技術・研究開発セミナー・技術書籍なら情報機構

SDS、REACH、化審法、安衛法、PFAS規制等、化学物質法規制 セミナー 書籍

国内外の化学物質法規制関連セミナー・書籍・雑誌など一覧
~ 化学物質情報局 ~国内の化審法/安衛法等の法規制をはじめ欧州RoHS/REACH、米国TSCA/Prop65、中国・韓国・台湾・東南アジア等の各国動向から、GHS対応ラベル/SDS作成や危険物輸送の実務、SDGsを見据えた各種環境法対応まで充実のラインナップを取り揃えています。
「PFAS規制」 「包装材料規制」特設ページもございます。

雑誌「月刊 化学物質管理」2016年8月創刊(創刊8年目!)

セミナー・通信教育


■セミナー受講形式アイコンについて■
・主に「会場(対面)受講」「Zoomオンライン受講」がございます。
・「見」アイコンは、見逃し配信あり。一定期間セミナー動画を視聴できるオプションサービスです。
・会場/オンラインの両アイコンがある場合は、受講形式をお選びください。

会場(対面)受講……会場(対面)受講

Zoomオンライン受講……Zoomオンライン受講

見逃し視聴選択可……見逃し視聴選択可



【2024年6月】

6月18日
zoom 見逃し
<鉄や銅・リチウムなど"重要鉱物"を扱う企業必見>
EU・中国(など主要各国)における重要鉱物獲得に関する法令動向
~EU重要原材料法等により想定される企業への影響~
講師 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 平木 綾香 氏

★自動車や電子機器の製造に用いられる【鉄・銅・リチウム・コバルト等】の多くの鉱物が"重要鉱物資源"と呼ばれ、これらの獲得競争が激化しています
★EUでも「重要原材料法案」が発効されるなど、各国の政策動向に注意しておく必要があります
★各企業は何を見て、どこから情報を得るべきか?
6月19日
zoom 見逃し
(1日で学べる)医薬品包装・医療機器包装に関わる日欧米三極法規制の最新動向と実務対応上のポイント
日本包装專士会 元会長 西秀樹先生
★日米欧含めアジア諸国の法規制動向及び実務対応上の留意点を踏まえて解説。6月26日セミナー「食品・化粧品包装の国内外法規制」も是非参加下さい。
6月20日
会場開催
欧州CEマーキング制度と機械指令概要+新機械規則の主な変更点
講師 テュフ ラインランド ジャパン株式会社 穐原 一真 氏・五十嵐 和浩 氏

★以下2本立てで解説します!
第1部:CEマーキング制度の概要
第2部:現行の機械指令の概要説明、及び新機械規則の主な変更点について
6月20日
zoom
自動車部品業界における化学物質規制情報の上手な調査法(入門講座)
製品環境アドバイザー 元豊田合成(株) 筒井将年先生
★新たに規制が予測される化学物質の情報入手方法をわかりやすく解説
6月20日
zoom 見逃し
化学物質のサプライヤ管理
AGC(株) 博士(工学) 技術士(環境部門、総合技術監理部門) 岡部 正明先生
★購買・外部委託のポイント等を含めて総合的に解説!
6月21日
zoom 見逃し
混合物のラベル・SDS作成方法及び実務上の課題と対策のポイント
日本ケミカルデータベース(株) レギュラトリー・コンプライアンス・サービス部 上村 敏文先生
★原材料情報の入手から情報整理、該否判定など、ラベル・SDS の作成前に必要となる重要なポイントを解説!
★化学品を取扱う小売業、輸入商社から化学メーカーまで、実務上の様々な課題例を挙げ、対応スキルのレベルアップを狙う!
★混合物製品のラベル・SDS 作成の基本から、作成に必要な情報やツールの活用方法を学ぶ。
6月21日
zoom 見逃し
改正食品衛生法/器具・容器包装ポジティブリスト対応の実務
-PL制度経過措置終了までに押さえておくべき要点と企業対応-
講師 技術コンサル 「サスサポ」代表  兒玉 哲夫 氏

