【出版物】技術セミナー,専門書,通信教育講座なら情報機構

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/1/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


フィルム・プラスチック材料・成形加工;関連セミナー・書籍

seminar書籍

新刊図書

2019年
10月
【頻出Q&A付!】 分散技術の実務〜理論・分散剤・分散機・評価・各種分散のポイントまで〜
分散技術を幅広く網羅!分散でお困りの方、これから分散に携わる方等 「分散」に関わるすべての方へ

2019年
9月
5G対応に向けた部材・材料・デバイス設計開発指針
★5G対応に向けた各部材の開発適用例、要素技術の解説。関連サービス及びデバイスの機能と市場動向も併せて把握

2019年
6月
マイクロプラスチック問題等各種環境汚染と規制強化に向けた
プラスチックの環境対応技術
〜バイオマスプラスチック・生分解性プラスチック・リサイクル・代替〜

バイオプラスチック、マイクロプラスチック問題、プラスチック代替・・・・
環境をめぐるプラスチックの技術動向をしっかり把握!
これからのプラスチックを考えるのに必読の一冊!

新刊以外の書籍はこちらから

セミナー


【2020年1月】
1月27日
(1日で学べる)食品包装・化粧品包装に関わる国内外法規制の最新動向と実務対応上のポイント
★日米欧含め、諸外国の最新法規制動向を踏まえて解説!実務対応上、様々な点の留意ポイントとは?★翌日セミナー「医薬品医療機器包装の日欧米三極法規制」も開催します!

1月28日
(1日で学べる)医薬品包装・医療機器包装に関わる日欧米三極法規制の最新動向と実務対応上のポイント
★日米欧含め、アジア諸国の法規制動向を踏まえて解説!実務対応上の様々な留意ポイントとは?★前日セミナー「食品・化粧品包装の国内外法規制」も開催します!

1月29日
高分子材料・製品中の添加剤分析法:基礎〜実践ノウハウまで
★添加剤分析の基本的な考え方や操作手順から丁寧に説明するので、初心者でも理解できます。★「分析目的別」「分析技術別」「分析対象別」のそれぞれの切り口から多角的に説明、実際の問題に対応できる応用力が身に付きます。
★他社品中の添加剤の全分析について。メーカーからは開示されない、製品処方の分析に向けた実際的なノウハウとは?
★HALS をはじめとした分析が難しい添加剤について、その分析テクニックをより丁寧に解説します。

1月30日
<最新版> 異種材料の接着・接合技術〜接着・接合の本質を理解する〜
講師に、群馬大学・井上雅博先生をお招きします。
最新の異種材料の接着・接合技術を理解する!また,優れた電気および熱伝導特性を有する機能性接着剤に関する基礎と今後の展開についても解説します。

1月31日
海洋プラスチック廃棄物・マイクロプラスチック対策の現状と今後の展望〜生分解性プラスチック、バイオプラスチック〜
海洋プラスチック問題、マイクロプラスチック問題の詳細と生分解性プラスチック、バイオマスプラスチックの活用を詳説!プラスチックの環境対応を考えよう!


【2020年2月】
2月6日
押出成形の制御とレオロジー
押出加工に必要となるレオロジーの基本を複雑な数式を使用せずに説明します。また、その知識を活用することで、加工条件の設定、材料設計が容易になることを理解していただきます。

2月10日
インクジェット4.0セミナー〜基礎から学ぶインクジェット技術、製品及び将来動向まで〜
講師:株式会社プリンテクノ 代表取締役 木村 哲雄

2月12日
高分子材料の破損・破壊要因から、種々の解析アプローチ、対策事例まで
講師:化学物質評価研究機構 仲山 和海 先生
★様々な破壊現象のメカニズムや影響因子から各ポリマーの弱点、そして破断面解析をはじめとした原因特定のための種々の解析手法と具体的な対策まで!
★事例を交えながら、1日で包括的な知識を獲得できるセミナーです!

