環境・カーボンニュートラル・リサイクル関連セミナー・書籍
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  CN燃料最新動向
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


トップ化学・エレクトロニクス・環境・AI・知財・フードテック他環境・リサイクル


環境・カーボンニュートラル・リサイクル関連セミナー・書籍一覧

 

 
 
*二酸化炭素(CO2)の分離回収・有効利用・貯留(CCUS)やカーボンニュートラル・脱炭素経営からサーキュラーエコノミー・SDGs等々、環境・リサイクルにかかわる各種技術やビジネス展開に役立つ最新情報を提供します。
  *電池・エネルギー関連 セミナー・書籍一覧はこちら
  https://johokiko.co.jp/seminar_electric/ene.php


セミナー・通信教育|8月9月10月



【2022年8月】
8月19日
エクセルギーの基本と計算方法からシステム評価などの応用事例まで
<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>
講師 名古屋大学 北 英紀 先生

○基礎から様々な物質やエネルギー、システムの計算・解析方法、エクセルギーに基づくシステムの設計と評価まで。
○脱炭素社会に向け脚光浴びる“エクセルギー”を有効活用するための勘所を学ぶ!

8月22日
細孔体(多孔質材料)の基礎から、ガスの吸着・脱着・分離回収技術への応用
<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>
講師 千葉大学 加納 博文 先生

○細孔体(多孔質材料)や吸着・脱着現象の基礎から比表面積などの特性評価、天然ガスや水素貯蔵、CO2分離回収技術ほか各種応用まで。
○PCP/MOFなど最近注目の材料についても解説します!

8月22日
化粧品パッケージのデザイン・容器設計とサステナブル対応のポイント
化粧品容器に求めめられるデザイン要素や開発設計段階で確認べき容器素材の選定方法と容器保証内容の解説に加え
化粧品容器のサステナブル対応について、開発事例をはじめバイオマスプラスチックの全容や今後予想される対応の方向性などを解説

8月22日
製造業におけるカーボンニュートラル実現に向けた再生可能エネルギーの利活用とサーキュラーエコノミーのビジネスへの実装
☆企業経営において、自社+顧客・競合の2つの視点から取り組みを推進する!
☆GHGプロトコルの概要、排出量算定の考え方、排出量削減のアプローチ、ビジネスモデル構築、国内外の先進事例、今後の展開など。
☆リアルタイムでのご参加が難しい場合、お申込み方法により、後日視聴も可能です。

8月22日
CO2分離回収・利用・貯留(CCUS)の国内外の最新動向から現状の課題と展望<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>
講師 エネルギー総合工学研究所 酒井 奨 先生

○カーボンニュートラル・リサイクルの骨幹を成すCO2分離回収・利用・貯留の全体像を整理し掘り下げる!
○政府の方針から、エネルギー・規模・コストの観点も交えた各技術の概要と最新動向、今後、日本企業が出来ること、出来そうなこと、難しそうなことは何か?展望と課題交えて詳解。

8月24日
医薬品包装技術に求められる今後の環境対応-循環型包装設計と具体的対応事例-
☆一歩先を行く海外事情、主に欧州の動きを俯瞰しながら今後日本国内で求められる環境対応を考える
☆包装材料として注目を集める各種素材の特性にも焦点を当てて解説します

8月24日
カーボンプライシングの基礎知識と国内外の最新動向
-カーボンニュートラルの潮流の中で企業が注目すべきポイント-
☆カーボンプライシングの概要をはじめ、企業の皆様が気になる点・情報を集めました
☆国内だけではなく、EUや中国等海外の動向も解説。カーボンプライシングを取り巻く環境を俯瞰的に見ることができます。

8月25日
バイオディーゼル燃料の基礎・応用知識と技術開発動向
東京都市大学 理工学部応用化学科 准教授 高津 淑人

8月26日
生分解性プラスチックの基礎と最新動向
龍谷大学 先端理工学部応用化学課程 教授 中沖隆彦

8月29日
基礎から学ぶ「人工皮革・合成皮革」入門セミナー〜ポリウレタン樹脂の正しい知識と選択〜
京都女子大学 家政学部 生活造形学科 教授 榎本 雅穗

8月29日
企業の脱炭素経営推進におけるScope3とLCAの活用
Scope1・2・3が対象とする範囲
サプライチェーン排出を算定する方法についての基礎的理解
製品レベルでのLCA評価の基本的な考え方さらにそれぞれの違いを踏まえた企業内での活用方法や簡易な算定評価

