プラスチック複合材料の開発動向と写真で見る用途事例集 書籍

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
3月
4月
5月
2021年6月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
3月
4月
5月
2021年6月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/2/25更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


出版物

260点を超える写真を掲載した用途事例集!
プラスチック複合材料の基礎的な物性から成形技術、応用例まで、押さえておくべき市場動向・開発動向を網羅的に解説!

プラスチック複合材料の開発動向と

写真で見る用途事例集

発刊・体裁・価格

発刊  2021年1月27日  定価  38,500円 (税込(消費税10%))
体裁  B5判 187ページ  ISBN 978-4-86502-209-4   詳細、申込方法はこちらを参照

→配布用PDFパンフレットを見る    →書籍を購入された方へ(アンケートのお願い)


◆安定的な成長が見込まれるプラスチック系複合材料の市場動向!
 ◆マトリックス樹脂および各種充てん材の特徴・物性と効果!
  ◆プラスチック複合材料の成形技術と開発動向!
   ◆260点を超える写真で見る新規複合材料、成形事例、応用事例!

執筆者一覧(敬称略)

安田ポリマーリサーチ研究所 安田 武夫 氏

1970年〜1990年 三菱化成工業(現三菱ケミカル)中央研究所、本社企画室、ファイン事業部、樹脂事業部、機能樹脂事業部など勤務 高分子関連(エポキシ樹脂、エンジニアリングプラスチックなど)の事業開発などに従事
1990年〜1997年 新日鐵化学且脂開発部など勤務 高分子関連事業開発などに従事
1997年〜1998年 日本ジーイープラスチックス潟eクノロジーセンター勤務 エンジニアリングプラスチック関連の研究に従事
1998年〜現在   安田ポリマーリサーチ研究所 所長

目次

1.総論
 1.1 緒論
 1. 2 複合化の目的
 1. 3 強化材 ( 充てん材 ) の形状

2.複合材料関連素材
 2. 1 マトリックス樹脂
  2.1.1 熱硬化性樹脂
  2.1.2 熱可塑性樹脂
 2.2 強化材、充てん材
  2.2.1 強化材 ( 各種繊維 )
   1)ガラス繊維
   2)炭素繊維
   3)アラミド繊維
   4)天然繊維
   5)金属繊維
   6)最近のトピックス(セルロースナノファイバー)
  2.2.2 充てん材
   1)充てん材の分類
   2)充てん材の特性と作用効果
   3)主な充てん材
 2.3 カップリング剤

3.複合材料の製造法
 3.1 緒論
  1)一般的な製造方法
  2)代表的な複合材料の製造方法

4.新規複合材料
 4.1 緒論
 4.2 熱可塑性樹脂
  1)長繊維強化熱可塑性樹脂
  2)ナノコンポジット
  3)複合材料用新規強化材・充填材

5.複合材料の成形技術
 5.1 緒論
 5.2 熱硬化性樹脂の各種成形技術
  @ハンドレイアップ法
  Aスプレイアップ法
  Bレジントランスファー法
  Cコールドプレス法
  Dメタルマッチダイ法
  Eフィラメントワインディング法
  F引き抜き成形法
  G真空バッグ法
  Hオートクレーブ法
  I抄造法
  JL-RTM(真空注入)成形
  Kファイバーtoコンポジット成形プロセス
  〇その他の成形法
 5.3 熱可塑性樹脂の各種成形技術
  @多色成形・多材質成形
  ADSI(ダイスライド射出成形)法、DRI(ダイ回転射出成形)法
  B臨界流体による微細発泡成形
  Cヒート&クール成形
  DRFM技術 
  Eコンパウンディング同時射出成形
  FCFRTP関連の各種新規成形法
  GMID
  Hサクションブロー成形
  〇その他の注目すべき成形法
 5.4 金属とプラスチックの接合技術

6.複合材料の応用例と解説
 6.1 緒論 
 6.2 自動車・車輛分野
  6.2.1 はじめに
  6.2.2 要求特性
  6.2.3 部位別の具体的用途例の写真と解説
   @内装部品
   A外装・外板部品
   Bパワートレイン部品
   Cエレクトロニクス部品
   D次世代車用部品
   Eその他の備品
 6.3 電気・電子分野
  6.3.1 はじめに
  6.3.2 用途別の要求特性
  6.3.3 用途別の具体的用途例の写真と解説
   @電子備品
   A家電製品
   Bその他電気・電子
 6.4 各種機械分野
  6.4.1 はじめに
  6.4.2 用途別の要求特性
  6.4.3 用途別の具体的用途例の写真と解説
   @精密機械
   A産業機械
   Bその他機械
 6.5 その他分野
  6.5.1 はじめに
  6.5.2 用途別の要求特性
  6.5.3 用途別の具体的用途例の写真と解説
   @医療機器関連分野
   A土木建築関連分野
   B日用品・雑貨・スポーツ・レジャー用品
   Cその他

番号:BC210102

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

製薬用水管理のすべて

デジタルトランスフォーメーション

バイオ医薬品製造品質

プライバシー・マネジメント

プラスチック複合材料

国内外食品衛生法規

タッチレス化/非接触化

マテリアルズ
・インフォマティクス


ドローン

寺子屋統計教室

Spice回路シミュレータ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.