特許調査 パテントマップ 知財戦略 ,e-ラーニング

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


薬機法超入門

◆動画視聴形式のe-ラーニングです。

◆『自社が勝つため』『事業の優位性を築くため』のパテントマップ作成方法と
知財戦略の策定法を動画e-ラーニングでじっくりと学べます!

◆受講開始から4ヶ月間繰り返し視聴可能!自分のペースでじっくり学べます!

講師

大藪知財戦略コンサルティング 知財戦略コンサルタント 大藪 一 先生

講師紹介

 パナソニック株式会社にて研究開発及び知的財産権業務に従事。2000年からR&D知的財産権センターで戦略知財担当として知財戦略の策定と推進に10年間従事。2010年パナソニック退職後、アイ・ピー・ファイン株式会社入社、2017年より取締役専務執行役員兼知財コンサルティング部長、2018年10月2日より現職。
 セミナーや大手企業の知財戦略実践コンサルティング業務、パテントマップの作成と活用方法、α発想法の理論と演習、機能ツリーによる新規テーマ・新規企画の探索立案方法、新規事業・新規技術・新規用途の開発等のコンサルティング業務に従事。

■ご専門および得意な分野・研究:
知財戦略、発想法、材料開発

→このLMSを知人に紹介する

受講に当たっての留意点

※受講期間終了後はIDを削除致しますので予めご了承下さい。
※講師への質問等はできませんので予めご了承下さい。

@受講開始日までに受講に必要なID、パスワードとURLをe-mailにてご連絡します。

【ご注意】
本講座で使用される資料は著作物であり、複写・転載・配布・販売を禁止いたします。また、一つのIDにつき使用できるのは1名であり、一つのIDを複数名で使用することを禁止いたします。

A※必ず以下のURLより動作確認をしてからお申込み下さい
動作確認ページへ→
サンプルページ内の動画の視聴とテストの回答をお試しいただき、正常に動作するか各自にてご確認ください。動作環境以外のPCで受講すると、正常に受講できない可能性があります。 動作確認やシステム設定に関するサポートは弊社では行っておりませんので、PC設定等のお問い合わせはご遠慮ください。

B受講の流れ
・講座開始日から、コンテンツの動画またはPDFを視聴・閲覧できます。
・Chapterの順番に沿って視聴・閲覧をしてください。前のChapterを終了せずに、次のChapterへは進めません。
・確認テストは、Chapter内の動画は最後まで視聴、PDFは閲覧しないとテストへ進めません。なお、回答について講師による添削はありません。
・全てのChapterを終了し、最終テストで一定の基準を上回った方には、修了証(画面上で表示)を発行いたします。

※説明動画 →受講の流れ

受講開始日・受講料

●受講開始日(申込〆切):
 ・毎月10日(前月月末の申込まで)
 ・毎月25日(当月15日の申込まで)   ※土日・祝日の場合は翌営業日

 *初回開講は2019年12月25日です

●受講期間:4ヵ月間 期間延長の場合、1ヶ月あたり4,400円(税込(消費税10%))(延長は1回限り、最長で6か月まで。終了前日までにお申し出ください。)
●受講料 1〜9名 1名あたり 33,000円(税込(消費税10%)、資料付)
     10名以上で1名あたり 26,400円(税込(消費税10%)、資料付)
     30名以上で1名あたり 20,900円(税込(消費税10%)、資料付)
     100名以上でご参加の場合はお問い合わせください。
     4名以上お申込みの場合、申込みフォームの備考に記入頂くか、
     joho-lms@johokiko.co.jpまで申込者情報をご連絡下さい。


学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「LMS申込要領・手順」を確認下さい。

●管理者を設定する場合:4,400円(税込(消費税10%) *管理者ご自身が受講する場合、別途受講料がかかります。

 ●本講座で使用される資料は著作物であり、複写・転載・配布・販売を禁止いたします。
 ●「LMS申込要領・手順」のご確認とPCの動作確認をお願いします。

講座ポイント

 日本企業は魅力ある商品の開発競争を行い自社の商品・技術を守る特許の出願権利化を行ってきました。しかしその特許権でグローバル競争において事業の優位性を築くことはできませんでした。つまり技術は一流でも知財戦略は三流だったといわざるを得ません。現在は知財戦略の如何により企業の消長が左右されます。
 知財戦略を立案するには自社・他社の現状を把握し、自社が他社に勝つためのパテントマップを作成しなければなりません。しかし、パテントマップソフトを購入しパテントマップを作成するのですが「自社が勝つための戦略が見えない」というお話をよくお聞きします。
 また、せっかく作ったパテントマップは経営者に知財の現状を説明する資料になってしまい、パテントマップから自社の戦略が導き出せず、実際の研究開発の現場でパテントマップが役に立たないことが多くあります。
 今回ご紹介する自社が勝つためのパテントマップ作成方法を習得され、将来を見据えた事業を鳥瞰し自社の勝てる開発戦略・知財戦略を策定し、日常の開発活動をパテントマップに基づき実践し事業の優位性を築いてください。