★2020年6月に施行後、多数の材料追加申請やPL関係の修正が行われています。
★販売・製造・輸入に関わる企業が対応すべき具体的内容、確認しておくべきことを丁寧に解説!
6月21日
会場開催
新規化学物質届出における化審法・安衛法の理解と必要な実務対応
講師:823労働衛生コンサルタント事務所 矢島 聡 氏

★着任して日の浅い担当者、化学物質管理を専門とされていない方にもご理解頂けるよう解説致します。
6月24日
zoom 見逃し
製品含有化学物質管理における東南アジア主要国の法規制情報の上手な調査法(入門講座)
AGC(株) 博士(工学) 技術士(環境部門、総合技術監理部門) 岡部 正明先生
★法規制情報の入手先・ホームページの必要な個所・URL等をわかりやすく解説!
6月25日
zoom 見逃し
成形品の製品含有化学物質に関わる法規制等の理解と対応
みずほリサーチ&テクノロジーズ(株) サステナビリティコンサルティング第2部 上席主任コンサルタント 技術士(環境部門、総合技術監理部門) 菅谷隆夫先生
★2024年上期における製品含有化学物質に関わる法規制などの動向を時系列で解説。製品含有化学物質管理の担当者のお役に立てるように、新たな動きについて、そこまでの経緯、関連動向、今後の予想なども交えて実践的な情報を提供したいと思います。
6月25日
会場開催
初めてのSDS・ラベル作成~JIS、法改正に対応したGHS対応実務~
SDS研究会代表 立教大学大学院兼任講師  吉川治彦先生
★JIS Z 7252/7253:2019、安衛法及び化管法改正対応のSDS・ラベル作成を習得します。SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)の概要と最新動向を解説します。国連危険物輸送勧告(UNRTDG)とGHSの関係についての知識も得られます。
6月26日
zoom 見逃し
(1日で学べる)食品包装・化粧品包装に関わる国内外法規制の最新動向と実務対応上のポイント
日本包装專士会 元会長 西秀樹先生
★日米欧含め諸外国の最新法規制動向及び実務対応上の留意点を踏まえて解説。6月19日セミナー「医薬品医療機器包装の日欧米三極法規制」も是非参加下さい。
6月26日
zoom 見逃し
化学物質リスクアセスメント
~CREATE-SIMPLEによるリスク見積り手法習得実践セミナー~
講師 鶴田労働安全衛生コンサルタント事務所 鶴田 光 氏

★ご要望にお応えして、「CREATE-SIMPLE」の使い方をじっくり解説!事例を用いた演習でしっかり身につきます。
★「自律的な管理」の基礎から理解して実務に落とし込む

【2024年7月】

7月11日
zoom 見逃し
<デクロランプラス/メトキシクロル/UV―328を中心とした>
ストックホルム条約とその対象物質の徹底解説~各物質の用途/適用除外/化審法への落とし込みや国内外の規制動向など~
講師 十四コンサルティングオフィス 長野 知広 氏


「デクロランプラス」「メトキシクロル」「UV―328」「PFAS」など、POPs条の対象物質の用途/適用除外/国内法への落とし込みや国内外の規制動向を詳細解説!
7月17日
zoom 見逃し
RoHS指令の基礎理解と実務対応
OQCS代表 岡野雅一先生

★1日速習!Rohs2指令の基礎から最新動向までを学べます!
☆Rohs2を進める上で、何をすれば良いのか、また、何をしてはいけないのか
★セミナー開催日までに判明している最新トピックスについても解説致します!
7月18日
zoom 見逃し
REACH規則の基礎理解と実務対応
OQCS代表 岡野雅一先生

★1日速習!REACH規則の基礎から最新動向までを学べます!
★制限物質についての重要情報、SCIP、UK REACH等のトピックス分野についても解説致します!
★REACH規則についての知見を深めたい方、これから実務に携わる方、是非ご参加ください♪
7月18日
zoom 見逃し
自動車業界(部品・材料メーカー等)における環境/化学物質規制対応のためのIMDSデータ作成の基本
~IMDSに関わるデータ作成の実演デモを含む~
講師 株式会社シンク・リード 和田幸士 氏

