模擬交渉で学ぶ技術関連契約チェックポイント|契約交渉の成功例・失敗例|交渉術ノウハウ|情報機構セミナー
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  CMOS
  プラスチックリサイクル
  全固体電池材料技術
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2024/7/17更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

会場開催:②技術関連契約(8月30日のみ参加) → 

会場開催①技術関連契約(8月29日)②技術関連契約(8月30日)両日参加→ 


弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として4.5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


☆摸擬交渉や契約書のサンプルから実践的に学ぶ、各種ライセンス契約講習の決定版!
☆長年現場に携わって来た講師だから出題できる、実務に沿った豊富な例題で理解を深めます
☆契約の基礎から学びたい方は、
前日8/29開催の【座学編】も併せてご受講ください!

特許戦略を意識した
技術関連契約のチェックのコツと
交渉ノウハウ(応用・実践編)~模擬交渉


<会場開催セミナー>

講師

国立循環器病研究センター 産学連携本部長 浅野滋啓 氏
(元武田薬品工業(株)・知的財産部・シニアマネージャー)

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

○これまでの経歴
1987年 京都大学大学院・農学研究科農芸化学専攻 修士課程修了
1988年 武田薬品工業株式会社 生産技術研究所・バイオ技術センター 研究員
2000年 武田薬品工業株式会社 知的財産部 主席部員(係争訴訟担当)
2002年 Takeda Europe R&D Center (ロンドン駐在、3年)
2005年 武田薬品工業株式会社 知的財産部 シニアマネージャー
2015年 武田薬品工業株式会社 Strategy & Operations, Director
2017年 九州大学・先端融合医療創成センター 特任准教授
2019年 藤田医科大学・産学連携推進センター 教授
2020年 5月より 現職

○対外活動:
日本ライセンス協会・理事、教育委員会副委員長、関西研修委員会副委員長
UNITT(一般社団法人・大学技術移転協議会)・理事

○過去関連テーマでの講演
・「開発品導入/М&Aにおけるデュー・デリジェンスと契約交渉」 (日本知的財産協会 2021)
・「医療分野の成果導出に向けた研修セミナー(契約交渉・実践コース)」 (AMED 2018, 2020, 2021, 2022. 2023, 2024)
・「ライセンス実務講座~医薬・バイオ分野のライセンス」 (日本ライセンス協会 2018, 2019, 2020, 2021, 2022, 2023, 2024)
・「事業化を目指す研究者のための特許と契約」 (都市活力研究所 2017, 2019, 2020, 2021, 2022, 2023)
・「医薬開発品導入/М&Aにおけるデュー・デリジェンスと契約交渉」(技術情報協会 2020/8/6)
・「競合に勝つための医薬特許戦略 ~ 成功事例・失敗事例から学ぶ」 (㈱R&D支援センター 2021/9/15)
・「産学連携を上手に進めるために~企業・アカデミアそれぞれの視点から」 (多数の大学・企業等にて 2017~)他

○最近の論文、著書等:
1.Shigehiro Asano, Yoichi Nakanishi and Daisuke Sugiyama, Intellectual Property in the Field of Regenerative Medicine in Japan, (2018) Clinical Therapeutics, 2018, 40(11), 1823-1827
2.『共同研究開発の進め方と契約のポイント』 浅野滋啓 (共著, 技術情報協会, 2020年, p495-507)
3.『経営、事業戦略に貢献する知的財産の“価値評価”と活用の仕方』 浅野滋啓 (共著, 技術情報協会, 2021年, p556-578) 他


8月29日『特許戦略を意識した技術関連契約のチェック・ポイント(座学・基礎編)』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2024年8月30日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第4講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
『技術関連契約(8月30日)』のみのお申込みの場合
1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付))*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

『技術関連契約(8月29日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
1名72,600円(税込(消費税10%)、資料付))*1社2名以上同時申込の場合、1名につき61,600円

  ※会場での昼食の提供サービスは中止しております。
  *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

■講座のポイント 
(1)医薬・化学分野特有のポイントは勿論、業種・分野を問わず、知財戦略も意識した、広く実務に生かせる契約書のチェック・ポイントを体系的に習得できる。
(2)本番さながらの模擬交渉を体験し、ライセンサー側・ライセンシー側それぞれの立場から交渉のコツ・ノウハウを体得できる。
(3)経験年数も考慮しチーム編成しますので、初心者でも心配いりません。
(4)成功例・失敗例を多数紹介し、分かりやすく解説します。

■受講後、習得できること 
(1)どこよりも詳しい、秘密保持契約の意義と起案・修正のポイント
(2)自社開発、他パートナーとのresearch conflict回避する策
(3)知財戦略を意識したライセンス交渉のコツ・ノウハウ
(ライセンサー側・ライセンシー側それぞれの立場から、どう主張し、妥協点を導くか)

■講演中のキーワード
⇒ 秘密保持契約、共同研究契約、ライセンス、契約書チェック、契約交渉、産学連携

セミナー内容

■講演プログラム
★開催数日前に、皆様方から、関心高い項目、下記以外でも聴きたいこと、日々悩んでいる問題点、質問事項等にもお答えすべく、事前アンケートとして回収し、講義中でも取り入れ重点的に解説いたします。
 (*回答期間の都合上、お早めにお申込みください!)


Ⅰ.契約書は、ここを、このようにチェックする
(~技術関連のビジネス契約の全ての勘所・急所をコンパクトにおさらい!)
 1.秘密保持契約(CDA/NDA)
 2.サンプル提供契約、有体物移転契約(MTA)
 3.フィージビリティ・スタディー(FS)契約
 4.オプション契約
 5.ライセンス契約
 6.共同出願契約
 7.共同研究(開発)契約
 8.LOI(Letter of Intent)、覚書、タームシート(Term Sheet)

Ⅱ.契約書を実際にチェックしよう (模擬交渉も体験する)
( ⇒ 売り手・買い手側、双方の立場からの契約書案を修正、相手を説得する。)
 演習課題1.「秘密保持契約書(CDA)」
 演習課題2.「共同研究契約書」
 演習課題3.「特許ライセンス契約書」
(交渉のコツ、主張ポイント・方法等を、契約交渉の経験者は勿論、初めての方にも分かりやすく整理)

Ⅲ.デュー・デリジェンス(DD)~ 他者からの技術/開発品の導入、M&Aのポイント
 1.DDプロセス全体の流れとポイント概要
 2.費用を必要最小限に抑え、最大の効果を得るには
 3.代理人事務所(弁護士)を上手く選び活用するには
 4.情報リークを防ぐには
 5.受領した秘密情報の管理のコツ
 6.DDにおける具体的な作業ポイント
 7.売り手側と買い手側、各立場で留意すべきリスクと対策
 8.Change of Control 条項を見逃すな

セミナー番号:AS2408B2

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.