品質管理 統計学 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


科学技術者の統計(7月16日)のみ参加↓


科学技術者の統計(7月16日)/分バリ統計(7月17日)両日参加↓

特に分析業務に携わる科学技術者の方々のために
統計の概念をイメージし理解するために、具体的な実験データを使って、データ解析の考え方、方法、解釈について、演習を交えて解説します

科学技術者のための“分かり易い”統計の基礎

講師

スタット・イメージング・ラボ 代表 福田晃久 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

○これまでのご経歴
1979年 上智大学理工学部 化学科卒(工業物理化学研究室)
1979年 日本グラクソ株式会社(現GSK)入社、今市工場品質管理部配属
1987年 日本科学技術連盟 品質管理ベーシックコースを主席で修了
1988年 日本規格協会 実験計画法セミナー(品質工学)を次席で修了
1991年 日本グラクソ株式会社(現GSK)開発本部 メディカルデータサイエンス部 課長
2001年 グラクソスミスクライン株式会社 製剤研究センター 課長
2003年 ノボ ノルディスクファーマ株式会社 郡山工場 品質管理部/品質保証部 部長
2013年 共和薬品工業株式会社 信頼性保証室 品質保証部/三田品質保証部/品質保証推進部 部長
2019年 スタット・イメージング・ラボ 代表

○過去関連テーマでのご講演など
品質強化のためのGQP・GMPセミナー(2008年 日科技連)
溶出試験判定法2の統計的考察(May 2019, PharmTech Japan)
溶出試験判定法1の統計的考察(June 2019, PharmTech Japan)

→このセミナーを知人に紹介する

7月17日 『品質統計解析の分析法バリデーションへの応用』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2020年7月16日(木) 10:30-16:30
●会場 [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館10階第4会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
『科学技術者の統計(7月16日)』のみのお申込みの場合
  1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

『分バリ統計(7月17日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名72,600円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき61,600円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

  *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

科学技術者にとって実験や観察を行い、そのデータから普遍的な何かを抽出するということは日常的によくあることです。統計はそのような場面で非常に活躍するのですが、必要性を痛感するのは社会人になってからという人が多いのではないかと思います。私(講師)もそうでした。本セミナーは、具体的な実験データを用いて、学びなおすことを意図したものです。統計は数式から学ぶと分かり難いのですが、絵柄やグラフから学ぶと意外と分かり易いものです。講師デモも同時進行で行なうためPC持参は必須ではありませんが、参加者ご自身でデータ解析を体験すると理解がより高まると思います。なお、本セミナーは「分析法バリデーションへの応用」の準備コースも兼ねていますが、医薬品以外の製造業に携わっている方で、業務に関わる統計を学びたいという方にも十分にご理解いただけるように解説いたします。

○習得できること
統計的考察の基礎となる標準偏差と規準化の考え方
信頼区間、統計的有意差の意味合い
検定と推定の考え方、計算式の成り立ち
相関分析と回帰分析(直線回帰)の基礎
統計を学ぶためのコツ(モンテカルロ・シミュレーション)

セミナー内容

本講座内では演習用のエクセルデータを事前に皆様にお送りする予定でございます。

エクセルが利用できるPCをお持ち込み頂き、ご自身での演習が可能です。
(その際、PC演習を希望される方は、
 Excelのアドインツールである「データ分析」のインストールを予めお願い申し上げます。)

演習は講師のデモも同時進行で行いますので、
PCを持参されなくても受講に支障はございません。


 1.ばらつきを理解する
  ・ヒストグラム
  ・正規分布
  ・標準偏差

 2.統計的な距離(規準化:統計の勉強で最も重要な概念)

 3.95%信頼区間の意味合い「真の値を95%の確率で含む範囲」と言うけれど

 4.平均値の信頼区間
  ・標準偏差と標準誤差の違い
  ・信頼区間の計算方法と解釈


 5.標準偏差の信頼区間(“ばらつき”のばらつき!)
  ・標準偏差のばらつきの特徴
  ・信頼区間の計算方法と解釈

 6.平均値の差の検定と推定(グループ間の比較:t検定)
  ・検定のなりたち(比較のメカニズムとExcel関数を用いた手計算)
  ・Excelによる結果の解釈
  ・p値、有意水準、危険率
  ・差の信頼区間の計算方法

 7.平均値の差の検定と推定(対応関係がある場合の比較:paired-t検定)
  ・検定のなりたち(比較のメカニズムとExcel関数を用いた手計算)
  ・Excelによる結果の解釈
  ・p値、有意水準、危険率
  ・差の信頼区間の計算方法

 8.一元配置分散分析(多群の平均値の比較)
  ・検定のなりたち(比較のメカニズムとExcel関数を用いた手計算)
  ・Excelによる結果の解釈
  ・p値、有意水準、危険率
  ・差の信頼区間の計算方法

 9.相関係数(対応のある2変数間の関連の強さ)
  ・相関係数のなりたち
  ・回帰分析とは
  ・Excelによる結果の解釈
  ・回帰分析の落とし穴(回帰診断)

 10.自習のためのモンテカルロ・シミュレーションのやり方

科学技術者の統計(7月16日)のみ参加↓


科学技術者の統計(7月16日)/分バリ統計(7月17日)両日参加↓

セミナー番号:AS2007B1

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.