☆日本初のIMDS認定トレーニングパートナー企業による初級/中級者向け講座!
☆環境負荷物質調査の実務経験が20年以上あるベテラン講師が、
 IMDSの成り立ちに始まり、データ作成手順等に至るまで、解説いたします!
7月23日
zoom 見逃し
実習を通して学ぶchemSHERPAデータ作成の進め方と要点解説
ソニー株式会社 菅生千枝子先生

★お手元のPCで実際にchemSHERPAデータを作成して頂きます
★製品含有化学物質の含有率や含有量が明確にすることが、環境事故の未然防止に繋がります
7月24日
zoom 見逃し
国内外におけるバイオプラスチックの開発・実用化の動向とプラスチックリサイクル技術の最新情報
講師 村岡環境カウンセラー事務所 村岡良介 氏

☆本講座では、国内外各国の現況と開発動向等を整理した上で、
 マイクロプラスチック問題等の話題も含めて、各種ポイントを解説いたします!
7月26日
zoom 見逃し
国内外各国における化粧品の最新法規制2024
~日本/米国/欧州/中国/ASEAN等を対象として~
講師 株式会社資生堂 岩城はるひ 氏

☆国内外の化粧品規制(一部、化学品規制を含む)は次々とアップデートされており、
 進出予定国の正確な最新情報の把握が、より一層求められています。
☆本講座では、主要各国の現況を丁寧に解説した上で、
 留意事項やトレンド事例も含めて、理解度向上を図って参ります。
7月29日
zoom 見逃し
中国・台湾における化学物質規制の最新動向及びGHSラベル/SDSに関連する要求
~新規及び既存化学物質と危険品の輸入について~
講師 株式会社アジアンエクスプレス 清本珠音 氏

☆本講座の主要キーワード
1.中国台湾における新規・既存化学物質規制と危険品規制。
2.中国台湾向けSDS・ラベルの要求事項理解。
3.中国危険化学品のQRコード付与に関する最新情報。
4.中国台湾へ化学品を輸入する際の注意点等々。
☆講師は経験・実績共に豊富な上、現地担当者とも頻繫にコンタクトを取っており、
 各社個別のご質問・ご相談へも臨機応変に対応いただいています!
7月30日
zoom 見逃し
PFAS における国内外規制および企業の対応動向
講師 みずほリサーチ&テクノロジーズ(株)  後藤 嘉孝 先生

★PFAS規制の強化に対し、代替その他の対応方策はどのように捉え進めていけば良いのか?
 国際的な規制や各社対応状況の最新動向をふまえ、その考え方を示します。

【2024年8月】

8月7日
zoom 見逃し
EU包装および包装廃棄物に関する規則案(PPWR)の動向と日本企業が行うべき対応
日本包装專士会 元会長 西 秀樹氏

★日本企業は何をどのように対応したらよいのか?
8月8日
zoom 見逃し
改正安衛法対応 SDS・ラベル作成の徹底理解
SDS研究会 代表 立教大学大学院兼任講師  吉川治彦氏

★改正された安衛法のポイントとSDS・ラベル作成の変更点を習得しましょう。
★JIS Z 7252/7253:2019準拠のGHS、安衛法及び化管法改正対応のSDS・ラベル作成を習得します。
★国連危険物輸送勧告(UNRTDG)とGHSの関係についての知識も得られます。
8月9日
会場開催
PFAS規制に関する最新動向及び代替材料の動向について
講師:株式会社 KRI スマートマテリアル研究センター/先進技術調査部担当 執行役員 福井 俊己 氏