8月30日
<カーボンニュートラル実現に関する制度を中心とした>企業が注目すべき環境関連法制の最新動向とポイント2022‐環境法基本原則/プラスチック資源循環促進法/温対法/省エネ法…など‐
☆国内外問わず、益々求められる企業の環境対応。「カーボンニュートラル実現」を軸に、関連する法規制の最新動向や今後どこに注目していくべきか?等重要なポイントをぎゅっとまとめた貴重な2時間半!

8月30日
EV・車載リチウムイオン電池グローバルマーケットトレンド
〜市場・技術のトレンドから主要プレーヤーやリサイクル・リユース動向まで〜<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>
講師 沖為工作室合同会社 沖本 真也 先生

○国内外のEV、車載リチウム電池の市場・規制動向から部材やバッテリーパック、BMS、充電ステーションといったカテゴリ別のトレンドと展望、各メーカーの最新取組みやリサイクル、リユース動向まで。
○電動化、5G/6G、カーボンニュートラルなど激変する社会情勢の中、車載用リチウムイオン電池の現在地とこれからを探ります。

8月30日
農業における二酸化炭素の利用(CCU)の基礎と応用
キヤノングローバル戦略研究所 主任研究員 堅田 元喜

8月30日
ジメチルエーテル(DME)および水素製造
 〜DME・水素・CO2を媒体とした脱炭素社会に向けて〜
静岡大学 大学院総合科学技術研究科 准教授 武石  薫



【2022年9月】
9月6日
日本企業を直撃,新しいEU製品規制の動き〜デジタル製品パスポートと新エコデザイン規則案〜
★欧州市場で流通するあらゆる製品を対象としたデジタル製品パスポート(DPP)がわかる。ErP指令を大幅に刷新した「サステナブル製品のエコデザイン規則」の徹底分析。

9月7日
『窒素循環技術』〜産業・生活活動からの窒素化合物の排出削減に向けた研究開発動向〜
講師は産総研・川本徹先生。窒素化合物を取り巻く最近の世界の動向を半日速習!アンモニア吸着材の開発動向もご紹介します。

9月8日
電気自動車(EV)の技術・市場の動向、今後予想される変化と課題
〜エネルギー問題、「脱炭素」を俯瞰しながら〜
・電気自動車(EV)の普及により、「産業」はどう変わっていくのか?
・「脱炭素」政策との兼ね合いは? この変化を商機とするには?

9月9日
プラスチック資源循環の現状と今後の方向性
〜プラスチック資源循環促進法への対応とリサイクル技術動向〜★急速に対応が求められている、プラスチック資源循環における国内外の最新動向を把握!
★代替素材やリサイクル等の取り組みの中には、実効性に疑問符が付くものも?!
 LCAによる評価の具体例もふまえ、正しい対策に向けた考え方・方向性を身に付ける!

9月12日
「CO2排出量見える化」の基礎知識および動向把握【入門講座】
★加速度的に重要性が増してきているサプライチェーン上でのCO2排出量見える化の全体像・最新状況を俯瞰!
 CO2見える化の実施・削減方法とその考え方・ポイント等、方策を示します!

9月12日
超伝導直流送電システム
超伝導直流送電システム

9月14日
生分解性プラスチックにおける国内外動向と生分解性評価
〜海洋生分解性プラスチックへの展開をふまえて〜
★生分解性プラスチックの基礎やグローバルな現状から、各種生分解度の試験・評価法まで、幅広く講義します。

9月15日
ネガティブエミッション技術〜その必要性・最新動向・課題・今後の展望〜
★カーボンニュートラル社会に向けたネガティブエミッション技術の最新動向を紹介!

