食品用器具・容器包装の法規制セミナー:2024年5月29日東京開催(梶原健世先生・石動正和先生)
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  6G材料
  ・  ラベル・SDS 作成の手順
  ・  PFAS
  ・  労働安全衛生法
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

講師2名で、国内・海外の食品包装材料の法規制の最新動向をわかりやすく解説します!

食品用器具・容器包装の法規制

~日本における器具及び容器包装に関するポジティブリスト制度の概要~
~海外における食品包装材料に関する法規制動向~


<会場開催セミナー>

講師

(一財)化学研究評価機構 食品接触材料安全センター 
       企画調整室長 梶原 健世 先生/情報調査・広報室長 石動 正和 先生

<その他関連セミナー>
化学物質法規制 一覧はこちら

日時・会場・受講料

●日時 2024年5月29日(水) 10:30-16:30 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第1特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
  ※会場での昼食の提供サービスは中止しております。
  *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナー内容

◆第1部 セミナー内容
10:30-11:45、12:45-13:30
担当:梶原 健世 先生

■はじめに
 食品用器具及び容器包装において、2018年6月の改正食品衛生法でポジティブリスト管理への移行が示され、2020年6月に合成樹脂製の器具及び容器包装について施行された。現在は2025年5月末までの経過措置期間中だが、完全施行に向けて、ポジティブリストの再整理、具体的な運用方法の整備等が進んでおり、2023年11月30日にポジティブリスト制度改正の告示がなされたところである(施行は2025年6月1日から)。
 今回は、食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度の概要、改正告示の考え方、サプライチェーンの情報伝達の仕組みなどについて解説するとともに、これらに関する食品接触材料安全センターの活動についてご紹介する。

■受講対象
・食品用器具、容器包装の製造業、輸入業、使用者、検査機関
・食品用器具、容器包装に使用される添加剤の製造業、使用者

■本セミナーに参加して修得できること
・食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度の概要
・改正告示の考え方
・サプライチェーンの情報伝達の仕組み

■講演プログラム

1. 食品衛生法改正の背景

2. 器具・容器包装に関するポイント

3. 改正ポジティブリストの考え方

4. ポジティブリストの構成と読み方

5. サプライチェーンの情報伝達

6. 一般衛生管理、適正製造管理

7. リサイクル

8. 経過措置

9. 食品衛生法の考え方

10.食品接触材料安全センターについて

13:30-13:45 質疑応答 (梶原先生)


◆第2部 セミナー内容
14:00-15:00、15:10-16:10
担当:石動 正和 先生

■はじめに
 海外における食品包装材料は、これまでのひと健康(安全・衛生)に係る法規制が開発されてきた。これに加え、先頃、特にプラスチックの環境問題により多くの法規制が制定、検討されている。欧州では2022年9月プラスチック食品接触材料リサイクル規則が公布され、2023年11月欧州議会で包装及び包装廃棄物規則改正案が可決した。中国は2023年9月、7件の食品接触材料製品国家標準を改正、制定した。タイは2022年6月保健省通知No.435により食品用器具・容器包装の規格基準を改正した。EU、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドはプラスチック包装材料製品に新たな法規制を制定している。国連は2022年より政府間交渉委員会でプラスチック条約を検討しており、2024年末取りまとめられ2025年頃国際条約となることが想定される。今回のセミナーではこうした海外の動きを分かり易く解説する。

■受講対象
・食品用器具、容器包装の製造業、輸入業、使用者、検査機関
・食品用器具、容器包装に使用される添加剤の製造業、使用者

■本セミナーに参加して修得できること
・海外における食品用器具・容器包装の安全衛生に係る法規制の最新情報
・海外における食品用器具・容器包装のリサイクルに係る法規制の最新情報
・海外に食品を輸出するとき使用する器具・容器包装に求められる規格基準

■講演プログラム

1. はじめに

2. 欧州の食品接触材料関連規制
  2.1 プラスチック規則(PIM)(2011年)
  2.2 シングルユースプラスチック指令(2019年)
  2.3 プラスチック食品接触材料リサイクル規則(2022年)
  2.4 マイクロプラスチック制限規則(2023年)
  2.5 包装及び包装廃棄物規則(案)(2023年)

3. 北米(米国・カナダ)の食品接触物質、プラスチック包装材料関連規制

4. 中国の食品接触材料関連規制
  4.1 食品接触材料関連国家標準
  4.2 プラスチック包装材料関連規制の動き

5. ASEAN、インド、オセアニアの食品接触材料、プラスチック包装材料関連規制

6. 国連プラスチック条約制定の動き

7. おわりに

16:10-16:30 質疑応答 (石動先生/梶原先生)

講師紹介

◎梶原先生
■略歴
1987年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。同年、三菱化成工業株式会社(現三菱ケミカル株式会社)入社。
関連会社を含め、スチレン系樹脂の重合、材料設計等の研究開発、顧客技術支援、及び共通部門として製品安全、品質保証業務に従事。並行して、2000年より衛生協議会等の活動に参加。
2020年6月より食品接触材料安全センターへ出向。2021年4月より現職。

■専門および得意な分野・研究
高分子工学

◎石動先生
■略歴
1973年京都大学工学部工業化学科卒。同年鐘淵化学工業(現カネカ)に入社。研究開発、研究管理業務に従事。
2003年塩ビ食品衛生協議会に出向。2004年常務理事に就任。
2021年4月(一財)化学研究評価機構食品接触材料安全センター情報調査・広報室長就任

■専門および得意な分野・研究
高分子化学、生化学

セミナー番号:AC240542

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.