(1)PFAS規制の現状がどのような状態にあるのかを把握し、今後のPFAS規制を考慮した材料開発の考え方・方向性を理解を目指します。
(2)半導体やエネルギー分野での現状材料技術の状態の理解を目指します。
(3)撥水・撥油・滑落特性を有するフッ素フリー材料の開発指針を一つの例としてPFAS代替え材料開発の考え方を理解する事を目標としております。
●興味のある事項については、どんどんご質問いただければ幸いです。
8月19日
会場開催
欧州PFAS規制の動向とフッ素樹脂製品への影響・用途別代替手段の可能性まで
講師 平山技術士事務所 平山 中 先生
※元・日東工業株式会社

○PFAS規制動向と用途別のPFAS代替品の可能性について、長年フッ素樹脂の研究開発・ビジネスに携わってきた講師が解説!
○前提となる基礎知識から、PFAS規制案の具体的内容の解説、半導体・コーティング・食品接触材・化学工業ほか様々な業界における代替材料の可能性やフッ素樹脂メーカーの動向まで。
8月21日
zoom 見逃し
毒物及び劇物取締法の概要・改正と対応-基礎の理解、最近の改正、今後の動向-
SDS研究会 代表 立教大学大学院兼任講師  吉川治彦氏

★毒劇法最新動向、追加物質、SDS・ラベル、毒劇法指定のプロセスと除外申請とは?
8月21日
zoom 見逃し
EU電池規則の要点解説
-2026年末までの要件を焦点にー
講師 株式会社先読 石塚 竹生 氏

〇電池規則の目的・適用範囲などの基礎から2026年末までの要件と予定されている委任法・実施法、講師目線での注意点や気になるポイントまで。
〇基礎を学びたい方から、最新の追加情報を押さえたい方まで。直接対応に係わる方はもちろん、研究開発やビジネス上知識が必要な方まであらゆる方が対象です!
8月22日
zoom 見逃し
リチウムイオン電池の危険物輸送規則の徹底理解(2024)
(株)エーワイイー 代表取締役社長 元トヨタ自動車(株) 朝倉吉隆氏
★電気自動車開発からリサイクルまでEV用リチウムイオン電池の輸送規則を一挙解説!
8月22日
PFAS対策セミナー:科学と環境の視点から、PFAS汚染の修復方法を考える
北海道科学大学薬学部薬学科 講師 博士(環境科学) 三原義広氏
★最新の科学的知見を通じて、PFAS問題に取り組むための確かな基盤を提供します。
8月23日
製品含有化学物質管理の基本と実践のポイント
みずほリサーチ&テクノロジーズ(株) サステナビリティコンサルティング第2部 上席主任コンサルタント 菅谷隆夫氏
★組織的な製品含有化学物質の管理の「仕組み」なしで、拡大し続ける製品含有化学物質規制に対応できますか?
8月23日
zoom 見逃し
新しい化学物質規制は欧州から始まる!
化学物質規制の最新動向2024
~CLP、RoHS、REACH、TSCA、K-REACHなど~
講師:Amu株式会社 小泉 岳利 氏

★欧州を起点とした化学物質規制に関して、北米、中国、韓国、台湾、東南アジア諸国、日本までカバーした内容。
★なぜ規制動向を把握しておく必要があるのか?規制に慌てずに対応するための準備とは?今後の規制化の可能性のあるトピックとは?
★化学物質規制動向の調査方法についてもお話致します。
8月26日
zoom 見逃し
化学物質管理に関わる欧米規制情報の上手な調査法入門
サステナブルビジネス研究所 代表理事 市川芳明氏
★海外法規制の情報収集に困っている方に最適です!
8月26日
会場開催
混合物のGHS分類、SDS・ラベル作成(入門編)
講師:823労働衛生コンサルタント事務所 矢島 聡 氏

★はじめて学ぶ方でも参加大歓迎!基礎からSDS・ラベル作成を学びます。
★翌月には実際にSDS作成演習を行う<実践編>を開講!併せてのご参加もお待ちしております!
8月27日
zoom 見逃し
海外向けSDS(4回シリーズ)(2024)~米国、EU、中国・韓国・台湾、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、シンガポール~
AGC(株) サスティナビリティ推進部プロフェッショナル 岡部正明氏
★海外向けのSDS情報をまとめて習得できる日本で唯一の講座。全4回の受講で、海外に関するSDSの最新状況が理解できる。
8月28日
zoom 見逃し
米国/連邦法および州法におけるPFAS規制最新動向
~訴訟事例と各州の動き・企業が取るべき対策~
講師 渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 木村 勇人氏・野崎 真一氏