2月14日
ポリマーアロイの基礎理論と実用的な設計方法-相容性と構造・物性制御、第四世代ポリマーアロイの工業化-
講師:テクノリエゾン事務所 代表 今井 昭夫

2月17日
日本における食品用器具・容器包装の安全性担保と法規制(改正法を含む)
講師:日本包装コンサルタント協会 理事 増尾 英明 先生

★2020年6月の改正食品衛生法施行に向けて対応が急務となる日本の食品包装規制について詳細な情報をお届けします。
★改正食品衛生法対応で気を付けなければならないポイントから、それが食品包装規制にどう影響を及ぼすのか、具体的に解説。

2月18日
高分子材料の劣化・安定化メカニズムから実践的な安定剤配合事例、外観不良対策、添加剤分析、押出機の劣化機構とその対策まで
講師:樹脂添加剤コンサルタント 八児 真一 先生*元・住友化学株式会社など
★企業で豊富な実務経験をお持ちの八児氏が、事例や実データも交えつつ実践上のノウハウを詳解!
★理論と実践の双方の知識を獲得できるセミナーです。

2月18日
米国並びにEUの食品包装材料に係る規制
講師:株式会社DJK 東京オフィス 技術担当ディレクター 石渡 皓 先生

★ゴムや紙、プラスチックなど、どの材料が対象でどんな添加物で規制されるのか? 欧米のそれぞれの申請方法や届け出の手順、規制対象物質を1日で解説いたします!※2月17日開催の「日本の食品包装規制・改正食品衛生法」とあわせてのご受講も可能です。

2月20日
CFRP、CFRTPの基礎と最新開発動向
炭素繊維・CFRPの基礎から応用、最近のトピックまで丁寧に解説します!研究開発や利活用にあたっての必須知識を1日速習!

2月21日
光硬化技術を活用するための必須知識
光硬化材料の設計、評価法、各種トラブルの原因と対策等、1日で基礎から実践までしっかり習得できるセミナーです!

2月25日
軽金属材料の高機能化(Al、Mg合金の耐食性や強度の向上をめざして)
講師:芝浦工業大学 工学部 教授 石崎 貴裕

2月25日
各種製品に混入する異物の特徴と分析技術を活用した処方【大阪開催】
講師:株式会社住化分析センター 末広 省吾 先生★正しく効果的な分析、解釈、要因の特定、対策を行う事で、異物混入ゼロに近づける!★ご希望の方はセミナー終了後の個別相談も可能です!(サンプル、写真、動画等をお持ち頂いても結構です。)

2月27日
柔軟性のある素材を使った環境発電
講師:広島大学 大学院工学研究科 准教授 田中 義和

2月28日
不織布の製造方法と商品開発の実際〜設計ノウハウやビジネス動向からナノファイバー不織布まで〜
講師:日本繊維技術士センター 評議員 福岡 強


【2020年3月】
3月6日
高分子の延伸による構造・物性の制御
延伸のメカニズムと構造・物性のコントロールについて丁寧に解説します

3月6日
国内外における食品包装規制の最新動向―日本、欧州、米国の容器包装規制について―
講師に、藤井均先生をお招きします。
6月に施行される食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度の導入等、現行の食品衛生法との変更点を踏まえながら、改正食品衛生法の内容をわかりやすく解説します。

3月11日
『プラスチック用UV塗装』〜耐擦傷性、耐候性付与技術、UV塗料の設計、不具合対策、今後の塗料設計〜
★「よく課題に挙がる耐候性や密着性の問題にフォーカスして講義を進めます」

3月12日
食品衛生法改正のポイントと施行へ向けた課題
★食品衛生法改正に伴い食品監視安全課審議中の政省令内容を具体的に説明!各事業者が準備、理解しておくべき内容をわかりやすく解説。(HACCP義務化、営業規制見直し、食品用器具・容器包装のポジティブリスト制、他)

3月16日
シランカップリング剤の基礎と応用〜効果的使用法・反応機構・処理効果・表面修飾・反応および表面分析〜
講師に、山田保治先生をお招きします。
シランカップリング剤セミナーの決定版です!
シランカップリング反応の制御と処理条件の最適化から、以前よりご要望の多かった「シランカップリング剤による種々固体への表面修飾反応」を実験マニュアル的にまとめて重点的にご説明します。

3月18日
高分子材料における絶縁破壊の基礎・応用とその評価法
★誘電・絶縁現象の基礎理論、絶縁劣化メカニズムやその対策、計測法及びデータ解釈のしかたまで!
★パワーモジュール応用等にむけたコンポジット絶縁材料についても言及します!

