クリーンルーム LMS e-ラーニング

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


クリーンルームの改善法

◆クリーンルーム管理・改善のノウハウをe-ラーニング講座で学べます!

◇毎月10日、25日開講の4カ月コース!

講師紹介

株式会社 アメニティ・テクノロジー 代表取締役 永安 克志 先生

(兼 一般社団法人 カビ予報研究室 専務理事)

→このLMSを知人に紹介する

受講に当たっての留意点

※受講期間終了後はIDを削除致しますので予めご了承下さい。
※講師への質問等はできませんので予めご了承下さい。

@受講開始日までに受講に必要なID、パスワードとURLをe-mailにてご連絡します。

【ご注意】
本講座で使用される資料は著作物であり、複写・転載・配布・販売を禁止いたします。また、一つのIDにつき使用できるのは1名であり、一つのIDを複数名で使用することを禁止いたします。

A※必ず以下のULRより動作確認をしてからお申込み下さい
動作確認ページへ→
サンプルページ内の動画の視聴とテストの回答をお試しいただき、正常に動作するか各自にてご確認ください。動作環境以外のPCで受講すると、正常に受講できない可能性があります。 動作確認やシステム設定に関するサポートは弊社では行っておりませんので、PC設定等のお問い合わせはご遠慮ください。

B受講の流れ
・講座開始日から、コンテンツの動画またはPDFを視聴・閲覧できます。
・Chapterの順番に沿って視聴・閲覧をしてください。前のChapterを終了せずに、次のChapterへは進めません。
・確認テストは、Chapter内の動画は最後まで視聴、PDFは閲覧しないとテストへ進めません。なお、回答について講師による添削はありません。
・全てのChapterを終了し、最終テストで一定の基準を上回った方には、修了証(画面上で表示)を発行いたします。

※説明動画 →受講の流れ

受講開始日・受講料

●受講開始日(申込〆切):
 ・毎月10日(前月月末の申込まで)
 ・毎月25日(当月15日の申込まで)   ※土日・祝日の場合は翌営業日

●受講期間:4ヵ月間 *期間延長の場合、1ヶ月あたり1,000円 + 税
●受講料(※消費税については受講開始日当時の税率が課税されます)
     1〜9名 1名あたり 27,000円 + 税
     10名以上で1名あたり 22,200円 + 税
     30名以上で1名あたり 17,000円 + 税
     100名以上でご参加の場合はお問い合わせください。
     4名以上お申込みの場合、申込みフォームの備考に記入頂くか、
     joho-lms@johokiko.co.jpまで申込者情報をご連絡下さい。


学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「LMS申込要領・手順」を確認下さい。

●管理者を設定する場合:1,000円 + 税 *管理者ご自身が受講する場合、別途受講料がかかります。

 ●本講座で使用される資料は著作物であり、複写・転載・配布・販売を禁止いたします。
 ●「LMS申込要領・手順」のご確認とPCの動作確認をお願いします。

講座のポイント

◆好きな場所で、好きなタイミングで、自分のペースで学べます!
◇繰り返し視聴可能!重要なところを見逃す・聞き逃すという事がありません!
◆動画視聴毎の振り返りテストで理解を定着させます。

クリーンルームをきれいに保つために、クリーンルームの設計から汚染源の特定、換気の方法、衣服の管理、クリーンルームへの入室方法などクリーンルームを正しく管理するためのノウハウを分かりやすく、具体例を挙げて解説します。


コンテンツ内容

★総視聴時間:3時間52分
★Chapterの動画毎に振り返りテストがあります。

Chapter1. 講師紹介、講座テキストダウンロード

Chapter2. クリーンルームとは何か?
 ・クリーンルームとは何か?
 ・コンタミネーションコントロールを行うにあたっての問題点と対策
 ・クリーンルーム導入例
 ・クリーンルームの管理項目

