【LSM型e-ラーニング】技術セミナー,専門書,通信教育講座なら情報機構

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
7月
8月
9月
2021年10月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
7月
8月
9月
2021年10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/7/14更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



<新型コロナウイルス感染拡大にともなう業務対応について>
この度の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止活動の一環として、弊社社員は、原則在宅勤務とさせて頂きます。
当該期間につきましては、電話は繋がりにくい状況となりますので、お問合せ等はメール(req@johokiko.co.jp)までお願い致します。 また、物販(書籍、DVD等)の送付に関しましても、申込みから発送まで1週間程の遅れが生じる場合がありますので、予めご了承下さい。
お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、お願い申し上げます。



情報機構のLMS

■情報機構のLMSの特徴

・年間1500以上のセミナーを開催している中から、ニーズの多い講座、人気の高い講座をe-ラーニングにカスタマイズ!
動画や読み物などコンテンツは鋭意増やしてまいります!

・LMSとは?  LMS(Learning Management System:学習管理システム)
e-ラーニング教材を通じて、受講者がどれくらいのペースで学習を進めているのか、どれくらいの習熟度なのか、受講者ごとにその情報の取得・管理ができます。
この進捗管理により、受講者には『今、何が必要』で、『これから何が必要』なのかが把握でき、次の段階への学習、指導へとスムーズにつながります。

・受講者に対して管理者を設定することが可能!(管理者のアカウント使用料は有料です)
これにより、教育担当者・教育管理者は受講者の進捗状況を管理できます。
また、受講者に対する管理者を必要としない場合、個人での受講も可能です。

・毎月2回開講!(10日、25日)


★コンテンツの一覧

本ページ下部の「講座申込要領手順」、「留意点」、「動作確認」を確認の上お申込み下さい。
Noタイトル
CL210402

数式に頼らない直感的理解による材料設計のためのレオロジー入門
◎イメージしやすい、直感的な理解を目指す。
◎全体を俯瞰した概念的な説明を。多様な切り口からの説明を。
◎大事なことは何度か繰り返す(似たような内容を、ちょっと違う言葉で)。
◎レオロジーの本質をきちんと理解することで、材料設計のポイントもわかってきます。

CL210302

新事業・新製品開発のための技術マーケティング
◎価値創出に必要な技術マーケティングについて詳しく解説します!

CL210301

コンピューター化システムバリデーション(CSV)の基礎と関連文書作成実務
◎CSVの基礎学習に!
◎CSVとデータインテグリティ(DI)との関係性とは何か?
◎CSVに必要な文書類の種類や、どのような事を書けばいいか?の基本も解説

CL210202

スパッタリング薄膜の特性制御と品質・生産性改善
◎スパッタリング技術をe-ラーニング学べます!
◎基礎から学べ、実務に直結する役立つ内容となっております!

CL210201

インクジェットの基礎と応用
◎インクジェット技術の全てが分かる決定版です!

CL201211

医療機器のプロセスバリデーション基礎編
−製造工程のプロセスバリデーションの進め方、および統計的方法とサンプルサイズの設定根拠−
◎医療機器のプロセスバリデーションの目的
 「プロセスバリデーションとは何か?」
 「具体的に何をやり何を残せばよいのか?」
◎FDA査察にも十分耐えられるレベルで、各ポイントを説明

CL201202

凍結乾燥のコントロールとトラブルシューティング・FAQ
〇様々な分野での適用が期待されている凍結乾燥技術を実務経験豊富な共和真空 細見氏が解説。
〇「FD(凍結乾燥)の基本工程」「影響因子/条件設定」「必要設備」「時間短縮」「品質劣化やコラプス防止」「スケールアップ」「失敗事例」「有機溶媒FD」など、一連の流れの要点を押さえられる講座です!
〇充実の演習問題も交え、凍結乾燥のイロハが身に付きます。

CL201201

型彫放電加工の基礎と活用
〜微細深穴加工、超硬材及び脆性材への加工技術〜
◎型彫放電加工の原理や加工のポイントを学びたい方にお勧めです。

CL200902

PyTorchによるディープラーニング入門
◎e-ラーニングで学べるディープラーニング!
◎PyTorchを利用してディープラーニングのプログラム作成方法を学びます。
自分の問題をNNでモデル化しPyTorch を使って解決できるようになりましょう!

