化学物質管理法規制 セミナー SDS

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/7/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


※本セミナーはZoomを用いたオンラインセミナーに変更になりました。(会場では行いません。)

★化学物質管理の初心者の方々にも分かり易い3日間での集中実践講座
★日本、欧州、米国の化学物質法規制の相違点を理解し、GHS分類SDS作成が身に付きます!
★危険物輸送の国連勧告(UNRTDG)の理解も目指します!
★化審法、化管法の改正、GHS及びSDSに関連したJIS Z 7252/7253の改正など最新動向、今後の方向性も解説します!


 ・Zoomアプリのインストール、zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
    →参加方法はこちら

【Zoomによるオンラインセミナー】お好きな場所で受講が可能です。

化学物質管理法規制(3回シリーズ)短期集中実践セミナー
−日欧米の化学物質規制とGHS/SDS、危険物輸送の国連勧告(UNRTDG)の理解−

講師

SDS研究会 代表 立教大学大学院兼任講師 吉川治彦 先生

講師紹介

■主経歴
 三菱化学(株)、(株)日立製作所において、蛍光体、半導体素子、HDD、LCD等の研究開発に従事。
2001年3月より、(一財)化学物質評価研究機構にて高分子の劣化原因究明、化学物質の危険性・有害性評価、暴露・リスク評価に関する研究を行い、GHS関係省庁連絡会議事業におけるGHS危険有害性分類業務、企業のSDS作成業務、化学物質管理コンサルティング等の業務に従事。
 2015年7月 (一財)化学物質評価研究機構 安全性評価技術研究所 主管研究員
 2018年3月 (一財)化学物質評価研究機構を退社
 2018年4月 SDS研究会を設立
 大学院及び大学講師、企業の技術顧問、化学物質管理コンサルタントとして、GHS分類、SDS作成、化学品規制、国連危険物輸送勧告等において、きめ細かい教育、提案を展開。日本心理学会認定心理士(リスク心理学等)。

■主要著書
「EU新化学品規則 REACHがわかる本」(共著)工業調査会(2007.8)
「化学物質のリスク評価がわかる本」(共著)丸善出版(2012.11)
「化学品の安全管理と情報伝達 SDSとGHSがわかる本」(共著)丸善出版(2014.4)
「Q&Aで解決 化学品のGHS対応SDSをつくる本」丸善出版(2019.9)

■専門・得意分野
GHS分類、SDS作成を含む化学物質の危険性・有害性の評価、暴露・リスクの評価及びその社会技術への応用展開。

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

化学物質関連法規制セミナー 一覧へ
■日時・会場
第○回開催日シリーズテーマ
第1回7月21日(火)10:30-16:30日欧米の化学物質関連法規制
会場:[東京・大井町]きゅりあん会場での講義は行いません。
第2回7月22日(水)10:30-16:30GHS対応日欧米SDS・ラベル作成
会場:[東京・大井町]きゅりあん会場での講義は行いません。
第3回8月26日(水)10:30-16:30危険物輸送に関する国連勧告(UNRTDG)の基礎とこれからの化学物質管理
会場:[東京・大井町]きゅりあん会場での講義は行いません。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みお願い致します。
 (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

■受講料(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
※新型コロナウイルスの感染防止の一環として昼食の配布は中止させて頂きます。
 オンラインセミナーへの変更につき、下記より、各日1,100円(税込)昼食代を差引致します。

<全3回申込の場合のみ>
7月13日(月)までに、全3回申込の場合に限り、88,000円(税込)でご参加頂けます。
※1社2名以上同時申込は、さらに税込11,000円引き


*日程変更等ございました場合は、ご容赦下さい。

*全3回申込の方へ(不測の事態により、全回開催出来ない場合、以下規定に基づき、返金致します。)
 全3回中、2回未満の実施の場合: 70%返金
 全3回中、3回未満の実施の場合: 40%返金
参加形態区分価格(税込)1社2名以上同時申込
1講座のみの参加1回、2回、3回・・・47,30036,300
2講座の参加1・2回、1・3回、2・3回、・・・72,60061,600
全講座(3講座)の参加1・2・3・回・・・99,00088,000

※申込時に参加形態(第○・○回参加)を申込備考覧に記載下さい。
※各回、別の方が受講いただくことも可能です。
※1社2名以上同時申込は、同時申込、同形態(講座数、参加日)でのお申込にのみ有効です

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →


*本講座は、Zoom を使用したオンラインセミナーです。
 (下記ご確認の上、お申込み下さい)。

・本講座は、オンライン受講のみ可能です。セミナー会場での受講はできません。
 *PCもしくはスマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。

・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
  お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
*Zoomアプリのインストールをしないブラウザからのご参加テストもこちらから可能です
*Skypeなど別のツールが動いておりますと、カメラ・マイクなどがそちらで使用されてしまいZoomで不調となる場合があります。お手数ですが同様のツールは一旦閉じてからお試し下さい。


 ・Zoomアプリのインストール、zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
    →参加方法はこちら