Chapter3. クリーンルームの汚染原因
 ・汚いクリーンルームの三大要素
 ・クリーンルーム内の粒子
 ・クリーンルーム内の粒子の挙動
 ・汚染発見手順

Chapter4. クリーンルームの規格
 ・清浄度とは何?
 ・クリーンルームの規格
 ・バイオクリーンルームの規格

Chapter5. クリーンルームの設計ポイント
5-1 クリーンルームの設計ポイント
 ・クリーンルームの三大ポイント
 ・クリーンルームの仕組み
 ・クリーンルームの二つの気流
 ・清浄度は何できまるか?
5-2 換気回数でクリーンルームの能力がわかる
 ・換気回数の求め方
 ・外気(OA)量
 ・陽圧の天敵
 ・クリーンルームのゾーン化

Chapter6. クリーンルームの気流
 ・クリーンルームの気流方式
 ・塵埃の拡散
 ・垂直一方向型と非一方向型の比較
 ・壁、床の材質
 ・クリーンルームの仕組みのまとめ

Chapter7. フィルタ
7-1 粒子の大きさ
 ・クリーンルーム用フィルタ
 ・プレフィルタ
 ・中性能フィルタ
 ・HEPA・ULPAフィルタ
7-2 フィルタの補修効率と原理
 ・粒子の捕集原理
 ・フィルタの寿命
 ・FFU
7-3 フィルタのメンテナンス
 ・ケミカルフィルタ
 ・フィルタまとめ
 ・細菌と粒子の相関

Chapter8. クリーンルームの管理
8-1 人体からの汚染
 ・クリーンルームの四原則
 ・人間由来の粒子&細菌数
 ・クリーンルーム用衣服の効果
8-2 クリーンルーム衣服に対する技術的検討
 ・クリーンルーム用衣服の選定
 ・クリーンルーム用衣服からの発塵
 ・着衣方法
8-3 クリーンルーム用衣服の管理
 ・クリーンルーム用衣服の評価方法
 ・洗濯による汚染度の違い、洗濯回数
 ・クリーンルームの着衣室の清浄度は?
 ・クリーンルームへの入室
 ・エアシャワーでゴミは落ちる?
 ・風速と除塵性能

Chapter9. クリーンルームの備品〜クリーンルームの静電気
 ・クリーンルームに持ち込めないもの
 ・手指乾燥機、エアシャワー&粘着シート
 ・クリーンルーム素材の抵抗値
 ・代表的な帯電電位(湿度との関係)
 ・除電目標
 ・静電気対策機器
 ・イオナイザー

Chapter10. クリーンルームの清掃
10-1 クリーンルームの清掃
 ・粒子の沈着力
 ・清掃方法
 ・拭き掃除の三大要素
 ・ウェット洗浄
 ・洗剤の役割
 ・イオン濃度勾配による洗浄
 ・ドライ洗浄
 ・帯電ワイパー
 ・ワイピングクロス
10-2 真空掃除機〜清掃方法まとめ
 ・真空掃除機
 ・清掃法と粒子の大きさ
 ・清掃速度と除去率の関係
 ・各清掃用具における清掃面積
 ・掃除道具の管理
 ・清掃の手順
 ・各ゾーンの清掃頻度と清掃方法

Chapter11 クリーンルームの計測
11-1 クリーンルームの計測
 ・クリーンルームのメンテナンス
 ・計測の目的
 ・清浄度測定の意義
 ・風速測定の意義
 ・差圧測定の意義
 ・気流方向測定の意義
 ・推奨の測定項目と頻度
 ・クリーンルームの環境計測
 ・清浄度等高線
11-2 クリーンルームの清浄度測定方法
 ・逐次サンプリング方法
 ・リークテスト
 ・風速の測定
 ・パーティクルカウンタ
 ・風速計
11-3 だから気流を可視化したい〜測定まとめ
 ・可視化装置
 ・超音波三次元流速計による方法
 ・ミストトレーサー法
 ・クリーンルームの気流方式
 ・障害物周辺の気流
 ・ドア部気流
 ・清浄度等高線
 ・気流方向測定結果の解説
 ・クリーンルームの改善指数

Chapter12. 最終テスト
 ↓
終了証発行

セミナー番号:CL190204

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.