「光学薄膜」セミナー:
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  6G材料
  ・  ラベル・SDS 作成の手順
  ・  PFAS
  ・  労働安全衛生法
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

●光学薄膜分野のプロフェッショナルとして自立するための切欠を得ていただくことを目的に、基本を押さえたうえで、ステップアップを目指します。

光学薄膜の基礎と真空蒸着プロセスの概要
~プロフェッショナルへの手掛かりを掴む為に~


<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

株式会社導波技術研究所 代表取締役 渡邊 正 氏

講師紹介

■ご略歴:
1993年3月 東京大学 物理工学科 卒業
1995年3月 東京大学大学院 工学系研究科物理工学 修士課程 修了
1995年4月~2023年9月 オリンパス株式会社
広く光学薄膜の開発に従事、中でも顕微鏡向け光学薄膜の生産技術開発および設計業務に長く注力し、成果を得た。
ほか、医療用部品関連のプロジェクトリーダー、通信関連部材の開発などにも従事
2023年10月~ 現職((株)導波技術研究所 代表取締役)

■ご専門および得意な分野・研究:
電磁波(電波、光)の伝搬、干渉を利用した技術
特に以下の2技術分野を専門として業務を推進
・光学薄膜
・フレキシブル導波管

■本テーマ関連学協会でのご活動:
光学薄膜研究会 運営委員(2022年度)
光とレーザーの科学技術フェア(2023年11月)光学薄膜セミナー講師

日時・受講料

●日時 2024年6月26日(水) 10:30-16:30
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

※配布資料等について

●配布資料は、印刷物を1部郵送、または資料データのダウンロードいずれかで調整中です。
・お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
・上記以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、テキストが郵送となった場合、資料到着がセミナー後になる可能性がございます。
・資料未達の場合などを除き、資料の再配布はご対応できかねますのでご了承ください。


●当日、可能な範囲でご質問にお答えします。(全ての質問にお答えできない可能性もございます。何卒ご了承ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売などは禁止致します。
●ご受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールアドレス宛にお問い合わせください。
req@johokiko.co.jp


オンラインセミナーご受講に関する各種案内(ご確認の上、お申込みください。)
・PC/タブレット/スマートフォン等、Zoomが使用できるデバイスをご用意ください。
・インターネット 回線速度の目安(推奨) 下り:20Mbps以上
・開催が近くなりましたら、Zoom入室URL、配布資料、当日の流れなどをメールでご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報ください。
・受講者側のVPN、セキュリティ設定、通信帯域等のネットワーク環境ならびに使用デバイスの不具合については弊社では対応致しかねますので予めご了承ください。

Zoom
Zoom使用に関する注意事項(クリックして展開)
・公式サイトから必ず事前のテストミーティングをお試しください。
 → 確認はこちら
 →Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomで音声が聞こえない、
  カメラ・マイクが使えない等の事象が起きる可能性がございます。
  お手数ですが、これらのアプリは閉じた状態にてZoomにご参加ください。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
 →参加方法はこちら
 →一部のブラウザは音声が聞こえない等の不具合が起きる可能性があります。
  対応ブラウザをご確認の上、必ず事前のテストミーティング をお願いします。
  (iOSやAndroidOS ご利用の場合は、アプリインストールが必須となります)

セミナーポイント

■はじめに 
本講座は、光学薄膜に関わって1~3年程度の方を対象に、光学薄膜分野のプロフェッショナルとして自立するための切欠を得ていただくことを目的に、基本を押さえたうえで、ステップアップにおいて引っ掛かりやすい(理解しにくい)技術項目について解説します。

 多くの技術分野において、若手エンジニアと自立したエンジニアとの大きい違いは「物事を大局的かつシンプルに捉える力」と「誤差やばらつきへの理解度」にあります。このことは光学薄膜分野においても同じです。光学薄膜エンジニアとしての自立に向けては、まずは正しく現象の物理的なイメージを持ちながら現象を大局的かつシンプルに捉えたうえで、誤差やばらつきが何処で発生するのかを知ることが大切だと思います。(判ってしまえば簡単な話ばかりですが、十分に理解できていない方が思いのほか多いのが実際だと思います。)
 本講座では、事象をシンプルに、また数式は極力使わずに、物理的イメージを捉えていただけるよう説明を行います。そのうえで、誤差やばらつきの要因とその抑制方法について説明を加えることで、ステップアップへの手掛かりとしていただこうと思います。(光学膜の設計を製造プロセスに落とし込む方式の説明では、関係を示す数式を若干用いますが、これも高校卒業程度の数学への理解があれば問題ありません。)

 本講座が皆様のステップアップの切欠となり、ひいては光学薄膜分野の発展への一助となれば幸いです。

■ご講演中のキーワード:
光学膜厚、現場力の向上

■受講対象者:

・光学薄膜分野に関わって1~3年程度の技術者
・光学薄膜分野のプロフェッショナルになることを目指している方
・光学薄膜のモノづくりにおいて設計通りの特性が得られないとお悩みの方
・光学薄膜の製造工程を管理する方、現場力の向上を目指す方

■必要な予備知識や事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど:

・光学薄膜の基礎知識
・真空蒸着プロセスの概要
・高校初等レベルの数学(代数、三角関数)の知識

■本セミナーで習得できること:
・光学薄膜に係る現象の物理的イメージ
・光学薄膜の基本的な設計手法
・光学薄膜製造機器の基本的な構成
・光学薄膜の設計を製造プロセスに落とし込む方法
・製造上の誤差要因への理解とその抑制方法
・分光光度計の基本的な構成と利用上の注意点

セミナー内容

1.イントロダクション
 ・構造色
 ・薄膜干渉=なぜ色づくのか?

2.屈折率と光学膜厚
 ・屈折率
 ・光学膜厚
 ・屈折率、光学膜厚の波長依存性
 ・膜構成の表現方法

3.単層膜の振る舞い
 ・単層反射防止膜
 ・単層反射増加膜

4.反射防止膜の設計

5.多層膜フィルターの設計

6.製造方法と膜質

 ・代表的な製造方法
 ・膜質に影響する要素(真空蒸着を例にとって)
 ・成膜装置の基本的な構成と動作
 ・膜の構造/組成と屈折率の変動
 ・膜厚の制御方式

7.成膜プロセスの作成方法
 ・成膜プロセスで設定するパラメータ
 ・膜厚監視上の屈折率と基板上の屈折率
 ・ツーリングファクター

8.膜特性の安定化
 ・膜質の安定化
 ・ツーリングファクターの安定化
 ・蒸発源の安定化
 ・イオン源の安定化
 ・膜応力と外観
 ・光学膜厚監視系の仕組みと動作
 ・光学膜厚監視の安定化要件

9.光学特性の評価
 ・分光測定の基本
 ・分光測定器を構成する機器
 ・使用および管理上の注意点

10.関連知識

11.まとめ

セミナー番号:AG240654

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.