中国化学物質,中国危険品,中国REACH,中国SDS,中国ROHS,セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/4/8更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


中国の化学物質法規制

◎動画視聴形式のe-ラーニングです。

◎中国に化学品や商品を輸出する際に何がトラブルの要因になるのか。
 トラブル回避のために押さえたい関連法規や前提知識、通関対策をポイント解説!

◎法改正予定の中国REACHについても現行と改正案を比較しながらお伝えします

◎<注意点も明記した>中国向けSDS/ラベルのフォーマット付!

講師

ペルノックス(株) 品質保証室 環境・保安グループ グループリーダー 原井 洋人 氏

→このLMSを知人に紹介する

<関連LMS> 「製品含有化学物質管理の実務」
受講内容はこちら→


受講に当たっての留意点

※受講期間終了後はIDを削除致しますので予めご了承下さい。
※講師への質問等はできませんので予めご了承下さい。

@受講開始日までに受講に必要なID、パスワードとURLをe-mailにてご連絡します。

【ご注意】
本講座で使用される資料は著作物であり、複写・転載・配布・販売を禁止いたします。また、一つのIDにつき使用できるのは1名であり、一つのIDを複数名で使用することを禁止いたします。

A※必ず以下のURLより動作確認をしてからお申込み下さい
動作確認ページへ→
サンプルページ内の動画の視聴とテストの回答をお試しいただき、正常に動作するか各自にてご確認ください。動作環境以外のPCで受講すると、正常に受講できない可能性があります。 動作確認やシステム設定に関するサポートは弊社では行っておりませんので、PC設定等のお問い合わせはご遠慮ください。

B受講の流れ
・講座開始日から、コンテンツの動画またはPDFを視聴・閲覧できます。
・Chapterの順番に沿って視聴・閲覧をしてください。前のChapterを終了せずに、次のChapterへは進めません。
・確認テストは、Chapter内の動画は最後まで視聴、PDFは閲覧しないとテストへ進めません。なお、回答について講師による添削はありません。
・全てのChapterを終了し、最終テストで一定の基準を上回った方には、修了証(画面上で表示)を発行いたします。

※説明動画 →受講の流れ

受講開始日・受講料

●受講開始日(申込〆切):
 ・毎月10日(前月月末の申込まで)
 ・毎月25日(当月15日の申込まで)   ※土日・祝日の場合は翌営業日

 *初回開講は2020年2月25日です

●受講期間:4ヵ月間 期間延長の場合、1ヶ月あたり4,400円(税込(消費税10%))(延長は1回限り、最長で6か月まで。終了前日までにお申し出ください。)
●受講料 1〜9名 1名あたり 25,300円(税込(消費税10%)、資料付)
     10名以上で1名あたり 19,800円(税込(消費税10%)、資料付)
     30名以上で1名あたり 14,300円(税込(消費税10%)、資料付)
     100名以上でご参加の場合はお問い合わせください。
     4名以上お申込みの場合、申込みフォームの備考に記入頂くか、
     joho-lms@johokiko.co.jpまで申込者情報をご連絡下さい。


学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「LMS申込要領・手順」を確認下さい。

●管理者を設定する場合:4,400円(税込(消費税10%) *管理者ご自身が受講する場合、別途受講料がかかります。

 ●本講座で使用される資料は著作物であり、複写・転載・配布・販売を禁止いたします。
 ●「LMS申込要領・手順」のご確認とPCの動作確認をお願いします。

講座ポイント

●化学物質に係わる中国の法体系の整理と解説/主な3つの関連法令
●GHS分類結果の中国と日本の相違比較

●SDS関連
 ・経験に基づいた中国SDSの作成フロー/ポイント
 ・通関時での指摘を極力回避するために:特に整合した方が良いSDSの項目とは?
 ・基本的に日本語のものを中文訳すれば足りるSDS項目とは?
 ・15項の適用法令に記載するのが望ましい法令リスト一覧

●通関時のトラブル要因の一つである危険化学品/危険貨物品法令の解説
 ・鑑定と分類が必要になる実施要件と範囲/鑑定内容
 ・この物質は危険化学品に該当?該非判断の基準
 ・危険貨物品輸送に関する中国法規制

●新化学物質環境管理弁法 中国REACH
 ・<管轄組織><登記化学物質数><対象物質と対象外物質>
 ・申告の種類:常規・簡易申告の数量制限/試験項目/所要期間等
 ・簡易申告が可能なポリマー特別規則とは?
 ・IECSC(中国既存化学物質名録)の追加動向とは? 
 ・化学物質環境リスク評価及び管理制御条例の動向

●演者が経験した中国通関時の14個のトラブル事例と対応策/実際のやりとり

●情報収集:演者が実務で参考にしている中国化学物質規制の関連サイト一覧
 
●15個のよくあるQ&A
 ・中国化学物質規制の背景と経緯は?
 ・GHSや物理化学的性質について、全て鑑定が必要か?鑑定は指定機関に限られるのか?
 ・SDS/ラベル、化学物質登録不要などの適用除外はあるか?
 ・化学品輸出/ラベル/SDSに関し、注意すべき地方省令は?
  など実務者視点で寄せられたよくあるQに対し、実務者視点でアンサー!