3月23日
導電性カーボンブラックを効果的に使うためのコツ〜高導電化技術、高分散化技術、改質技術と最新の技術・市場を学ぶ〜
導電性カーボンブラックの種類や特徴、分散機種、導電性評価技術といった基礎から
分散性・導電性を決定する因子などの応用、ニューパワーソース分野や樹脂複合材分野などの用途に応じた高機能化技術など
導電性カーボンブラックに関する技術的内容を分かりやすく、かつ詳細に解説します。

3月24日
FT-IR分析の基礎からスペクトルの解釈、実践的な活用方法まで〜製品トラブルや材料開発に関わる課題解決のために〜【大阪開催】
講師:株式会社住化分析センター 末広 省吾 先生
★FT-IRの原理・測定フロー・サンプリングなどの基礎から、スペクトルの正しい解析と解釈方法、樹脂や溶液中の異物、多層材料、毛髪ほか様々な適用例、FT-IRで測定できない場合の代替法まで!
★2月には異物の特徴と分析技術にフォーカスしたセミナーも実施します。ぜひ合わせてご検討ください。

書籍

発刊
タイトル

2018年
11月
高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験方法
★「その樹脂部材、どれだけもつの?」 プラスチック材料・製品を扱う方の“実務書”です。
どうやって寿命を予測するのか? 劣化加速試験の実施手順は? 不具合への対処策は?

2018年
8月
これからのEV・HEVにおける熱マネジメント技術〜材料、空調、熱回収、モータ/インバータ、バッテリ別のアプローチ〜
★これからのEV転換時代に必須の一冊!構成要素毎の熱マネジメント技術から、自動車のEV化・自動運転化に伴う材料のトレンド変化まで、最新市場データも交え包括的に言及!

2018年
7月
公開特許から把握する酸無水物硬化エポキシ樹脂の用途と技術動向〜要求特性と改善策〜
★26年間の特許公報から見る、エポキシ樹脂/酸無水物硬化エポキシ樹脂の技術的進歩とともに、近年の需要変化に応じた製造技術、組成物、要求特性、課題解決に向けた技術動向などを記す。

2018年2月セルロースナノファイバー〜実用化に向けた製造・複合化・評価技術〜
★最新市場データや製品応用に向けた各要素技術から、商品開発のポイントを正しく把握!

2017年11月高分子添加剤(安定剤)―劣化・安定化メカニズムから、実践的な配合事例・トラブル対策まで―
★長年、企業で添加剤を扱ってきた八児氏が贈る渾身の一冊!
★高分子材料の劣化・安定化メカニズムなどの基本から、品質トラブル・外観不良を防ぐための思考法や配合事例などを理論と実際の両面から徹底解説!
★目次「第3部」の書き下ろしをはじめ、過去のセミナーでは語られなかった内容も随所に追加!あらゆる方の要求に応える書籍に仕上げました。

2017年6月CFRP製品設計の前提知識 〜CFRP業界の特殊性を踏まえた重要ポイント〜
■CFRP従事者の必読書!まずここだけはおさえる! 著者:FRPコンサルタント 吉田 州一郎 氏。
■セミナー講演でも好評を博す、重要ポイントを一冊に凝縮

2016年
12月
二軸押出機による押出混練技術
機械メーカー、樹脂メーカー・ベテラン技術者・研究者など多様な執筆者16名が二軸押出技術を完全解説!
〇二軸押出機の仕組み・要素・構成を理解する!
○条件設定やパラメータが物性に及ぼす影響・点検や保全の勘所など実用に必須のポイントを解説!トラブル対策に役立てよう!
○スクリュセグメントの組み合わせもしっかり理解!
○リアクティブプロセッシング、アロイなど応用展開を理解!

2016年
9月
UV硬化 気になるポイント徹底理解!
UV硬化の基礎・製品応用・トラブル対策の理解から最新動向までしっかり解説。必読の書籍、新規刊行!

2016年
4月
食品包装及び化粧品包装に関わる国内外法規制の最新動向と実務対応上のポイント
国内外における食品包装及び化粧品包装の法規制の最新動向をまとめてご紹介するものである。包装材料メーカーの目的は、安全性を顧客に適切に説明し、結果的に顧客の安心を得ることにある。安全規格の国際的な現状の理解と品質保証推進にお役に立てば幸いである。
2016年
3月
CFRP〜製品応用・実用化に向けた技術と実際〜
CFRP/CFRTPの製品応用に向け開発動向から製品設計のポイント・成形加工・二次加工・製品の寿命と評価・リサイクル・製品化実例まで掲載!
これからの炭素繊維強化プラスチック活用に必須の情報が満載!是非ご確認ください
2016年
3月
ハイバリアフィルムと高機能化技術
バリア包材に関する基礎的な特性、測定方法から各種バリアフィルムの性質、用途。押さえておくべき基本を俯瞰的、網羅的におさらい!
バリア性フィルムの成膜技術、開発状況、市場性、高機能化技術、今後の展開等を解説!
2015年
5月
炭素繊維およびCFRP/CFRTPの特性と製造・開発動向
★軽量・高強度の素材として市場が期待するCFRP/CFRTPの開発動向!
★特典:カラー画像のCDつき!