☆国内外問わず関心が高まっているPFAS、本セミナーでは米国連邦法・各州法に重点を置いてその規制内容を解説!
☆連邦法と州法におけるPFASの取り扱い、各州で実際にあったPFAS関連の訴訟問題の具体的事例まで
☆今後企業が取るべき対策、行うべき情報収集とは?
8月28日
zoom 見逃し
危険物輸送に関する国連勧告(UNRTDG)の基礎-GHSとの関係、国連番号の決め方-
SDS研究会 代表 立教大学大学院兼任講師  吉川治彦氏

★危険物リストの見方、国連番号等の決め方の習得を目指します。
8月29日
zoom
自動車部品業界における製品含有化学物質管理入門
元豊田合成(株) 筒井将年氏
★関連規制及びGADSL・IMDS等含め基礎から分かり易く解説!
8月29日
zoom 見逃し
RoHS指令~そのポイントと最新動向~★改正の見通し及び最新規制情報踏まえ、やさしく・わかりやすく解説。
サステナブルビジネス研究所 代表理事 市川 芳明 氏
★8月30日セミナー「REACH規則」も是非ご参加下さい。
8月29日
zoom 見逃し
中国輸出入監督管理の最新動向と日系企業の対応
-輸出管理及び税関トラブルを防ぐためのポイント-
講師 金杜法律事務所 劉 新宇 氏

☆複雑に入り組んだ中国輸出管理法規制を最新動向を交えて解説!
☆化学品輸出入に関する特別な管理、税関でよくあるトラブルなどを事例を交えながらわかりやすく解説
8月30日
zoom 見逃し
REACH規則~そのポイントと最新動向~★改正動向及び最新規制情報踏まえ、やさしく・わかりやすく解説。
サステナブルビジネス研究所 代表理事 市川 芳明 氏
★8月29日セミナー「RoHS指令」も是非ご参加下さい。

【2024年9月】

9月9日
会場開催
混合物のGHS分類、SDS・ラベル作成(実践編)
講師:823労働衛生コンサルタント事務所 矢島 聡 氏

★はじめて学ぶ方でも参加大歓迎!SDSの作成実習を通し、SDS・ラベルへの理解を深めます。
★前月には<入門編>を開講!併せてのご参加もお待ちしております!
9月17日
zoom
化学品・素材の輸出管理と該非判定実務
講師 日東電工(株)  石黒 信吾 先生

★取り扱い製品がどのような規制対象になっているのか?その適用法令を把握するためには?リスト規制・キャッチオール規制への対応は?
★判断に迷うケースも多い該非判定実務のすすめ方や注意すべきポイントを、丁寧に解説します!
9月19日
zoom 見逃し
自動車業界(部品・材料メーカー等)における環境/化学物質規制対応のためのJAPIAシート作成の基本
~JAPIAシートに関わるデータ作成の実演デモを含む~
講師 株式会社シンク・リード 和田幸士 氏

☆JAPIAシートの目的やデータの構造に始まり、具体的なデータ作成手順に至るまで!
☆環境負荷物質調査の実務経験が20年以上あるベテラン講師が、
 実務に寄り添う形で、各種ポイントを丁寧に分かりやすく解説いたします!
9月20日
zoom
【学び直し】作業環境管理と作業管理(有機溶剤等を中心に)
講師 産業医科大学 樋上 光雄 氏

自律的な化学物質管理が始まった今だからこそ,労働衛生3管理の作業環境管理と作業管理について,学び直してみませんか?