講座内容

◆総視聴時間:約1時間16分

はじめに

1. 化学物質に関する主な中国法令

 -中国の法体系と日本の法体系
 -危険化学品
 -危険貨物品
 -新化学物質

2. GHS/SDS/ラベルに関する主な国家標準

 -GB(強制標準)とGB/T(推奨標準)

2.1 GHSに関する国家標準
 -GB13690 2009 化学品の分類及び危険性公示
 -GB30000.2〜29 2013 化学品分類と基準
 -<参考>日本と中国でのGHS分類結果の違い

2.2 SDSに関する国家標準
 -GB/T16483 2008 化学品安全性データシートの内容と項目の順序
 -GB/T17519 2013 化学品安全性データシートの編集に関する指針
 -濃度限界値一覧

2.3 ラベルに関する国家標準
 -GB15258 2009 化学品安全ラベル編さん規定
 -ラベルの最低サイズ
 -GB/T22234 2008 GHSに基づく化学品ラベル規範

3. SDS/ラベルの具体的作成方法

 -中国対応SDS/ラベル作成のポイント(4点)

3.1 SDS作成方法
 -作成手順概略
 -注意点
 -全項目共通事項
 -1項:化学品及び会社情報
 -2項:危険有害性の要約
 -3項:組成及び成分情報
 -4項:応急措置
 -5項:火災時の措置
 -6項:漏出時の措置
 -7項:取扱い及び保管上の注意
 -8項:ばく露防止及び保護措置
 -9項:物理的及び化学的性質
 -10項:安定性及び反応性
 -11項:有害性情報
 -12項:環境影響情報
 -13項:廃棄上の注意
 -14項:輸送情報
 -15項:適用法令
 -16項:その他の情報

3.2 ラベル作成方法

4. 危険化学品


 -危険化学品安全管理条例
 -危険化学品登記管理弁法
 -危険化学品経営許可証管理弁法
 -危険化学品安全使用許可実施弁法
 -化学品物理危険性鑑定と分類管理弁法
 -鑑定と分類の実施要件
 -鑑定内容
 -危険化学品目録
 -危険化学品目録実施指南(試行)
 -混合物の扱い
 -危険化学品該非
 -輸出入商品目録(法検目録)
 -出入境検験検疫機構が検験検疫を実施する出入境商品目録(2011年)
 -国家質量監督検験検疫局による輸出入危険化学品及びその包装の検験監督に関連する問題に関する公告(2012年)
 -最新情報

5. 危険貨物品

5.1 危険貨物品に関する国家標準
 -GB12268 2012 危険貨物品名表
 -GB6944 2012 危険貨物の分類及び品名番号
 -GB190 2009 危険貨物包装標示

6. 新化学物質

 -新化学物質環境管理弁法
 -新化学物質申告登記指南
 -新化学物質申告登記指南 データ要求の調整に関する公告(環境保護部 2017年42号)
 -申告の種類
 -簡易申告可能なポリマー
 -新化学物質環境管理弁法 (改訂意見募集稿/通報稿)
 -<参考>現有化学物質名録(IECSC)への追加
 -化学物質環境リスク評価及び管理制御条例 (意見募集稿/通報稿)
 -現有化学物質名録
 -優先評価化学物質環境リスク評価計画
 -優先環境管理化学物質名録
 -厳格制限化学物質名録
 -使用禁止・使用制限化学物質名録

7.その他の法令

 -中国で厳しく制限される有毒化学品目録
 -税関企業信用管理暫定弁法

8.中国通関時のトラブル事例と対策

8.1 中国通関トラブル事例

 -非危険化学品での中国語SDS要求
 -中国語カラーラベル
 -個々の容器への中国語ラベル貼付
 -少量危険貨物品でのUN容器対応
 -100%成分表
 -中国法規に従う内容の声明文
 -SDSとラベルでのGHS表記の相違
 -中国語SDSとラベルでの成分名の相違
 -GHS絵表示と国連分類/番号の整合
 -税関からの中国語ラベル強制支給
 -日本語ラベルと中国語ラベルのGHS相違
 -GHS分類結果の明確化
 -中国語ラベルへ中国での搬入先を記載
 -中国語SDS改ざん

8.2 中国通関トラブル予防策(7点)

9.中国 化学物質規制関連サイト

 -各種調査サイト
 -参考サイト(中国語)
 -参考サイト(日本語)

10.事前質問への回答

 -中国化学物質規制の背景と経緯は?

 -未登録化学物質の輸出の実態は?

 -米中貿易摩擦などの影響による今後の予測は?

 -「名録」と「目録」の違いは?

 -成形品に関する化学物質規制とそのポイントは?

 -GHSや物理化学的性質について、全て鑑定が必要か?鑑定は指定機関に限られるのか?

 -日本で名称開示の義務のない物質についての開示要求対応は?

 -危険物輸送時の取り扱い許可や免許は必要?

 -消防法での危険物と中国での危険物の関連は?

 -危険化学品目録に該当しない化学物質にも中国語ラベルが必要?

 -危険化学品目録以外に確認すべきリスト等は?

 -応急管理部化学品登記センター(旧 国家安全監督管理総局化学品登記センター<NRCC>)と各税関検疫局の優位性は?

 -ビルディングブロックアプローチによりラベル要素が変更となるトラブルは?

 -SDS/ラベル、化学物質登録不要などの適用除外はあるか?

 -化学品輸出/ラベル/SDSに関し、注意すべき地方省令は?

最終テスト
 ↓
終了証発行

LMS番号:CL200201

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.