・本講座の配布資料は、PDFにてご送付申し上げます。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、
録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することやプロジェクタ等による複数人での視聴は禁止いたします。

・当日、可能な範囲で質疑応答、個別質問も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
req@johokiko.co.jp

第1回(7月21日(火))

日欧米の化学物質関連法規制
−化審法・安衛法・毒劇法・化管法・REACH規則・TSCAの体系的な理解−

■講演ポイント
 化学物質に関する法規制は、多岐にわたり複雑で理解することが難しい。
 本セミナーでは、業務で化学物質を取り扱う方々にとって、ぜひとも理解しておいてほしい法規制(化審法、安衛法、化管法、毒劇法)について分かり易く解説します。また、EUの化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則であるREACH規則及び米国の新規化学物質登録制度、有害物質規制法TSCAの概要も解説し、日欧米の化学物質関連法規制の体系的な理解を目指します。さらに、最近の動向である化審法、化管法、毒劇法改正、英国のEU離脱、TSCA改正法の概要などついても触れます。

■受講後、習得できること
・化審法、安衛法、化管法、毒劇法の概要が理解できます。
・化審法、化管法の改正、毒劇法追加物質など、化学法規の最新動向も把握できます。
・EUのREACH規則及び米国のTSCAの概要が理解できます。
・英国のEU離脱、TSCA改正法の状況なども分かります。

■講演プログラム
1.化学物質管理規制の国際動向
2.化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)
3.労働安全衛生法(安衛法)
4.特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化管法)
5.毒物及び劇物取締法(毒劇法)
6.化学法規の最新動向(化審法、化管法、毒劇法など)
7.REACH規則の概要
8.TSCA改正法の概要
9.まとめ(確認と復習、質疑応答)




第2回(7月22日(水))

GHS対応日欧米SDS・ラベル作成
−改正JIS準拠SDS・EU向けCLP・米国向けHCSの相違点の理解−

■講演ポイント
 GHSは国や地域による相違があるため、初心者には分かり難い部分があります。
 本セミナーでは、国連GHSと日本、EU、米国のGHSを対比させながら、その違いを分かり易く解説します。昨年改正されたJIS Z 7252/7253:2019に対応したSDS・ラベル作成のための知識だけでなく、EUのCLP規則及び米国HCSに対応したSDS・ラベルの概要も習得し、日本、EU、米国のSDSやラベルによる情報伝達の相違点について体系的な理解を目指します。さらに、最近の動向であるCLPのポイズンセンター届出、HCSの改正などについても触れます。

■受講後、習得できること
・国連GHS、日本、EU、米国のGHSの概要と相違点が理解できます。
・昨年改正されたJIS Z 7252/7253:2019の改正内容が理解できます。
・改正JISに準拠したSDS、ラベルの作成ができるようになります。
・EU向けCLP、米国向けHCSに準拠したSDS、ラベルの作成ができるようになります。

■講演プログラム
1.国連GHS分類の基礎
2.日本のGHS分類の概要(改正JIS対応SDS、ラベル作成)
3.EU向けCLPの概要(SDS、ラベル作成)
4.米国HCSの概要(SDS、ラベル作成)
5,まとめ(日欧米の相違点、確認と復習、質疑応答)



第3回(8月26日(水))

危険物輸送に関する国連勧告(UNRTDG)の基礎とこれからの化学物質管理
−国連番号の考え方と今後の方向性−

■講演ポイント
 GHS分類及びSDS作成に関連したJISが改正され、SDSに記載すべき内容は明確になりましたが、SDSの14項「輸送上の注意」に記載する内容は、難解で難しいと思われます。14項には、輸送に関する国際規制の情報を含めることとされ、危険物輸送の国連勧告(UNRTDG)に関連した国際規制(国連番号、国連分類等)に該当する場合、記載が必要となります。
 本セミナーでは、危険物輸送の国連勧告の基礎を理解し、危険物リストの見方、国連番号等の考え方・決め方を習得します。さらに、これからの化学物質管理の方向性として登録審査制度と的確な情報伝達によるリスクベースの自主管理などについても触れます。

■受講後、習得できること
・危険物リストの見方と国連番号、国連分類の考え方・決め方が理解できます。
・SDSの14項「輸送上の注意」の記載方法が理解できます。
・危険物輸送の国連勧告とGHS、海上、航空、陸上輸送との関係も分かります。
・今後の化学物質管理の方向性(登録審査制度、的確な情報伝達によるリスクベースの自主管理など)にも触れます。

■講演プログラム
1.危険物輸送の国連勧告(UNRTDG)とは?
2.危険物輸送の分類
3.危険物リストの見方
4.危険物輸送の国連勧告とGHS及びSDSとの関係
5.危険物輸送容器、ラベル
6.危険物輸送の国連勧告と海上輸送、航空輸送
7.危険物輸送の国連勧告と国内輸送
8.これからの化学物質管理(登録審査制度、的確な情報伝達によるリスクベースの自主管理など)
9.まとめ(確認と復習、質疑応答)

セミナー番号:AR200760

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

2020 スマホ・車載カメラ

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.