過去開催したセミナー例

書籍・LMS型e-ラーニング・動画配信

NEW2024年3月発刊 書籍欧州・米国・アジア・オセアニアに対応した「ラベル・SDS 作成」の手順
~最新動向を踏まえた実務のポイントと各国規制の対象比較~
日本、EU、米国、中台韓、東南アジア、オセアニアのラベルSDSを、国毎にポイントを押さえ、相互に比較しながら理解する。
NEW2024年3月発刊 書籍PFAS(有機フッ素化合物)の現状及び規制の影響と今後の対応
PFAS規制の現状から特性・影響および分析法、浄化処理法、各種用途における動向まで包括的にまとめられた一冊
NEW2024年3月発刊 書籍化学物質管理における労働安全衛生法の基礎知識と改正における対応のポイント
安衛法における化学物質管理規制の要点と、具体的な管理対応方法について、事例も交えて解説。
2023年10月発刊 書籍(2023年版)食品包装及び化粧品包装に関わる国内外法規制の最新動向と実務対応上のポイント
★世界の食品包装・化粧品の包装関連規制の最新動向を解説。また、日本の現状と世界との差異は?
★中国、アジア、オセアニア、湾岸諸国・南米諸国・その他国等の最新動向とは?
★環境型経済を目指した廃棄プラスチックの動向は?
★企業におけるリスク管理の進め方とは?
2023年10月発刊 書籍各社の化学物質管理3(CD-ROMつき)
~「 月刊 化学物質管理 」VOL.5~6、好評のリレー連載一冊にまとめました~
2023年8月発刊 書籍(2023年版)医薬品包装・医療機器包装に関わる日欧米三極法規制の最新動向と実務対応上のポイント
★医薬品に関わる日米欧の薬局方(JP・USP・EP)及びICH動向を踏まえて!
★医療機器に関わるISOとJIS周辺の動きとは?
★アジア主要国の法規制情報も収載!
LMS型e-ラーニング製品含有化学物質管理の実務
担当者が仕事を効率良くこなせるように、関連法規制の最新動向、簡便な情報検索のコツ、管理の仕組み、供給者や供給品の調査、含有物質の情報整備や情報提供の実務、サプライチェーン共通化ツールを使いこなすコツなどについて、初級者にも理解できるようわかりやすく解説します。
2023年6月発刊 書籍医薬品包装・容器における関連知識と実務上の留意点
医薬品包装・容器に関わる関連規制・製造知識・AI・環境技術・デザインおよび表示・バーコード知識、そして、医療現場からの今の要望を詰め込んだ総合書籍
2022年11月発刊 書籍環境対応 プラスチック容器包装最前線
環境対応を余儀なくされるプラスチック容器包装
国内外の法律・社会動向から生分解性プラスチック・バイオマスプラスチック・紙などへの転換、リサイクル最新動向までプラスチック包装のこれからがわかる決定版!
2022年1月発刊 電子書籍国内外化粧品成分/原料規制の理解とキャッチアップ
-中国/台湾/EU/米国/ASEAN/日本-
2021年12月発刊 書籍<環境と資源から見る> フッ素技術 2
~各種規制と除去・回収・再資源化技術~
★PFAS問題にて近年ますます注目を浴びるフッ素。
フッ素研究の第一人者が除去・回収・リサイクル技術の知見を注ぎ込んだ渾身の一冊!!
2021年12月発刊 書籍国内外各国におけるSDS/ラベル作成の実務(2021年版)
各国の最新情報を盛り込んだ、経験豊富な執筆者陣による決定版!
2021年10月発刊 書籍各社の化学物質管理2(CD-ROMつき)
★第2弾!月刊 化学物質管理の人気連載を一冊まとめました!
2021年10月発刊 書籍成形品の化学物質管理法規制(2021)
★成形品の化学物質管理規制に特化した国内唯一の書籍です!
LMS型e-ラーニング化学品の輸出管理入門
化学品の輸出管理に必須な3要素、「国連危険物輸送」「安全保障貿易」「原産性」を詳細解説。UN番号の付与例/該非判定/HSコードの決め方などにも言及!
2021年8月撮影 動画配信世界の製品含有化学物質法規制の概要・ポイントと具体的な対応
~RoHS、REACHほか重要な法規制を、事例交え1日速習!~
講師 元・富士フイルム株式会社 河田 研 先生

