「パテントマップ 作成 活用」 セミナー│マップ作成のグループ演習で学ぶ(7月24日東京会場セミナー)
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  全固体電池材料技術
  創薬モダリティ
  プロセスインフォマティクス
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


・パテントマップを実際に作って体得する、会場実習つきセミナー

パテントマップの作成活用実務

~マップを作成し、研究開発・戦略シナリオに落とし込むまでをグループ演習で学ぶ~

<東京会場セミナー>

講師

八角コンサルティンググループ 代表
 / 技術士(化学部門)・AIPE認定 知財アナリスト 八角 克夫 氏

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

1992年3月 東北大学大学院工学研究科博士課程前期修了(応用化学専攻)
1992年4月 総合化学メーカー入社
研究開発本部にてポリエチレン気相重合触媒の研究開発に従事/ポリエチレン開発部にて成形加工・試験・評価等に従事/1997年4月 研究開発本部にてクラスター分子を利用した触媒の研究/1998年4月 1年間、理化学研究所にて派遣研究
2004年7月 知的財産部
特許情報解析、知財戦略、事業戦略支援、知財教育、BtoBのブランド活動、テーマ発掘活動、MOTなどに従事(研究開発・ポリエチレン・ポリプロピレン・ポリブタジエン・ナイロンなどを担当)/知的財産推進グループのグループリーダーとして、全社の知財技術担当を統括/タイやヨーロッパにて知財指導経験を有する
2019年2月 AIPE認定 知財アナリスト
2019年5月 八角コンサルティンググループ開設
2020年3月 検索技術者検定1級
2021年6月 (一社)技術知財経営支援センター 副代表理事

日時・会場・受講料

●日時 2024年7月24日(水) 10:30-17:00 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第1講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
  ※会場での昼食の提供サービスは中止しております。
  *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

▼好評の声、続々!(同講師セミナー受講後のアンケートや直接の反響より)
「今まで受けたセミナーの中で一番有益でした。すぐに活用したいです」(知財戦略立案)
「特許に関しては専門外で全くの素人ですが、とても分かりやすく講義頂けて勉強になりました。ありがとうございました」(技術)
「知財戦略策定法をケーススタディで学びたくて参加しました。大変有益でした」(技術・知財戦略策定・実行)
「ディスカッションもあり、ノウハウ的な部分も多かったので大変良かった」(知財業務)
「戦略作成の進め方と戦略の立て方を知るために受講しました。とても貴重な内容でした」(知財戦略)
「戦略を立てるために特許を活用したいと思っていた。労力はかかるが今回の内容は大変参考になった」(研究、一部特許)
「ミクロマップを作成した上で、どのように進めていくのか、競合他社の情報や、周辺技術で応用できることはないか、将来の目標を決めていく等、実習を踏まえて具体的に学ぶことができたことが良かったです」(特許調査・意匠調査、出願対応)


○講師より/本セミナーのポイント
 講師のこれまでの実務経験から、継続的に黒字化を続けている事業部はしっかりとした戦略の下、事業部門・研究開発部門などの活動が活発に行われていると言えます。ただし、そこには単なる、トップからの指示だけではなく、各部署がベクトルを合わせて一体となる仕掛け、すなわち、事業戦略に整合した知財戦略の策定とその戦略意識を高める活動があります。
 本セミナーでは、その仕掛け人であった講師が、活動内容と特許情報をいかに見える化して、知財戦略を組み立てていくかを解説します。尚、途中で班(グループ)に分かれ、パテントマップ作成 演習に取り組んで頂きます。他の企業の方との交流を通して、座学だけでは得られない知財戦略立案手法を身に付けてもらえればと思います。
 *本セミナーは会場のみでの講演となります。オンラインは実施せず、また撮影・録画も致しません。グループ演習等、活発な交流ができるよう努めます。

○受講対象者は?
・知財戦略を立案・検討する立場の方
・研究者・技術者・開発者・営業担当者(また、各部門と連携していく必要のある方)
・特許や知財についての概要を把握した上で業務を進めていきたい研究開発部門の方
※同業者の方(コンサルタント業等)・及び個人でのお申込みの場合、受講をお断りする場合がございますので、予めご了承下さい。

○受講することで得られる知識/ノウハウは?
・黒字を出し続ける知財戦略の立案・策定に必要な基礎知識
・知財戦略立案・策定のステップ・方法、講師の企業実務経験も踏まえた具体的なノウハウ・留意点
・知財・特許情報を組み合わせた事業戦略・研究開発戦略の策定方法
・策定した戦略の見える化手法と社内共有・推進の方法
・黒字化をもたらす知財戦略の策定手法 など

セミナー内容

1 企業における特許情報の重要性:これまでの講師の実務経験から
 1.1 黒字化し続ける事業部の特徴
  1.1.1 これまでの活動の概況
  1.1.2 黒字になったのはなぜか:何が変わったからか
  1.1.3 ベクトルを合わせるブランド活動
 1.2 企業における特許情報解析の意義と活用
  1.2.1 シームレス化した三位一体活動
  1.2.2 特許情報は技術情報・顧客情報の宝庫
  1.2.3 研究開発のための特許情報の活用
  1.2.4 営業のための特許情報の活用
  1.2.5 経営に資する特許情報の活用

2 特許情報の見える化としてのパテントマップ ~知財戦略策定のツールを学ぶ~
 2.1 パテントマップの基礎:知財戦略の中での位置付け
 2.2 マクロマップによる統計処理
 2.3 ミクロマップの作成と活用方法


3 知財戦略の事業戦略への整合:戦略マップの作成 ~具体的活動を学ぶ~
 3.1 戦略のシナリオを創るための戦略マップ
  3.1.1 事業優位性の確保とリスク回避のための戦略マップ
  3.1.2 重要な戦略データベースとその活用
  3.1.3 営業のための新規マップ作成と活用

 3.2 知財戦略策定の仮想事例:パテントマップ作成演習
  ・原則3人1組のグループに分かれて、作業をして頂きます。
  ・仮想事例に基づき、模造紙に印刷したパテントマップをべースに、
   ポストイットを使って戦略マップをグループで作成していただきます。
  ・その上で、ディスカッションをしつつ、アクションプランを考え、戦略シナリオを作成して頂きます。

  3.2.1 仮想事例紹介
  3.2.2 戦略マップと知財戦略の策定
  3.2.3 アクションプランのシナリオ
 3.3 知財戦略策定後の活動と効果(仮想事例)
  3.3.1 開発部の活動と効果
  3.3.2 研究開発の活動と効果
  3.3.3 営業の活動と効果

4 受講者へのメッセージ

<質疑応答>

セミナー番号:AC240718

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.