9月15日
CO2排出量算定
演習を通して学ぶ、CO2排出量算定の進め方

9月16日
MOFの構造・特徴・作製方法と今後の応用可能性
〜フィルム上へのMOF薄膜作製、複合化による新規材料創製〜
・MOFの本質に迫る:ガス吸着・分離応用は? 各種合成手法は?
・フィルム上にMOF薄膜を作製する方法も!

9月20日
人工光合成によるCO2資源化・光触媒技術
★エネルギー資源問題とCO2による地球温暖化問題の両方に貢献可能な注目技術!★光エネルギー変換・CO2還元の現状の効率・性能および問題点や、対応する光触媒材料・人工光合成システムの最新研究動向・課題・今後の方向性等について講義します。

9月28日
リグニンの特性と用途開発に向けた課題・展望
・非可食植物バイオマス【リグニン】を網羅的に理解する!
・利活用を妨げる着色問題を解決する「白色化」についても!

9月28日、10月5日
CO2排出量見える化とLCA計算入門(3回シリーズ)
第1回 CO2排出量見える化とそのポイント
第2回 LCA計算入門
第3回 LCA計算ハンズオン
CO2排出量見える化の基本〜ポイントまで。LCA計算の進め方の基本〜手順・ポイントを事例交え。LCA計算をハンズオン講習通じ、LCA構成重要要素の実際を体験。



【2022年10月】
10月7日
EUの製品エネルギー効率及び持続可能性要件の概説と最新動向
製品のエネルギー効率、持続可能性に係るEUの政策・規制の動向にいついて分かりやすく解説します。エコデザイン指令(ErP指令)と規則案、エネルギーラベル規則、GPP基準、エコラベル規則、消費者権利指令など。

10月19日
微細藻類バイオマスの産業利用可能性、大量培養へのヒント
-カーボンニュートラル/有効成分の解説とその活用例/大量培養までの道のり-
☆微細藻類の産業利用が期待される背景、有効成分の理解から製品活用事例を整理することで、今後の微細藻類ビジネス戦略のヒントに!
☆課題となる"大量培養"を実現するにはどのような技術、設備が必要なのか?国内外の最新の技術情報を交えながら解説!

書籍・LMS型e-ラーニング・動画配信


NEW
2022年7月発刊予定書籍(2022年7月25日まで早期割引)
カーボンニュートラル燃料最新動向
〜水素・アンモニア・e-fuel・バイオ燃料〜

燃料・燃焼分野を直撃する環境対応の強化。既存内燃機関を活かし二酸化炭素の削減を目指すには?
CO2削減に寄与する燃料について各分野の専門家の解説を丸ごと1冊にまとめた決定版!

NEW
2022年6月発刊予定書籍(2022年6月27日まで早期割引)
CO分離回収貯留及び有効利用技術〜脱炭素社会での企業対応/CCS・CCUS/排出量計算
★二酸化炭素の分離・回収・活用それぞれの技術概要、事業性、国内外の推進状況を整理して把握できる

2022年3月発刊書籍
車載用LiBのリユース/リサイクル技術と規制動向
★国内外の市場動向から関連する法規制、リサイクル/リユース技術、各社取組みの現状まで把握!

2022年1月発刊書籍
カーボンニュートラル・脱炭素社会におけるプラスチック開発
〜成形加工、バイオプラスチック、環境対応〜

プラスチックの物性や加工技術に重点を置き、環境問題、バイオ技術については最新の内容を記載している。

2022年1月発刊書籍
二酸化炭素利活用技術〜CO2削減に向けた最新研究〜
二酸化炭素排出削減の流れで注目を浴びるカーボンリサイクル。
二酸化炭素は何にどう利用できるのか?CCUの最新動向をまとめた必読の一冊!

2021年12月発刊書籍
<環境と資源から見る> フッ素技術 2
〜各種規制と除去・回収・再資源化技術〜

★PFAS問題にて近年ますます注目を浴びるフッ素。
フッ素研究の第一人者が除去・回収・リサイクル技術の知見を注ぎ込んだ渾身の一冊!!