○EU、アメリカ、中国、韓国を中心に各国法規制の概要・罰則や注意点、具体的対応まで。
○これから関連業務に就かれる方や知識が必要になった方、全体像を掴みたい方などに特にお勧めです。
2021年5月発刊 書籍<翻訳資料集>ECHAによるSDS編纂ガイダンス
Guidance on the compilation of safety data sheets Ver4.0 和訳
★EUのSDS対応に必須!
GHS第6,7版への整合化、ナノマテリアル情報の記載など
重要な改訂が行われたガイダンスの翻訳版
LMS型e-ラーニング中国の化学物質法規制の手引きと実務対応事例
◎中国に化学品や商品を輸出する際に何がトラブルの要因になるのか。
トラブル回避のために押さえたい関連法規や前提知識、通関対策をポイント解説!
◎法改正の動きがある中国REACHについても現行と改正案を比較しながらお伝えします!
2019年10月発刊 書籍各社の化学物質管理
~「 月刊 化学物質管理 」好評のリレー連載(2016/11~2018/7)を一冊にまとめました~
掲載企業:住友化学 甲賀高分子 DIC 伊藤忠ケミカルフロンティア バンダイナムコエンターテインメント 三菱重工サーマルシステムズ 花王 クラレ 三洋化成工業 富士ゼロックス 荒川化学工業 ノーリツ クレハ 住友電気工業 パウダーテック ペルノックス 日本ペイントホールディングス KJケミカル 新明和工業
2019年6月発刊 書籍マイクロプラスチック問題等各種環境汚染と規制強化に向けた
プラスチックの環境対応技術
~バイオマスプラスチック・生分解性プラスチック・リサイクル・代替~ バイオプラスチック、マイクロプラスチック問題、プラスチック代替・・・・
環境をめぐるプラスチックの技術動向をしっかり把握!
これからのプラスチックを考えるのに必読の一冊!
2019年1月発刊 書籍これから化学物質管理に携わる方へ
~「 月刊 化学物質管理 」連載(2018・1~12)の人気コラムを大幅加筆!~
化審法 TSCA REAC CLP等をはじめ、国内外の管理制度、法規制の仕組みがよくわかります。
初級者にも理解しやすいように、リスク評価・リスク管理に必要な化学物質における「リスク」の考え方から解説します。
2018年11月発刊 書籍(2018年版) RoHS指令および整合規格の徹底理解
欧州委員会のガイダンス文書の内容等も踏まえ,逐条解説を行う。次に,CEマーキング対応および,適合性検証の要である整合規格を徹底解説する。整合規格EN50581の要求事項,さらに参照規格として引用されている禁止物質の測定法IEC62321の要点, IEC62474(材料宣言)の内容をわかりやすく解説する。また、本書は2018年5月改訂までの内容を掲載している。
2018年5月発刊 書籍<2018年度改訂版>CLP規則対応のラベル・SDS作成
-GHSとの比較・差異の理解と作成の実務-
GHS、JISとの比較差異をふまえた作成のポイントをマスター!
2016年4月発刊 書籍各国の食品用器具・容器包装材料規制
~動向と実務対応~改訂増補版
各国の包装材料規制を詳述、好評であった旧版をリニューアル。
欧州におけるプラスチック規則(PIM) のガイダンスドキュメント発行、中国における数々の国家標準公布など影響の大きい情報更新、最新の動向(2014~2016)を追加して、改訂増補版としてこの度刊行。
2016年3月発刊 書籍化審法申請の実務
~各種届出・申出の詳細と各種試験法及び違反・罰則~
どこまで申請するべきなの?各種試験の詳細は?
何をすると違反になる?違反したら何が起こる?
安衛法との関連は?実務で知りたい情報が満載!!
化審法対応に必携の書
2012年7月発刊 書籍アジア太平洋・化学物質規制
中・台・韓・北米・インド・東南アジア・オセアニア・中南米・ロシア・トルコ等々
2012年6月発刊 書籍英文SDS入門 作成と読解
特段の英語能力や経験は不要!類型的な表現を学び、実践力を養う!
2011年7月発刊 書籍【2011年度版】中国化学物質規制 対応マニュアル
中国化学物質規制の“実情”とは?
2011年5月発刊 書籍<翻訳資料集>
CLP規則(Regulation (EC) No 1272/2008)に対応した表示と包装の手引き(和訳)

