公差設計 セミナー 5月30日東京開催
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  6G材料
  ・  ラベル・SDS 作成の手順
  ・  PFAS
  ・  労働安全衛生法
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

公差設計の常識/概念が変わる教科書では教えてくれない公差設計実践
設計者は避けて通れない公差設計、2乗和計算の危険性等、
納得の公差設計法を伝授します。

これで納得!公差設計で悩んでいる若手技術者・管理者必見!!

教科書にはない設計現場の公差設計実践ノウハウ

【演習付き】 <定員20名>

<会場開催セミナー>

講師

Nakadeメソッド研究所 代表

トヨタ自動車認定 DRBFM A級エキスパート 中出 義幸 氏

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

* ページ下部の講師紹介もご確認下さい

日時・会場・受講料

●日時 2024年5月30日(木) 10:00-17:00 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名48,400円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき37,400円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●本講座は講義中のパソコン使用はご遠慮をお願いしております。
  講義中、パソコンはご利用できませんので予めご了承の上お申し込みください。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

■オンラインセミナー開講時受講者の声
専門的でしたが、とても分かりやすい内容で勉強になりました!
製品設計者が初期に受講するのにちょうどよい内容だと思う。
中出様のその他の講義も受けたいと思いました。等
好評をいただいております。より講師との距離の近い会場で、
不明点を解消しましょう!

■本講座で得られる知識:
①公差設計理論と解析法
②構造設計に必要な樹脂成形と金型知識
③正しい公差設計の進め方と設計ノウハウ

■必要なもの:

 関数電卓(ルート計算ができればスマホなどでも可)、定規
 ★簡単な演習を行います。関数電卓・上記はセミナー会場にお持ちいたしますが、使い慣れたものでの受講を希望する方はお持ちください。

■概要:
 公差設計は設計そのものですが、公差教育で確率論を学んだことの弊害で、実際の設計現場で無駄な工数を費やしてしまうことが散見されます。また、若手技術者から公差設計をどのように進めたらよいかとの悩みをよくお聞きします。
 本来の公差設計は、ものづくりを熟知した設計をすることに他ならず、確率論は構造設計には役に立たない手法です。また幾何公差も結果論であり、架空線/点の設定を含めて、実際の設計現場は確率論や幾何公差では問題解決しないのです。
 本セミナーでは、現場を知り尽くした品質問題未然防止にも精通したベテラン講師が、樹脂成形を題材に公差設計理論・解析法、構造設計に必要な金型知識、正しい設計の進め方とノウハウについて車のリコール経験談など具体的な事例を交えて、分かりやすくお伝えします。若手技術者でも公差設計の全体像が理解できるようになり、設計が楽しくなり迷いがなくなります。

■受講対象
・若手技術者、管理者
・技術管理部門
・品質管理、生産・製造技術者

※本講座は同業の方、コンサルタントの方の受講はお断りいたします。
 また、上記のため講師の意向及び、ご所属が確認できない方につきましても
 受講をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

セミナー内容

0.セミナーへの思い 

Ⅰ.課題・理論
1.はじめに 
  1-1.公差設計に確率論適用は間違い!
  1-2.ゼロ・ディフェクト思考
  1-3.公差設計の現状

2.現状の課題とセミナーのねらい

  2-1.現状の課題
  2-2.セミナーのねらい

3.公差設計と公差解析

  3-1.公差概論
  3-2.公差解析の必要性
  3-3.公差の種類
  3-4.公差のJIS規格
  3-5.形状公差:幾何公差記号
  3-6.サイズ公差と幾何公差の違い
  3-7.公差解析法
  3-8.公差解析の計算例
  3-9.確率法の成立要件
  (理解度チェック)


Ⅱ.設計・もの造り
4.公差を決める設計プロセス

  4-1.構想設計~金型~成形、製品完成まで
  4-2.モノ造りでのバラツキの配慮
  4-3.樹脂の成形収縮率
  4-4.公差設計での樹脂の使いこなし!
     リコール事故事例とその対処法 
     接点技術、ABS、PBT、PP樹脂
  (理解度チェック)

5.金型構造と射出成形機
  5-1.金型の基本構造
  5-2.樹脂射出成形プロセス
  5-3.射出成形金型の基本機能

6.樹脂成形での配慮すべき公差設計のポイント

  6-1.成形不具合とその対策形状
  6-2.公差を考慮した樹脂別推奨肉厚
  6-3.公差上配慮すべき金型設計内容
  6-4.設計者が一番知りたいこと!!!
   公差値設定のポイント!
  (理解度チェック)


Ⅲ.実践・演習
7.公差設計の勘所!…演習あり
  設計は積上げ公差で行え! K・S・D(経験とセンスと度胸)
  設計者として押さえておきたいノウハウ5事例!   

  7-1.プッシュボタン構造設計
  7-2.プリント基板の位置決め設計
  7-3.樹脂筐体にブラケット固定設計
  7-4.プッシュ操作スイッチ構造設計
  7-5.CAD図での架空点/線 対処法
  (理解度チェック)

8.公差設計実践…2Stepの勧め

  Step1:設計時…最悪公差で構造考
  Step2:量産後…確率法で寸法管理

9.おわりに
  講師から設計者への手紙

<質疑応答>

講師紹介

■ご略歴
パナソニック(株)にて車載電装品の開発を26年間担当。
複雑な構造設計及び回路設計技術の習得とハンドル周辺の
操作ユニット、キーレス等の製品開発とマネジメントに従事。
・2013年 トヨタ自動車(株)DRBFM A級エキスパート認定
・2014年 社長賞受賞
・2015年 パナソニック退社、独立。
・2018年 Nakadeメソッド研究所 設立

■ご専門および得意な分野・研究
①車載電装品開発力、公差設計力
 特許出願143件、登録件数国内67件、海外登録件数29件
②事業化推進力
 コンセプト提案力を有し、キーレス、エアコンパネルスイッチ、
 ハンドル周辺操作ユニットの製品開発と事業化経験を持つ
③創造的品質問題未然防止手法
 独自に「Nakadeメゾット」を考案
 A級エキスパート認定を世界で10人目に取得、B級9名を認定指導
 社員研修所他で、延べ100回、約2,600人に講義実践

セミナー番号:AC240598

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.