2024セミナー│高分子材料の劣化メカニズムから事例を交えた劣化防止対策まで
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  6G材料
  ・  ラベル・SDS 作成の手順
  ・  PFAS
  ・  労働安全衛生法
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

○人気セミナーを約4年ぶりに再開講!
○企業で豊富な実務経験をお持ちの八児氏が、事例や実データも交えつつ実践上のノウハウを詳解!
○誤解を解きほぐしながら、理論・実践どちらの知識も獲得できるセミナーです。

高分子材料の劣化メカニズムから

事例を交えた劣化防止対策


~必須基礎から劣化防止剤の配合設計、

外観不良の原因と対策まで~

<東京会場(対面)セミナー>

講師

樹脂添加剤コンサルタント 八児 真一 氏

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
樹脂添加剤一筋45年!
 1973年 住友化学工業株式会社(現 住友化学)
 1996年 共同薬品株式会社
 2011年 堺化学工業株式会社
 2013年 サンケミカル株式会社
 2016年 第一化成株式会社(2018年退社)

■ご専門および得意な分野・研究:
樹脂添加剤(主に酸化防止剤、熱劣化防止剤、光安定剤)

■ご受賞歴:
1991年 近畿化学協会 化学技術賞 受賞 Sumilizer GM,GS

■著書:
高分子材料の劣化と安定化(シーエムシー 1990年)
高分子添加剤の開発と最新技術(シーエムシー 1992年)
Handbook of Polymer Degradation(Marcel Dekker 1992年)
高分子添加剤(安定剤) (情報機構 2017年)44年間の集大成版

日時・会場・受講料

●日時 2024年6月6日(木) 12:30-16:30 ※途中、小休憩を複数回挟みます。

●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階 第4講習室 →「セミナー会場へのアクセス」

●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 コロナ禍で高分子添加剤のセミナーは中断していましたが、再開する事にしました。以前は1日コースで「仮説と検証」など難しい理論的な内容が数多くありましたが、今回は半日コースとして編集し直し出来るだけ分かりやすくしました。
 難しい「仮説と検証」実験は詳しく参考文献1~6に記載しておりますので、ご活用ください。
 参考文献7は「世界の代表的な劣化防止剤の開発史」で、添加剤メーカーの研究者にとって今後の開発方針を考える上で参考になるものと思います。また顧客にとっても大いに参考になるのではと考えます。

■受講対象者:
・高分子の劣化と劣化防止を基礎から勉強してみたい方
・高分子添加剤の配合設計の考え方を基礎から勉強してみたい方
・高分子材料の変色などの品質トラブルの原因と添加剤で何とかしたい方
・押出機や射出成形機などの成形加工時のトラブルを添加剤で何とかしたい方
・業務に活かすため、樹脂添加剤についての知見を深めたいと考えられている方
など、本テーマに興味のある方なら誰でも受講歓迎します。

■必要な予備知識:
この分野に興味のある方なら、特に必要ありません。

■本セミナーで習得できること:
・高分子材料の劣化と劣化防止の基礎理論
・高分子材料の劣化防止剤の配合設計の基本
・高分子材料の変色トラブルの原因と対策
・押出成形や射出成形の劣化機構と劣化対策
など

セミナー内容

【 第1部 基礎理論 】
1.高分子の劣化
 1.1 劣化因子と劣化現象
 1.2 劣化機構

2.高分子の劣化防止
 2.1 劣化防止剤の分類
 2.2 劣化防止機構

【 第2部 応用編 】
1.劣化防止剤の配合設計の基本
 1.1 劣化防止剤の配合設計の留意点
 1.2 劣化防止剤の性能評価フロー
 1.3 相乗作用と拮抗作用

【 第3部 具体例 】
1.熱酸化劣化防止事例
2.光酸化劣化防止事例
3.押出工程の劣化防止事例


【 第4部 外観不良の原因と対策事例 】
1.変色トラブル
 1.1 変色発生原因と対策の基本的考え方
 1.2 変色原因
 1.3 変色機構
 1.4 変色再現試験法
 1.5 HALSの変色促進作用
 1.6 HALSの変色促進機構
 1.7 リン系酸化防止剤の変色防止対策
 1.8 リン系酸化防止剤の変色防止機構

2.押出成形や射出成形の劣化機構と劣化対策
 2.1 押出成形の外観不良の事例と対策
  1)SBS樹脂の押出落下試験
  2)SBS樹脂のメルトインデクサー滞留試験
 2.2 射出成形の外観不良の事例と対策
  1)SBS樹脂の射出成形物の光沢試験
 2.3 押出成形や射出成形の劣化対策(まとめ)
【参考文献】

<質疑応答・個別相談・講師との名刺交換>

セミナー番号:AC240632

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.