「多元素ナノ合金」会場セミナー:多元素ナノ合金の開発技術と応用展開
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  CMOS
  プラスチックリサイクル
  全固体電池材料技術
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2024/7/17更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

●本講演の講師が独自に開発した連続フロー型ソルボサーマル非平衡ナノ合金プロセスにより、任意の元素を任意の割合で混ぜる多元素ナノ合金の開発が実現化されようとしています。
●本セミナーでは、当該科学技術を基盤に、材料創製インフォマティクスとハイスループット合成及びスクリーニングを用いた多元素ナノ合金の開発とそれら物性と機能についてお話させていただきます。

多元素ナノ合金の開発技術と応用展開について
~材料創製インフォマティクスとハイスループット合成及びスクリーニングを用いた多元素ナノ合金の開発とそれら物性と機能~

講師

京都大学 大学院理学研究科 化学専攻  北川 宏 氏

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1982-1986 京都大学 理学部
1986-1988 京都大学 大学院理学研究科 博士前期課程 化学専攻
1988-1991 京都大学 大学院理学研究科 博士後期課程 化学専攻
1991-1994 岡崎国立共同研究機構 分子科学研究所 助手
1994-2000 北陸先端科学技術大学院大学 材料科学研究科 助手
2000-2003 筑波大学 化学系 助教授
2003-2009 九州大学 大学院理学研究院 化学部門 教授
2009-   京都大学 大学院理学研究科 化学専攻 教授

■ご専門および得意な分野・研究:
固体物性化学、錯体化学、無機化学、ナノ物質化学

■本テーマ関連学協会でのご活動:
錯体化学会・会長

<その他関連セミナー>
電池・エネルギー 一覧はこちら

日時・会場・受講料

●日時 2024年8月6日(火) 12:30-16:30 ※途中、小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

■はじめに
水と油の関係にある金属元素同士を原子レベルで混ぜ合わせ、新しい物質をつくり出す研究を紹介する。その研究戦略には、構成元素が原子レベルでランダムに一様に混じりあう合金(固溶合金)では、その組成比により連続的に電子状態、つまり、機能・物性を連続的に制御することが可能なことがあげられる。そのため、あらゆる元素を自在に混合して操る技術を構築できれば、目的の元素を他の元素の組み合わせで既存の元素を凌駕する新しい「元素」を生み出すことが可能となる。最近では、独自に開発した連続フロー型ソルボサーマル非平衡ナノ合金プロセスにより、任意の元素を任意の割合で混ぜる多元素ナノ合金の開発が実現化されようとしている。本セミナーでは、当該科学技術を基盤に、材料創製インフォマティクスとハイスループット合成及びスクリーニングを用いた多元素ナノ合金の開発とそれら物性と機能について講義する。

■ご講演中のキーワード:
多元素ナノ合金、高エントロピー合金、ハイスループットスクリーニング、触媒、白金族元素

■受講対象者:
本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識や事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど:
「日経サイエンス」1月号、科学雑誌「Newton」5月号

■本セミナーで習得できること:
多元素ナノ合金に関わる基礎知識、合成・製造のノウハウ、国家プロジェクトの動向、ビジネス動向

セミナー内容

1. 合金の歴史

2. 合金とは

3. 金属の分類

4. 化学結合論

5. 白金族元素(PGM)とは

6. 元素間融合について

7. 多元素系への展開

8. 基礎学理について

9. ハイスループット合成・評価

10. 国家プロジェクトの動向

11. 今後の展開

セミナー番号:AC2408C0

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.