■受講対象者:
本テーマに興味のある企業の
 ・開発プロジェクトリーダ、研究者、技術者
 ・経営者、事業開発責任者、技術担当責任者、技術企画・商品企画担当者
 ・知財部の責任者、知財担当者
 ・特許調査分析担当者
 ・その他、本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

■本セミナーで習得できること(一例):
・知的財産権・知財戦略の基礎知識 
・テーマ推進ステップで知財戦略活動を具体的に進める施策と方法
・企業における事業ステップと必要な特許調査
・パテントマップの種類
・特許調査とパテントマップの具体的作成事例
・パテントマップのメリット・デメリットと対策
・自社が勝つパテントマップの作成とそれを用いた知財戦略手法の進め方
・自社が勝つパテントマップの機能鳥瞰ツリー作成事例
・知財戦略推進のポイント

■人事・教育担当者の方へ
弊社のLMS型e-ラーニングでは、管理者が受講者の学習進捗度を一括で管理・把握することができます。
社内・部内等で多くの人数に学ばせたい場合、管理者を立てていただくことをお勧めします。

講座内容

◆総視聴時間:約5時間40分

Chapter1.知的財産権を取り巻く現状
  @技術者は仕事上「特許」をどう捉えるべきか  
  Aプロパテントとは

Chapter2.経済と特許の動向
  @世界経済の動向
  A特許の出願動向  

Chapter3.知的財産権と知財戦略
  @知的財産権とは
  A特許は国別に独立した権利
  B知財戦略とは
  Cある会社の知財リスク事例  

Chapter4.テーマ推進ステップと知財戦略活動
  @研究部門でのテーマ推進ステップ事例
  A特許取得はテーマ次第
  B開発検討ステップでの知財活動
  C開発推進ステップでの知財活動
  D発売準備ステップでの知財活動 

Chapter5.特許調査の種類
  @企業における事業ステップと必要な特許調査
  A特許調査の種類と内容一覧
  B技術動向調査
  C先行技術調査
  Dテーマの日常特許ウォッチング
  E無効化資料調査
  F権利侵害防止調査
  G出願前先行技術調査
  H外国出願前先行技術調査

Chapter6.特許調査の基礎
  @特許分類の種類
  AIPC特許分類
  BIPCを使った検索式の作成方法
  Cキーワードを使った検索式の作成方法
  D事前検索による検索式の精査修正

Chapter7.パテントマップ
  @技術動向調査とパテントマップ
  Aマクロ分析パテントマップ
  Bセミマクロ分析パテントマップ
  Cミクロ分析パテントマップ

Chapter8.具体的な特許調査とパテントマップ作成事例
  @特許動向調査の進め方
  A事前調査(技術内容、技術動向、主な出願人) 
  B事前調査による検索式の作成
  C明細書の内容を精査しない動向調査例
  Dニューエントリーキーワードによる解析例
  E出願数の増加(グロスレイト)解析例
  F明細書の内容を精査し分類付与して動向調査

Chapter9.明細書の内容を精査し分類付与して動向調査
  @独自分類事例
  A明細書の内容を精査し分類付与して動向調査事例

Chapter10.パテントマップのメリット・デメリットと対策
  @明細書の内容を精査しない動向調査のメリット・デメリット
  Aパテントマップ解析ソフトのメリット・デメリット
  B独自分類に構成キーワードを付与したパテントマップのメリット・デメリット
  C特許情報だけでパテントマップを作成するメリット・デメリット
  Dパテントマップ作成時の注意

Chapter11.発想手法
  @発想において数はパワー? 
  A思考の階層の概念
  B発想の原理
  Cよく使われている3大発想技法
  Dチェックリスト法
  Eブレーンストーミング法
  FKJ法
  G3大基本発想法まとめ

Chapter12.知財戦略手法「U’Method」による機能ツリーの作成事例
  @科学的発想法「α発想法」による機能ツリーの作成具体事例
  A構成ツリーと機能ツリーの比較
  B機能ツリーを活用した知財戦略の立案と推進方法

Chapter13.機能ツリーを活用した知財戦略手法
  @構成ツリーと機能ツリーの比較
  A機能ツリーを活用した知財戦略の立案と推進方法

Chapter14.自社が勝つ知財戦略活動
  @知財戦略手法「U’Method」 概要 
  A推進テーマの決定
  B機能鳥瞰マップの作成
  C攻め所を決める
  D可能性アイデアの多量発想
  E「U’Method」を用いた勝てる知財戦略
  F「U’Method」によって得られる特許の実力

Chapter15.知財戦略実践の具体事例
  @特許の質を向上する知財戦略実践事例
  Aパテントマップはテーマアップに必須
  Bパテントマップをテーマ推進に定着させる実践例
  Cパテントマップの自動メンテナンス事例

Chapter16.知財戦略のポイント
  @経営に役立つ知財戦略
  A特許以外の知的財産権の活用
  Bグローバルな知財戦略
  C特許の出願フローと費用と棚卸時期

Chapter17. 最終テスト
 ↓
修了証発行

LMS番号:CL191201

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化粧品処方

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.