CL200901

電子機器のノイズとEMCの基礎ー設計・対策のポイントー
◎毎回大好評の倉西先生EMCセミナーがe-ラーニング形式で受講できます!
◎ノイズの初歩からEMC規格と試験の意味、実務上におけるノイズ問題対応の基本セオリーと設計時(部位ごと)・設計後のノイズ対策のポイントまで。
◎IoT/5G時代に更に重要度増すノイズ・EMCの設計対策を掴みましょう。

CL200601

三次元培養法〜基盤技術からオルガノイド形成、今後の展望まで〜
◎二次元培養法と三次元培養法の違いとそれぞれの代表的な培養法の基礎知識を解説。
◎動物細胞培養を行う上での器具・機器および培地・添加物の基礎知識や無菌操作等を解説。
◎実際の動画を交えた手技の解説や経験に基づく三次元培養の構築法や課題を解説。

CL200302

医療機器の製品実現における統計的方法とFAQ
−根拠あるサンプルサイズ設定に必要な統計的方法に寄せられた質問のケーススタディを含む解答集−
<FAQ一例>
◎ISO 13485の要求事項に「適切な場合」とあるが、「適切でない場合」とはどんな場合?
◎機器が高額or仕様が異なる生産等、技術的に相当のサンプルサイズ設定が困難な場合の対応は?
◎統計的手法を用いていない既存販売品について、統計的手法を用いて再検証は可能?
◎プロセスバリデーションにおけるOQとPQにおけるサンプルサイズ設定の考え方の違いは?
◎再使用可能な機器の耐用回数を求めるために試験は必要か?
 どう試験し、どのようにサンプルサイズ設定すればよいのか?
◎当局の指摘事項として想定される統計的なサンプルサイズ設定とは?
 査察の確認ポイントはどんな内容か?

CL200301

医療機器の製品実現における統計的方法
−根拠あるサンプルサイズ設定に必要な統計的方法の基礎を超分かりやすく−
◎ISO13485:2016での統計的手法とは具体的に何をどの程度求めているのか?
「統計的手法が何を求めているのか」
「実際に要求されるレベル感と許容水準」
「統計が要求される工程−製品実現に向けどの時期に何を明確にしておく必要があるのか−」
など、根拠あるサンプサイズ設定に必要な統計の基礎を事例を交えながら解説!

CL200303

凍結乾燥(フリーズドライ)の基本メカニズム・装置からプロセス最適化のポイントまで
◎凍結乾燥(フリーズドライ)技術で押さえておくべき基本原理を「場所・時間問わず」「何度でも」「習熟度が確認しながら」学べる!
◎凍結乾燥過程で起きる現象や装置の理解から、Excelを用いたシミュレーション、製品品質の劣化要因やプロセス最適化(何を制御すべきか)、デザインスペース活用の考え方まで。

CL200201

中国の化学物質法規制の手引きと実務対応事例
−知っておきたい前提知識/危険化学品/SDS・ラベル/新化学物質制度/通関トラブル対策など−
◎中国に化学品や商品を輸出する際に何がトラブルの要因になるのか。トラブル回避のために押さえたい関連法規や前提知識、通関対策をポイント解説!
◎法改正の動きがある中国REACHについても現行と改正案を比較しながらお伝えします!

CL191201

特許調査・パテントマップの作成の基本とその活用による知財戦略の実践方法
『自社が勝つため』『事業の優位性を築くため』のパテントマップ作成方法と知財戦略の策定法を動画e-ラーニングでじっくりと学べます!

CL191103

薬機法超入門-医療機器開発からビジネスまで、デザインしよう-
◎医療機器開発の概要と法・規制・枠組みを、それぞれの関係を分かり易く解説します。

CL191102

機械学習によるデータ分析の基礎知識と勘所
◎機械学習のデータ分析の基礎や前処理を、その概念からかみ砕いて丁寧にお伝えします。
◎「機械学習とは」「データの準備と前処理」「モデル学習/ハイパーパラメータ」「モデルの性能改善」「評価」「機械学習のビジネス適用」6つのパートによる、機械学習のトータルワークフロー解説!

CL191101

AIを業務に活用するためにやるべき10のこと
◎機械学習関連のコンサルタント経験豊富な演者が、AIを業務に活かすための10のことを生々しく内情解説!
◎機械学習の活用プロジェクト:→それが成功するPJになるのか、失敗するPJになるのか、見極めるための一つの指標となるコンテンツ!

CL190501

包装材料における国内外の法規制の基本と企業の留意点
 食品包装材料の衛生安全に関する基礎知識として、日本における食品包装法規制及び業界自主基準の現状、及びPL制度化の進捗状況を学びます。次いで欧米及び進展の目覚ましいアジア・オセアニア諸国等の最新動向を紹介します。最後に包装材料の安全性の考え方、リスク評価とリスク管理の進め方と事例、企業における留意点等を学びます。

CL190201

製品含有化学物質管理の実務
 本講座では担当者が仕事を効率良くこなせるように、関連法規制の最新動向、簡便な情報検索のコツ、管理の仕組み、供給者や供給品の調査、含有物質の情報整備や情報提供の実務、サプライチェーン共通化ツールを使いこなすコツなどについて、初級者にも理解できるようわかりやすく解説します。