★4月8日発行の手引きが、日本語で読める!
★見やすいカラー刷り
★欧州は勿論、日本用ラベル作成にも応用できます!
2009年10月発刊 書籍【国内外対応】プラスチック包装材料規制と製品開発最前線
~各国規制内容,各種規格,企業対応事例,最新技術をふまえて~

情報収集リンク


【公的機関のページ】
  • (独)製品評価技術基板機構(NITE)
  • (財)日本化学物質安全・情報センター(JETOC)
  • (財)化学物質評価研究機構(CERI)
  • (社)産業環境管理協会
  • chemSHERPA byJAMP
  • (社)日本化学工業協会(日化協 JCIA)
  • (社)日本化学品輸出入協会(JCEIA)
  • (社)化学情報協会(JAICI)
  • (社)日本試薬協会
  • (社) 海外環境協力センター(OECC)
  • 中央労働災害防止協会(中災防 JISHA)
  • 安全衛生情報センター
  • 国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)

  • 【官公庁のページ】
  • 「化学物質管理政策」経済産業省
  • 「化学物質安全対策室」厚生労働省
  • 「保健・化学物質対策ホームページ」環境省
  • 「環境:化学物質対策」国土交通省
  • 「消防関係法令」総務省消防庁

  • 【海外情報のページ】
  • 「ECHA」- European Chemicals Agency - 欧州化学物質庁
  • 「EPA」- Environmental Protection Agency - 米国 環境保護庁
  • TSCAに基づく化学物質の評価と管理
  • 中華人民共和国 環境保護部
  • 台湾 行政院環境保護署
  • 韓国 環境部
  • 「JBCE」-Japan Business Council in Europe- 在欧日系ビジネス協議会

  • 【各国官報のぺージ】
  • confederation suisse(スイス)
  • Officiele Bekendmakingen (オランダ)
  • Moniteur Belge(ベルギー)
  • Boletin Oficial del Estado(スペイン)
  • Federalregister (アメリカ)
  • Canada Gazette(カナダ)

  • 【お役立ちページ】
  • 「EICネット」(財)環境情報普及センター
  • (財)地球環境センター
  • コラム


    【国内外の食品包装材料規制 執筆:石動 正和 氏】
  • 第2回 米国における食品用器具・容器包装材料規制(2011/08/15)
  • 第1回 欧州における食品用器具・容器包装材料規制(2011/07/01)

  • 【化学物質管理への取組みを考える 執筆:地頭園 茂 氏】
  • 第6回 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)の概要(2011/11/14)
  • 第5回 わが国の環境基本法の概要(2011/10/01)
  • 第4回 国際条約、わが国の法令の体系、環境法令の分類など(2011/09/01)
  • 第3回 「環境法令」制定のもとになった環境問題や国際会議-後編-(2011/08/01)
  • 第2回 「環境法令」制定のもとになった環境問題や国際会議-前編-(2011/07/01)
  • 第1回 化学物質法規制の背景など考える(2011/06/10)

  • 【CLP規則の概要と、この度の修正内容、第二次ATP 執筆:山口 潤 氏】
  • 第1回

  • 2017/09/21 化学物質管理ミーティング2017
    https://johokiko.co.jp/column/ss_170921.php
    2017/07/11 「化学物質管理士協会」の設立と活動のご紹介
    https://johokiko.co.jp/column/ss_170921.php
    ページトップへ