご容赦下さい。

*全4回申込の方へ(不測の事態により、全回開催出来ない場合、以下規定に基づき、返金致します。)
  全4回中、2回未満の実施の場合: 75%返金
  全4回中、3回未満の実施の場合: 50%返金
  全4回中、4回未満の実施の場合: 25%返金


・会場は毎回異なりますので、必ずご確認下さいませ(第1回のみ名古屋開催)。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■申し込みにあたりまして
・定員43名/先着順
・申し込み締切期日 9月6日(金)


■受講をお考えの方に・・・
昨年開催致しました「未来工業(株) 本社・工場見学付きセミナー」の参加リポートを公開中!
是非ご一読ください!
https://johokiko.co.jp/column/ss_180618.php

■講座のポイント
 先頃法制化された『働き方改革』の要求レベルは非常に高く、経営者や主管部署である総務(人事・管理)部門を悩ませています。しかし当の昔にこれをクリアし、なおかつ高い利益率を誇る会社があります。それが未来工業(株)です。
 同社の施策である社員全員正社員(定年71歳)、就業時間7時間15分、年間休日140日、残業・休日出勤禁止等は、同社が儲かっているからやっているのではありません。これをやっているから20年間経常利益5%以上という安定した業績を上げているのです。
 同社の経営方針はES(従業員満足度)向上 → CS(顧客満足度)向上 → 会社利益向上で、@従業員のやる気と能力の最大化Aムダ取りB差別化の3つを、世間の想像をはるかに超えるレベルで徹底的に実施することによってそれを実現しています。
 この工場見学セミナーでは、「見える化」、ムダ取り、従業員のやる気と能力の最大化、人財育成、福利厚生、間接部門の極小化、5S、安全衛生等、様々な観点から同社の優れている点を解説していきます。
同社とあなたの勤める会社との違いを認識して頂いた後は、あなたの会社を未来工業(株)のようにする2つの方法について説明します。1つは間接業務の生産性を向上させる組織マネジメントシステム、もう1つは自ら課題(業務や職場の問題点)を発見し解決する、自立型人財育成システムです。この2つのシステムは自力構築でき、皆さんの会社でも必ず実施できます。
 他の未来工業見学セミナーと、当セミナーとの一番の違いは、「自社とのあまりの違いにため息がでる」と「自社の目指すべき姿とそこに至るプロセスがわかり、やる気が出てくる」の違いにあります。かつて一従業員の立場で『自社の未来工業化プロジェクト』に挑み大きな成果をあげた私の経験とノウハウは、必ずや皆様のお役に立つことでしょう!

■受講対象
・"働き方改革"対策にお悩みの経営者・総務(人事・管理)部課長
・社風(職場風土)活性化や人財育成方法にお悩みの経営者・総務(人事・管理)部課長
・会社利益向上方法にお悩みの経営者・経理部課長
・業務改革推進部署や改善活動事務局の方
・自社の未来工業化にチャレンジしてみたい意欲のある方(職位不問)

セミナー内容

第1部(10:00〜12:00)
【角川先生ご講演】

1.未来工業とは?
 1-1.会社概要
 1-2.経営方針と社是
 1-3.同社の特長

2.未来工業のどこがすごいのか?
 2-1.従業員のやる気と能力を最大化する仕組み(人づくり) 
 2-2.徹底したムダ排除(小さな本社機能(全社比の2.3%)等)
 2-3.徹底した差別化戦略

3.未来工業は何故すごいのか?
 3-1.日本人の正しいマネジメント方法を熟知している
 3-2.世間や業界の常識を盲信せず、自分の頭で考える
 3-3.良いと思ったことをすぐ実行できる(大幅な権限移譲)
 3-4.人財が自然に育つ仕組みがある

4.未来工業を正しく理解するためのポイント
 4-1.経営品質
 4-2.従業員性善説
 4-3.すべては会社利益のために

5.未来工業から何を学ぶべきか?
 5-1.従業員のやる気向上(人財育成)方法
 5-2.ムダ排除の方法
 5-3.同業他社との差別化戦略

6.工場見学の見どころ解説

<セミナー会場〜未来工業(株) バス移動(昼食)>

*午前中の講義が終了次第、バスで未来工業(株)へと向かいます。
*バス内で昼食を取って頂く予定でございます。また、弊社にてお弁当のご用意をさせて頂きます。


第2部(13:30〜16:30)
【未来工業(株)本社・工場見学&山田社長ご講演】


〇未来工業(株) 取締役社長 山田 雅裕 氏 ご講演
「未来工業(株)の目指すものとは?」

〇質疑応答

〇未来工業(株) 本社・工場見学(写真撮影可能)

*ご講演内容・それぞれの所要時間は、当日の状況により変更の可能性がございます。

<未来工業(株)〜名古屋駅 バス移動>

第3部(16:30〜 帰りのバス内にて)
【角川先生ご講演】


7.あなたの会社を未来工業化する方法
 7-1.この2つの活動で御社は未来工業になれる
 7-2.間接業務の「見える化」「最小化」「標準化」活動(トップダウン)
 7-3.従業員のやる気と能力を最大化する人財育成活動(ボトムアップ)

*17時半に名古屋駅にて解散予定ですが、当日の交通事情等により前後が発生する可能性がございます。予めご了承下さい。

第1回(9月13日)のみ参加↓

複数回お申込み↓

セミナー番号:AR190931

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.