CL190202

GCP入門講座
 医薬品GCP省令の基礎を学ぶセミナーです。
 医薬品の企業主導治験に関するGCPを中心として、医師主導治験のGCPや医療機器GCPについても触れます。再生医療GCPに携わる方や臨床研究倫理指針のモニタリング・監査を行おうとする初学者に最適な入門講座です。

CL190203

GMP入門講座
 企業での経験と当局(PMDA)でGMP適合性調査に関わった経験の両面から、GMPの基礎について、基礎編と重要ポイント編と分けてわかりやすく解説する。

CL190204

目からウロコ!クリーンルームの改善法
〜今すぐできる効果大の方法〜
 クリーンルームをきれいに保つために、クリーンルームの設計から汚染源の特定、換気の方法、衣服の管理、クリーンルームへの入室方法などクリーンルームを正しく管理するためのノウハウを分かりやすく、具体例を挙げて解説します。


■LMS(e-ラーニング)講座申込要領・手順

1.申込フォームもしくはe-mail(joho-lms@johokiko.co.jp)にてお申込ください。
2.お申込を確認後、請求書、請求書番号等をお送りいたします。
3.別途、受講開始日までに受講に必要な、IDとパスワードをメールにてご連絡します。
4.開講日は毎月10日と25日です(土日・祝日の場合は翌営業日)
5.月末までのお申込みは翌月10日開講分、当月15日までのお申し込みは当月25日開講分となります。
6.受講者とは別に管理者を立てたい場合は、申込時にお申し出ください。
7.受講料のお支払いは、原則、請求日の翌月までにお願いします。
8.原則として銀行振込の場合、領収書の発行はいたしません。
9.振り込み手数料はご負担ください。
10.<学校法人割引>
一部講座を除き、大学等の学校法人格を有している団体に在籍する、学生、教員のご受講については正規の受講料から50%引にて承ります。
お申込の際は、必ず備考欄に学生または教員である旨を合わせてご記入下さい。
 ※他の割引との併用はできませんのでご了承下さい。
 ※企業に所属している方は対象外となりますのでご了承下さい。

【ご注意】
本講座で使用される資料は著作物であり、複写・転載・配布・販売を禁止いたします。また、ひとつのIDにつき使用できるのは1名であり、ひとつのIDを複数名で使用することを禁止いたします。


■受講に当たっての留意点(動画e-ラーニングの動作環境について)

※必ず以下のURL@Aより動作確認をしてからお申込み下さい

動作確認ページ@へ→
動作確認ページAへ→

サンプルページ内の動画の視聴とテストの回答をお試しいただき、正常に動作するか各自にてご確認ください。
※動作確認ページ内の推奨環境はあくまでも、システム確認用のものであり、講座受講に際しては、以下の弊社推奨動作環境を参考にしてください。
※ページ内の動画が再生画面は開くが、動画が再生されない場合は、ご自身のネットワークセキュリティの影響もございますので、個々にご対応いただきたく存じます。 動作確認やシステム設定に関するサポートは弊社では行っておりませんので、PC設定等のお問い合わせはご遠慮ください。


*一部の動画について、収録環境の都合上、若干、周囲の環境音が聞こえる場合がございますが、予めご了承ください。

*推奨環動作環境
PC のWindows OS・MAC OSは両方とも日本語版のみ対象

Windows7以降(Microsoft edge、もしくはGoogleChrome最新版を推奨)※IEは非推奨
MacOS 10.7以降(Safari最新版を推奨)

※なお、受講者アカウントは、Macでも構いませんが、管理者アカウントについては、Windowsでのログインをお願いいたします。

その他推奨環境
 メモリ:4GB以上
 回線 :ブロードバンド回線(10Mbps)以上
 その他:サウンド再生機能

※上記環境においても受講側回線状況が不安定な場合には動画視聴等に不具合を起こす場合がございますので、ご留意ください。

■受講の流れ

@講座開始日から、コンテンツの動画またはPDFを視聴・閲覧できます。
AChapterの順番に沿って視聴・閲覧をしてください。前のChapterを終了せずに、次のChapterへは進めません。
B確認テストは、Chapter内の動画(PDF)を視聴(閲覧)しないとテストへ進めません。なお、回答について講師による添削はありません。
C全てのChapterを終了し、最終テストで一定の基準を上回った方には、修了証(画面上で表示)を発行いたします。

※説明動画
●受講の流れ(受講者)

●進捗管理(管理者向)

自社のLMSに、取り入れたい方へ(有料)

自社のLMSに、コンテツを取り入れたい場合、joho-lms@johokiko.co.jpまで
利用者数・利用期間等をご連絡下さい。
 ※期間と人数を定め、動画ファイル、演習問題等を提供致します。
 ※自社LMSへの導入作業については対応致しかねます。
 ※コンテツによっては提供できないものがございますので予めご了承下さい。


top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.