2014年
10月
プラスチックの割れ(クラック)・破壊トラブルと対応・解析技術
★破断面からの情報のみでは破壊解析は困難!?
 破断面解析・破壊原因究明に役立つ情報が満載!
★プラスチック製品の破損トラブルを回避するため、材料選定から設計・成形等各プロセスにおいて注意すべき事項とは!?
 プラスチック製品を取扱う各部署に常備したい一冊です。

2014年
9月
XAFS/EELS による 局所構造解析・状態分析技術
各種の材料・デバイスの構造・反応解析に用いられるXAFS(X線吸収微細構造)とEELS(エネルギー損失分光法)の利用法を詳解するとともに、測定・解析事例を集成。基礎・原理から活用・実践までをわかりやすくまとめた1冊です。

2014年
4月
生体適合材料・医療用プラスチック
〜材料の設計・開発から成形加工まで〜
医療製品開発には、生体接触界面における安全性、異物反応の少ない性質を有する材料が必要である。最前線の取り組みを紹介する。

2013年
12月
樹脂材料の高耐熱化と設計・開発技術
樹脂の耐熱性向上について様々な手法やアプローチによる設計・開発技術を掲載。

2013年
8月
次世代自動車、EV/HEV 対応
省エネ「熱」マネージメント
〜排熱回収技術から断熱・遮熱材料まで〜
ヒートポンプ、熱電材料、ランキンサイクル、スターリングエンジン、熱音響システムなどの排熱回収技術から樹脂ガラス、内装用ポリウレタン、生分解プラスチックなどの断熱・遮熱材料について取り上げる。EV、HEV次世代自動車の熱マネージメントを徹底解説。

2013年
8月
二軸スクリュ-押出機の要素技術と押出成形事例
―基本構造・スクリュ-形状と設計・混練/分散・トラブルシュート等―
★スクリュー構成/組み合わせの考え方・事例
 あるプラスチック配合材料が提示された場合に、どのようなステップでスクリュ形状や操作条件を決定していけば良いか?豊富な経験や事例の伝達書!

2012年
6月
「プラスチック加飾技術」の最近の技術動向と今後の展開
―カラー画像付録CD付―
現時点で考えれる範囲の加飾技術を全て網羅。加飾技術の全体像を俯瞰できる。

2011年
12月
樹脂材料・加工品における外観検査のポイントと方法 “フォーゾーンメソッドによる科学的外観品質
○樹脂材料における“科学的”外観品質のポイントと方法
○検査員心理も考慮した見本(標準/限度/不適合品)作成
○ベテラン検査員の暗黙知→形式知化手順・標準書への反映のコツ

2010年
1月
高分子のプラズマ表面処理−実践のための方法とテクニック−
プラズマ処理とはどのようなものか、を高分子表面の性質を踏まえて分かりやすく解説する。

2009年
10月
【国内外対応】プラスチック包装材料規制と製品開発最前線
〜各国規制内容,各種規格,企業対応事例,最新技術をふまえて〜
食品・化粧品・医薬品の使用現場における包材へのニーズは? 日本・欧米・アジアにおける最新の規制等の対応トレンドは?
化学物質のリスクマネジメントを考慮した開発を行うには? 使いやすさで他社と差別化をするには?
→こんな要望に全て応えます!

2009年
3月
粘着・剥離のメカニズムと各種用途における性能コントロール
メカニズムから性能向上の手法、また「一般用途」「エレクトロニクス用途」「医薬・化粧用途」等、幅広い実例を網羅!
<粘着剤・粘着製品>の要求特性を引き出すポイントとは?

2008年
6月
難燃剤による難燃材料の難燃化機構と最新事例集
「メーカー事例」で「難燃化機構」を理解する!ハロゲン/ノンハロゲン問わず…難燃剤ごとに、その難燃化機構を解説。材料ごとの応用の指標も掲載した、「難燃」の幅広い理解のための1冊です。

2007年
9月
フィルム・ガラスの表面処理技術とその評価・分析

2006年
12月
撥水・親水・防汚剤の開発とコーティングおよびぬれ性の制御

2006年
9月
<ディスプレイ用・種類別>光学フィルム最新動向〜要求特性と製造・評価技術〜

top

関連キーワード セミナー 書籍 フィルム プラスチック成形 混錬 押出 延伸 射出 ダイ 二次加工 ウェブハンドリング テンション制御 スリッター ワインダー
注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

新時代植物工場

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.