化学物質国内法規制の基礎と情報の探し方 WEB講座
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  CMOS
  プラスチックリサイクル
  全固体電池材料技術
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2024/7/17更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

★化審法,化管法,安衛法,毒劇法,消防法,大防法等、
国内の化学物質規制の基礎を包括的に解説します
★都度更新される化学物質規制について、
どのように情報を集めるか実習付きで解説致します
※情報収集の実習付きですので、ご自身のPCを持参のうえご参加ください

化学物質国内法規制の基礎と
情報の探し方まとめ方(PC実習有り)


<会場開催セミナー>

講師

一般社団法人 産業環境管理協会 人材育成・出版センター 技術参与 宇佐美亮 氏

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

1987年 三菱電機株式会社入社
2005~2015年 電機・電子4団体事業所及び製品化学物質専門委員会と傘下のワーキンググループ及びアドホックにて委員長・主査等歴任
2007~2009年 ストックホルム条約対応WG
2011~2012年 UNIDOプロジェクトPBDEガイドライン作成チーム
2012~2014年 3省合同/化学物質と環境に関する政策対話委員
2016年~2017年(一社)産業環境管理協会 アーティクルマネジメント推進協議会副所長
2017年~2018年 同所長
2019年~2021年 国際化学物質管理支援センター技術参与
2021年~     現職


■専門・得意分野
材料科学、化学物質関連法、ストックホルム条約

<その他関連セミナー>
化学物質法規制 一覧はこちら

日時・会場・受講料

●日時 2024年9月13日(金) 10:30-16:30 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第2特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 ※会場での昼食の提供サービスは中止しております。
   *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

GHS危険有害性分類と最近の法改正を踏まえ、化学物質が法令で規制される理由と製造業が法令を遵守するための要点を、化審法、化管法、安衛法、毒劇法、消防法、大防法、水濁法について解説する。現場の安全管理の観点からSDSを読み解き、また、化学物質に係る事故事例を解析しつつ工程管理上の留意点を解説する。国内法が制定・改正される仕組みと手順を紹介し、その情報の入手先とタイミングを整理する。これらを応用して法改正情報の入手と、入手した情報の要点整理の2点について演習を行う。

■受講対象 
・製造業の化学物質管理初任者
・本社部門及び工場の管理部門の法規制担当者

■受講後、習得できること
・化学物質を危険有害性と順法の観点から管理できる。
・現場の作業者の安全性を管理する観点を整理できる。
・自社に必要な法令情報をタイムリーに入手し現場に展開できる。

セミナー内容

A.化学物質管理業務
 1.事業活動と化学物質
  2.化学物質の利便性と有害性

  ・国連GHS文書
  ・分類JIS

B.法の読み方と使い方
 3.法の分類
 4.法の読み方

  ・化審法
  ・化管法
  ・安衛法
  ・毒劇法
  ・SDSの読み方
  ・水濁法
  ・大防法
  ・消防法
 5.事故事例・違反事例
  ・違反事例
  ・事故事例1
  ・事故事例2
  ・危険有害性の分類

C.法の探し方演習

 6.法ができるまで
 7.法の探し方
 8.演習


D.Q&A

セミナー番号:AA2409C2

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.