2021年10月発刊書籍
藻類培養技術
〜屋内外大量生産・各種処理評価/トラブル対応・商業化に向けた取り組み

★設備や部材、屋内外での大量生産技術、低コスト化や高効率化、
コンタミ等のトラブル対応etc 藻類ビジネスに必要な技術論を解説!

2020年3月発刊書籍
これからの藻類ビジネス藻類培養の基本から生産技術、ビジネス展開の最新動向まで
微細藻類、藻類培養、藻類バイオマス…燃料から機能性食品までますます広がる藻類の可能性を1冊で完全網羅!

2019年6月発刊書籍
マイクロプラスチック問題等各種環境汚染と規制強化に向けた
プラスチックの環境対応技術
〜バイオマスプラスチック・生分解性プラスチック・リサイクル・代替〜

バイオプラスチック、マイクロプラスチック問題、プラスチック代替・・・・
環境をめぐるプラスチックの技術動向をしっかり把握!
これからのプラスチックを考えるのに必読の一冊!

2018年8月発刊書籍
これからのEV・HEVにおける熱マネジメント技術〜材料、空調、熱回収、モータ/インバータ、バッテリ別のアプローチ〜
これからのEV転換時代に必須の一冊!構成要素毎の熱マネジメント技術から、自動車のEV化・自動運転化に伴う材料のトレンド変化まで、最新市場データも交え包括的に言及!

2014年12月発刊書籍
熱電変換材料 実用・活用を目指した設計と開発
〜材料技術/モジュール化/フレキシブル化/実用例〜

排熱利用・環境発電・フレキシブルデバイス…熱電材料有効利用のための最新技術を集成。材料設計・開発のポイントからモジュール化・フレキシブル化、実用検討例まで、実用化のための勘所が理解できる1冊です。

2014年3月発刊書籍
植物工場経営の重要課題と対策
〜経営戦略・設備管理・栽培技術・高付加価値化・マーケティング〜

生産者向けの新たな「植物工場」書籍発刊!「どうすればうまくいくのか」 消費者に求められる生産物を作るために、植物工場で生産者が踏まえるべきポイントを1冊に凝縮。事業採算性確立に向けた最新の取り組みが満載です。

2013年9月発刊書籍
再生可能エネルギー発電設備の
小型・産業用途を中心とした導入・運用展開
〜太陽光・太陽熱・地熱・排熱・バイオマス・小水力・風力〜

最新動向はもちろん、導入のメリット・デメリット、イニシャルコスト・ランニングコストの試算、施工の実際、設備管理・モニタリング、メンテナンスなど、導入から実際の利用まで見据えた知見を、広く・深く網羅しました。

2013年8月発刊書籍
次世代自動車、EV/HEV 対応
省エネ「熱」マネージメント
〜排熱回収技術から断熱・遮熱材料まで〜

ヒートポンプ、熱電材料、ランキンサイクル、スターリングエンジン、熱音響システムなどの排熱回収技術から樹脂ガラス、内装用ポリウレタン、生分解プラスチックなどの断熱・遮熱材料について取り上げる。EV、HEV次世代自動車の熱マネージメントを徹底解説。

2013年6月発刊書籍
微細藻類の大量生産・事業化に向けた培養技術
バイオ燃料ビジネスへの利用で注目の高まる微細藻類の、培養技術にフォーカス。要素技術はもちろん、各種利用技術までも集成した、「より高い生産性」と「事業化・産業化」の布石となる1冊。

2012年4月発刊書籍
植物工場のビジネス戦略および商用化に向けた最新事例
「どうすれば事業化が成功するか」課題の突破口を実例に見出す!植物工場の新規参入・事業展開のための勘所を、実際に取組む多くの事業者の実例で把握する1冊。

2010年2月発刊書籍
<環境と資源から見る>フッ素技術 〜固定化・リサイクル・規制〜
フッ素リサイクル動向・資源動向・規制動向につき新旧技術を体系的に整理した必携の書!
廃水処理・再資源化など、環境対応に役立ちます。

top


関連キーワード セミナー 書籍 水処理 リサイクル 環境規制 CO2排出 CDM 京都議定書 カーボンフットプリント カーボンオフセット 土壌汚染対策

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.